「河宿の夜」のストーリー

敏腕記者として知られていたハンソンは編集長からの命令でモーランという小さな町に特派された。その町にはサム・ホーナーという大悪党が巣を構えて酒の密売をやり暴威を振るっていたのでそれを探訪するために彼は赴いたのであった。だがハンソンから何の知らせもないので編集長はこんどはウィリーを派遣した。そして彼が出発の時もし仕事中に酔ったならば馘にしてしまうと戒めた。モーラン町へ来たウィリーはサム一味の本部がロードハウスであることを知った。ところがそこに芸人として働いているローラはウィリーの子供時代の恋人だった。彼女はウィリーを町から去らせようとした。というのは彼の前に来たハンソンがサムの仕事をすっかり調べたために殺されたからであった。しかしハンソンが監禁されているぐらいに思っていたウィリーはサム一味の行動をさぐりながら隙があったらハンソンを助け出そうと考えていた。ローラは窮余の一策としてウィリーが新聞社を馘になったと思い込ませ一緒に駈け落ちしようと説いた。2人は闇にまぎれて逃走を企てたがサムのために捕えられた。ウィリーはハンソンの死を聞かされ自分も同じ運命になることを知ってはじめて自分の身に危険が迫りつつあることを感じた。彼はそこで酔った風を装って新聞社に電話をかけサム達には感づかれぬように受話器のところで暗号を用い救援を求めた。ローラの裏切りに憤怒したサムはウィリーを射殺せんとしたが間一髪の刹那ローラの射った弾丸はサムの手から短銃を落した。ロードハウスの芸人ダフィーが電燈を消したため暗中に大格闘が起ったが新聞社から急派された一隊が辿りついて悪人共を捕えウィリーとローラは無事なる事を得た。

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 6/13

アリー・シーディ(1962)

うちへ帰ろう

バラバラになっていた家族が、母の死期を間近に再び心を寄せ合う心温まるドラマ。監督はスティーヴン・メイラー。出演はデイヴィッドリー・ウィルソン、アリー・シーディほか。

ハイ・アート

駆け出しの写真誌編集者とドロップアウトした有名写真家のふたりの女性の関係をエモーショナルに描き出した異色ラヴ・ストーリー。監督・脚本は本作が初の長編劇映画となる新鋭のリサ・チョロデンコ。製作は「ジョンズ」のドリー・ホールと、ジェフリー・レヴィ=ヒント、スーザン・A・ストーヴァー。撮影は「2ガールズ」のタミー・レイカー。音楽はオルタナティヴ・ロック畑の新鋭で「ベルベット・ゴールドマイン」にも参加したシャダー・トゥ・シンク。音楽監修はトレイシー・マックナイト。美術はバーンハッド・ブライス。編集はエイミー・E・ダドルストン。衣裳はヴィクトリア・ファレル。スチール写真(ルーシーの写真)は監督の友人でもある写真家のジョジョ・ウィルデン。出演は 「オンリー・ザ・ロンリー」のアリー・シーディ、「ラヴ&カタストロフィー」のラダ・ミッチェル、「ジュマンジ」のパトリシア・クラークソン、「フラート」のビル・セイジほか。サンタンス映画祭98で脚本賞を受賞。
ティム・アレン(1953)

トイ・ストーリー4

おもちゃの視点で描くCGアニメの大ヒットシリーズ第4弾。新たな持ち主ボニーを見守るウッディたち。しかし、彼女の一番のお気に入りで手作りおもちゃのフォーキーは、自分をゴミだと思い、逃げ出してしまう。ウッディはフォーキーを探す冒険に出るが……。監督は、「インサイド・ヘッド」の脚本・原案を担当したジョシュ・クーリー。声の出演は、「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」のトム・ハンクス、「シュガー・ラッシュ オンライン」のティム・アレン、「トラブルINベガス」のアニー・ポッツ、「トランスフォーマー/最後の騎士王」のトニー・ヘイル。

レックスはお風呂の王様

「ファインディング・ニモ3D」の併映作となるディズニー/ピクサー製作の短編アニメーション。「トイ・ストーリー」シリーズに登場するどじな恐竜のオモチャ“レックス”がバスルームを舞台に仲間の玩具たちと繰り広げる活躍をコミカルに描く。

NEW今日命日の映画人 6/13

該当する人物がいません