「恋も樹から落ちる」のストーリー

レオニイ・メリックは19才の誕生日に劇場で催した祝賀会で許婚者のジェフリイ・コールが彼女はもっと洗練せらるべきだと言ったことから、いさかいをし劇場を出ると、やくざな恋人マックス・ローレンスと欧州旅行から帰ったばかりのウィンキイ伯母に逢い、雨の中をジェフリイが懸命に自動車を探しているのを尻目に伯母の車に乗ってしまった。レオニイはマックスこそ洗練されたタイプの人だと思い込み伯母の非常な迷惑も構わずすっかり彼に打ち込んでしまった。ウィンキイは恋人と2人きりで数日を過ごしたかったので、マックスの名でレオニイの母で彼女の姉たるローラに電報を打ち、静かなコネクティカットのメリックの郷家に行くと言ってやった。するとお人好しで早合点のローラはマックス・メリックと結婚する前彼女の恋人だったローレンス・マックスだと思い込み、その電報を見てすっかり興奮してしまった。ウィンキイとマックスは別々に着いたので2人の間柄を知らずローラはマックスに就いてウィンキイにすべてを打ち明けた。折も折レオニイも帰って来て42才にもなるマックスに夢中になった。オーガスタスは苦々しく思い、ローラとウィンキイは悲しんだがレオニイとマックスは正式に結婚しようとし一同はどうすることもできなかった。絶望したローラは娘にマックスがかつては自分の恋人だったと打ち明けたがレオニイは少しも信ぜずその夜駆け落ちしようとした。汽車賃が足りなかったジェフリイは石炭車に乗ってレオニイを追って来たので、オーガスタスはもっと攻勢に出ろとけしかけた。勇気を得たジェフリイは騎士の如くレオニイの室へ攀じ上がったが誤って落ち大怪我をしたふりをしてきぜつを装った。彼が生命危篤だと思ったレオニイは自分がジェフリイを真に愛していることを悟ったので、マックスとウィンキイは都会へ立ち去り万事円満に解決した。



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 1/25

円谷英二(1970)

ゴジラ 60周年記念 デジタルリマスター版

日本怪獣特撮映画の金字塔“ゴジラ”。その第1作目の公開から60年をむかえ、初回上映状態を再現することを目標に7ヵ月かけて制作されたデジタルリマスター版。4Kスキャンされたデータを元に、ソフトウェアおよび手作業による1コマ1コマのごみ取り処理がなされた。また音声も違和感が生じないよう細心の注意が払われたノイズ除去が行われている。監督は本多猪四郎。特技監督は円谷英二。出演は宝田明、河内桃子、平田昭彦、志村喬ほか。

ネオ・ウルトラQ 特別上映 part.II

1966年に放送された伝説のテレビドラマ『ウルトラQ』。その後の「ウルトラマンシリーズ」の礎となった作品。2013年、円谷プロダクション×WOWOWの共同製作による“セカンドシーズン”として全12話のまったく新しいドラマシリーズ『ネオ・ウルトラQ』が最新鋭4Kカメラを導入し、石井岳龍、中井庸友、入江悠、田口清隆ら4人の気鋭のクリエイターたちにより制作された。WOWOWでの放映に続き、2013年より順次、劇場公開される。 TV放映された全12話の内3話に加え、モノクロ作品であったオリジナルの『ウルトラQ』をハリウッドのデジタル技術でHDリマスター&カラー化した『総天然色ウルトラQ』から、選んだ一話を加えた計4話構成で上映。