「恋と胃袋」のストーリー

ドリス・ワーシントンはヒューバート伯父さん等一同と、伯父さんのヨットで航海に出掛けた。ドリスは5000万ドルの遺産を持っていて、2人の貴族が彼女を追いかけていたが、ドリスは伯父のヨットの水夫スティングが好きだった。ある日、ヨットが難破した。運良く伯父さんと伯父さんの恋人のエディス、それにドリスとスティングと彼の熊とがある孤島に上陸した。その島で水夫のくせにスティングが一行の采配を振ることとなった。この島にジョージとグレイシイという夫婦が来ていた。ドリスは単身島をたんけんしているとき彼らに会い、彼らが動物採集に来ていることを知った。大学教育を受けた建築家のスティングはドリスが嫌いではなかったが、負けぬ気の男で金を目当ての結婚と思われることを心配していた。満月の夜、ドリスとスティングが語ったとき彼女は金持ち娘の気儘からスティングのかたくなな気持ちを軽蔑し、スティングも彼女を軽蔑したので喧嘩別れになってしまった。そのうちに救助船が2隻来た。ドリスの一行はニューヨーク行きの客船に乗ったが、スティングは貨物船を選んだ。ところが船長に呼ばれて甲板に行ってみると、そこにドリスが来ていて、スティングに自分の勝手な我儘を詫びたので、スティングは喜んで彼女を迎えたのである。