「狂言成金」のストーリー

ピーター・ジョーンズという若者はチリコスという田舎町にあるお祖母さんのホテルで番頭をしていたが、その町の素人芝居の舞台監督をしていて、いっぱし劇界の人物のつもりでいた。ところが怪し気なレーマックという劇団が巡業の途中此のホテルに泊まったのでピーター4の芝居熱はいよいよ昴った。孫が可愛くて可愛くて堪らないお祖母さんはホテルを抵当にして一万五千ドルの金をこしらえてやりピーターをニューヨークへ出してやった。ニューヨークに着くと彼は早速レーマック劇団の事務所を訪問し、狐と狸のレーマンとマックリュアに騙されるとは露知らずに大金を出してパートナーの一人になった。彼はメリー・マーティンという一座の主役女優と知り合い恋を語る仲となった。一座は「燃ゆる恋」という芝居を興行することになりブロードウェイの一劇場を賃借りしたが、その前にシラキューズの町で試演を行ったが大失敗に終わった。レーマンとマックリュアは不覚にもピーターに興行の全部を買渡して手を引いてしまった。お陰でピーター無一文になったが落胆せずメリーと相談して劇を改作し、既に小屋代を払ってあるブロードウェイの劇場で蓋を開けると、メリーの懸命の熱演と相まってすばらしい好評を博し翌朝の新聞は筆を揃えて褒めた。二人が喜び合っているところへ一人の弁護士がやって来て「燃ゆる恋」は著作権侵害だと言って大難題を持懸け後刻の確答を約して立ち去った。二人がしょげ返っているところへあつかましい屋の欲張り共のレーマンとマックリュアが興行を買収に来たのでピーターは何食わぬ顔で四万ドルに買い付け、早速メリーと教会へ駆けつけて結婚した。



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 1/25

円谷英二(1970)

ゴジラ 60周年記念 デジタルリマスター版

日本怪獣特撮映画の金字塔“ゴジラ”。その第1作目の公開から60年をむかえ、初回上映状態を再現することを目標に7ヵ月かけて制作されたデジタルリマスター版。4Kスキャンされたデータを元に、ソフトウェアおよび手作業による1コマ1コマのごみ取り処理がなされた。また音声も違和感が生じないよう細心の注意が払われたノイズ除去が行われている。監督は本多猪四郎。特技監督は円谷英二。出演は宝田明、河内桃子、平田昭彦、志村喬ほか。

ネオ・ウルトラQ 特別上映 part.II

1966年に放送された伝説のテレビドラマ『ウルトラQ』。その後の「ウルトラマンシリーズ」の礎となった作品。2013年、円谷プロダクション×WOWOWの共同製作による“セカンドシーズン”として全12話のまったく新しいドラマシリーズ『ネオ・ウルトラQ』が最新鋭4Kカメラを導入し、石井岳龍、中井庸友、入江悠、田口清隆ら4人の気鋭のクリエイターたちにより制作された。WOWOWでの放映に続き、2013年より順次、劇場公開される。 TV放映された全12話の内3話に加え、モノクロ作品であったオリジナルの『ウルトラQ』をハリウッドのデジタル技術でHDリマスター&カラー化した『総天然色ウルトラQ』から、選んだ一話を加えた計4話構成で上映。