「クルージング」のストーリー

マンハッタンのハドソン河口、タイムズ・スクエアの安ホテル、セントラル・パークとそれぞれの場所から同じような手口で殺された男の死体が続いて発見された。それらの犯行は、どうやらホモ・セクシュアルがたむろする場所で行なわれたらしく、警察の調査も、そのすじを追って進められていた。警察の捜査本部長イーデルソン(ポール・ソルビノ)は、警官学校を卒業してきた若い警官スチーブ・バーンズ(アル・パチーノ)を抜擢し、事件解決の際には2階級特進を約束し、彼を現場付近に送り込んだ。ゲイになりすましゲイたちがたむろするクリストファー・ストリートに潜入したスチーブは、イーデルソン部長と連絡をとりながら調査を進めていくが、そのことは、恋人のナンシー(カレン・アレン)にも内緒だった。スチーブはジョン・フォーブスと名を変え、グリニッチ・ビレッジのアパートに引越した。そして、隣に住む売れないホモの劇作家テッド(ドン・スカーディノ)とも親しくなった。調査を進めるうちに捜査線上に、スチュアート(リチャード・コックス)という男が浮んだ。彼は、刺殺死体で発見されたコロムビア大学の教授の講義を受けたことがあり、犯人が犯行に使ったナイフの出所であるステーキ・ハウスに雇われたことがあったのだ。スチュアートの部屋に忍び込み彼が犯人であることを確信したスチーブはある夜、彼をおびき出すことに成功。2人は夜の公園を歩くがその時、突然スチュアートがスチーブを襲った。巧みにかわしたスチーブは逆にスチュアートを刺した。重傷を負って入院したスチュアートは犯行を否認したが、指紋は犯人のものと一致した。事件は解決し捜査は解除された。しかし、恋人の元へ戻ったスチーブは、鏡の中の自分の顔を見つめ自分の中で何かが変わっているのを感じた。そしてグリニッチ・ビレッジのアパートでは、再びホモの男が死体となって発見されたー。

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 6/19

ローレン・リー・スミス(1980)

イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所

ゲイル・フォアマン原作のベストセラー小説『ミアの選択』を映画化。死の淵にいる主人公の生死をめぐる選択を、珠玉の名曲と共に描く感動作。監督は、「ファッションが教えてくれること」のR・J・カトラー。出演は、「キック・アス」シリーズのクロエ・グレースモレッツ、「スノーホワイト」のジェイミー・ブラックリー。

ヒンデンブルグ 第三帝国の陰謀

1937年に起きたドイツ飛行船ヒンデンブルグ号爆発炎上事故をモチーフに製作された歴史ミステリー。爆弾が仕掛けられたとされる飛行船に乗り込んだ人々の運命と、事故の裏に潜む政治的陰謀を描く。出演は「寂しい時は抱きしめて」のローレン・リー・スミス、「そして、デブノーの森へ」のグレタ・スカッキ、「アメリカン・ヒストリーX」のステイシー・キーチ、「ドレスデン、運命の日」のハイナー・ラウターバッハ。
ゾーイ・サルダナ(1978)

ミッシング・リンク 英国紳士と秘密の相棒

「KUBO/クボ 二本の弦の秘密」のスタジオライカによるストップモーションアニメ。ヴィクトリア朝時代のロンドン。孤独な探検家・ライオネル卿は、伝説の生物を探し求めてアメリカ北西部へと旅立つ。そこで発見したのは、人間の言葉を話す生きた化石だった。声の出演は「グレイテスト・ショーマン」のヒュー・ジャックマン、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズのゾーイ・サルダナ。監督は「KUBO/クボ 二本の弦の秘密」の脚本を手がけたクリス・バトラー。第77回(2019年)ゴールデン・グローブ賞でアニメーション映画賞を受賞。

バーバラと心の巨人

「ハリー・ポッター」のクリス・コロンバスが製作を務め、グラフィックノベル『I KILL GIANTS』を実写映画化。風変わりな少女バーバラは、“巨人”から町を守ろうと腐心している。家でも学校でも孤立する彼女に、転校生のソフィアが声を掛ける。出演は、「死霊館 エンフィールド事件」のマディソン・ウルフ、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズのゾーイ・サルダナ、「グリーンルーム」のイモージェン・プーツ。監督は、「HELIUM」で第86回アカデミー賞短編賞を受賞したアンダース・ウォルター。

NEW今日命日の映画人 6/19

該当する人物がいません