「キッスン・カズン」のストーリー

アメリカ戦略空軍がミサイル基地として某所を選んだが、その所有者タトム(アーサー・オコンネル)は頑固者で、基地建設を諒解しない。この交渉を厳命されたサルボ大尉は、ジョシュ少尉(エルヴィス・プレスリー)を仲間にした。ジョシュの微笑作戦で、山中に入ることには成功したが、そこで山一番のレスラーを自任するジョディ(エルヴィス・プレスリー2役)と大格闘を強いられたが、セリーナやアゼイリア(イボンヌ・クレイグ)が、仲裁に入り、若者たちは仲良しになった。だが、説得工作は足踏み状態。おやじ陥落に娘たちを利用しようと、ジョシュは下界のものを買い与えたが、そのときの妙な写真がワシントンの新聞を飾り、東部から将軍が来ることになった。大尉は、将軍がやって来るまでに目鼻をつけようと頭を痛めた。ところが、タトムが行方不明になってしまった。死んだのかとさえ思われたが、ジョシュの働きで、無事救出された。熊に襲われ、木に登ったまま、おりられなかったのだった。タトムは、ジョシュの説得に負けた。条件は、タトムを気に入らせるものばかりだった。案ずるより何トカ……まさにその通りだったのだ。