「黒き影」のストーリー

ウォシントンの金満家フォーディスージョリー・ラングドンは忠実に令嬢を保護した。やがてある悪人の計略でジャネットは盗心症となり同家の宝玉類を奪う悪人の手先の様な真似を無意識に行い始めた。続いて起こる盗難の嫌疑は当然令嬢の付添婦人たるマージョリーにかかった。彼女は令嬢を始め恋するその家の息子ダンカンや家族の者の名誉を思い甘んじてこの恥辱を忍び自己を犠牲にしようと決心した。しかし匆ち悪人の謀略は暴露し彼女の忠節は明白となり、恋の成就さえ恵まれたのである。