「チスト みどりのおやゆび」のストーリー

チストは、やさしい両親や召使い、そして、言葉が通じ合う仲良しの子馬ジムナスティックたちに囲まれて何不自由なく育っていた。やがて、チストは小学校へ通うが、いつも居眠りばかりしているので学校をやめさせられてしまう。両親は考えた末、学校で教育できないのなら実際に物事を観察して覚えさせるしかないと思い、庭師のムスタッシュの所へチストを行かせる。そこでチストは、植木鉢に土を入れて、親指で穴を開け、それを並べることを頼まれる。全部終わってチストがムスタッシュを呼びに行き戻ってくると、植木鉢全部に花が咲いていた。ムスタッシュは、チストが奇跡を起こすみどりのおやゆびを持っていることを発見するが、このことは二人だけの秘密にしておくことにした。そんなある日、チストは、お父さんの工場で働くトルナディスに連れられ、町について学ぶ事になった。そこで、刑務所や町はずれの貧民街や病院へ行き、不幸な人々を目にしたチストは、みどりのおやゆびを使ってそこに花を咲かせ、人々の心をなごませるのだった。そして、その力は戦争をもやめさせることになったのだった。そんなある日、ムスタッシュが死んだ。チストは花をいくら咲かせても消えない悲しみがある事を知った。やがて、チストは地面に親指を差し込んで、空へ届くほどの“はしご”を作る。そして、チストは天国のムスタッシュに会うため、ひとりで“はしご”を登っていったのだった。