「拳銃の報酬(1959)」のストーリー

デイヴ・バーク(エド・ベグリー)は法廷侮辱罪で1年間を服役した、古参の元警官だった。ニューヨークのブロンクス地区の古アパートに住む彼は、生活費欲しさに銀行ギャングを計画した。彼は前科者スレイター(ロバート・ライアン)を仲間に誘った。スレイターは陰気な男で、情婦ロリー(シェリー・ウィンタース)に養われてい、毎日の生活が不満だらけで、バークの誘いを断りきれなかった。ニューヨークから100マイル離れたメルトン。ここの銀行には毎週木曜日の夕方、工場に支払う給料の15万ドルの金が集まる。午後6時に銀行は数名の店員と老守衛を残して閉店する。6時15分に近くのレストランから黒人の給仕が夜食を運んで来る。ここが一味のつけ目だ。バークは黒人の仲間を見つけ、給仕の替玉を使って裏口から侵入しようと考えた。が、スレイターは黒人と一緒に仕事はしたくないと反対した。それをなだめて、バークは酒場の歌手ジョニー(ハリー・ベラフォンテ)に白羽の矢を立てた。彼は競馬の借金がたまり困っていた。バークは暗黒街のボス・バコを介して彼の借金を督促させ、返さないと家族に危害を加えると脅迫した。ジョニーは仲間に入るよりしようがなかった。バークの部屋で会ったジョニーとスレイターはたちまち反目し合った。3人は別々にメルトンに向かった。バークは給仕に突き当たって夜食をダメにした。そのスキにジョニーを変装させ、まんまと3人は銀行に入った。札束を用意の袋に詰め、バークが外へ出た。が、外に出たとたん警察に捕まった。他の2人は応射した。バークは死んだ。自動車の鍵がない。彼が持っているのだ。スレイターが約束を破ってジョニーに渡さず、バークに渡したのだ。2人は逃げた。復讐の鬼と化したジョニーは、スレイターの後を追った。2人はオイルタンクの上に上った。ジョニーの放った1弾はタンクに当たった。2人は一瞬にして吹き飛んだ。

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 6/13

アリー・シーディ(1962)

うちへ帰ろう

バラバラになっていた家族が、母の死期を間近に再び心を寄せ合う心温まるドラマ。監督はスティーヴン・メイラー。出演はデイヴィッドリー・ウィルソン、アリー・シーディほか。

ハイ・アート

駆け出しの写真誌編集者とドロップアウトした有名写真家のふたりの女性の関係をエモーショナルに描き出した異色ラヴ・ストーリー。監督・脚本は本作が初の長編劇映画となる新鋭のリサ・チョロデンコ。製作は「ジョンズ」のドリー・ホールと、ジェフリー・レヴィ=ヒント、スーザン・A・ストーヴァー。撮影は「2ガールズ」のタミー・レイカー。音楽はオルタナティヴ・ロック畑の新鋭で「ベルベット・ゴールドマイン」にも参加したシャダー・トゥ・シンク。音楽監修はトレイシー・マックナイト。美術はバーンハッド・ブライス。編集はエイミー・E・ダドルストン。衣裳はヴィクトリア・ファレル。スチール写真(ルーシーの写真)は監督の友人でもある写真家のジョジョ・ウィルデン。出演は 「オンリー・ザ・ロンリー」のアリー・シーディ、「ラヴ&カタストロフィー」のラダ・ミッチェル、「ジュマンジ」のパトリシア・クラークソン、「フラート」のビル・セイジほか。サンタンス映画祭98で脚本賞を受賞。
ティム・アレン(1953)

トイ・ストーリー4

おもちゃの視点で描くCGアニメの大ヒットシリーズ第4弾。新たな持ち主ボニーを見守るウッディたち。しかし、彼女の一番のお気に入りで手作りおもちゃのフォーキーは、自分をゴミだと思い、逃げ出してしまう。ウッディはフォーキーを探す冒険に出るが……。監督は、「インサイド・ヘッド」の脚本・原案を担当したジョシュ・クーリー。声の出演は、「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」のトム・ハンクス、「シュガー・ラッシュ オンライン」のティム・アレン、「トラブルINベガス」のアニー・ポッツ、「トランスフォーマー/最後の騎士王」のトニー・ヘイル。

レックスはお風呂の王様

「ファインディング・ニモ3D」の併映作となるディズニー/ピクサー製作の短編アニメーション。「トイ・ストーリー」シリーズに登場するどじな恐竜のオモチャ“レックス”がバスルームを舞台に仲間の玩具たちと繰り広げる活躍をコミカルに描く。

NEW今日命日の映画人 6/13

該当する人物がいません