「九秒五分の三」のストーリー

大学で徒歩競争の選手をしているチャールズ・レイモンドは頑固一徹な父親の意に逆らったため勘当されてしまった。そして浮浪人に着物を盗まれたので仕方なく浮浪人となって貨物列車に薩摩守を極め込んで車掌におっぽりだされた。牧童主の娘メリーは彼の善良さを認めて親切にしてくれたのでかれは惚れてしまう。それを嫉んだリンクはメリーを拐かしたが駿脚を以てチャールズは追跡して彼女を救った。それから故郷に帰ったチャールズはオリンピック競技会に出場して世界記録を破った。息子の獲た名誉に父親の勘気も和らぎチャールズは愛するメリーと結婚することができた。