「仮面の米国」のストーリー

ジェームズ・アレンは世界大戦に工兵として出征した。凱旋して来た彼は出征前の職業たる発送係の仕事などをする気にならなかった。工兵の仕事、建築や架橋や、でなければ男として働き甲斐がないと思った。かくて彼は母や兄の忠言を斥けて、新しい職を求め歩いた。しかし彼は就職する前に餓えたのである。ある日ルンペンのピートに勧められ、屋台店をホールド・アップするのに片棒担いだところが、警官が駆けつけたためにピートは射殺され、アレンは捕らえられ、10年間の懲役に処せられた。そこで鎖につながれて労役に従った。一寸不平を言うと容赦なく鞭打たれた。過重な労働は失神するまで強いられた。食物は殆ど口にし難いほど下等なものだった。到底堪えきれなくなったアレンは機を利して脱獄し、艱難辛苦を嘗めてジョージア州を脱出した。新しい名を名乗って彼は就職した。そして彼は歩一歩成功に近づいた。彼の下宿の女将マリイは手紙で彼の素性を知り、自分と結婚して呉れねば密告すると脅かして遂に彼と結婚した。ところが彼はヘレンという優しい女性と恋に陥ちた。彼はマリイに全貯蓄を与えるから自分を自由にしてくれと頼んだが、拒絶され、喧嘩した末、マリイに密告されて捕縛された。しかし彼の雇主は彼の人物を信じて彼が再び鎖につながれることを免除されるように努力した。ジョージア州の役人連は彼が90日間の禁固に服すれば釈放すると言うので彼は過去を清算してヘレンと結婚したいと思い承諾した。ところが州当事者は彼が監獄の内部事情を暴露したのを憤り、同じ監獄につなぎ同じ労役に従わせた。90日目に彼はもう1年間模範囚たることを続ければ特赦すると言われた。彼は1年間を働き通した。ところが1年目にはまた出獄の日が延べられた。彼はかくて永久に放されることはあるまいと信じ、同囚と語らって再び脱獄した。しかし、彼はもはや余りに有名となって了ったので、名を変えても正業に就くことは不可能となった。彼は逮捕の手を逃れ逃れて町から町へ、村から村へと漂浪した。遂に彼が一度目の脱獄後成功した町に辿り着き、彼が愛した乙女ヘレンと会った。彼は自分を忘れてくれと言って別れを告げ、追手を怖れながら夜の闇の中に姿を消したのであった。

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 6/15

ジェームズ・ベルーシ(1954)

女と男の観覧車

ウディ・アレンがケイト・ウィンスレットを主演に迎えて撮り上げたヒューマンドラマ。1950年代。コニーアイランドの遊園地でウェイトレスとして働く元女優ジニー。ある日、彼女の前に音信不通だった娘キャロライナが現れ。その日からジニーの何かが狂い始める。共演は「インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌」のジャスティン・ティンバーレイク、「マレフィセント」のジュノー・テンプル、「ゴーストライター」のジム・ベルーシ。撮影は「地獄の黙示録」「ラストエンペラー」のヴィットリオ・ストラーロ。

砂上の法廷

初監督作「フローズン・リバー」が高評価を受けたコートニー・ハントが、キアヌ・リーヴスとタッグを組んだ法廷ミステリー。ある殺人事件の被告となった少年の裁判の過程で、証人たちの嘘に覆い隠された意外な真実が明らかになってゆく。共演は「コールド マウンテン」のレニー・ゼルウィガー。エリア・カザンの息子で「悪魔を憐れむ歌」などを手掛けたニコラス・カザンが脚本を担当。
コートニー・コックス(1964)

ニューヨーク、愛を探して

ニューヨークを舞台に、悩める母娘たちの物語を綴る群像ドラマ。女性写真家リグビーは、人気ロックバンドのリーダーに写真の腕前を認められ、彼らのツアーに同行しないかと誘われる。ところが既婚男性との不倫関係を解消した矢先、妊娠していることが判明し……。出演は「ヘルボーイ」シリーズのセルマ・ブレア、「ランナウェイ 逃亡者」のスーザン・サランドン、「ラヴレース」のシャロン・ストーン、「スクリーム」シリーズのコートニー・コックス、「帰らない日々」のミラ・ソルヴィーノ、「ペネロピ」のクリスティーナ・リッチ、TV『ヴァンパイア・ダイアリーズ』のポール・ウェズリー。監督は、TVシリーズを手がけてきたポール・ダッドリッジ。特集企画『未体験ゾーンの映画たち2018』にて上映。

スクリーム4 ネクスト・ジェネレーション

人気ホラーシリーズ「スクリーム」続編。前3部作から10年後に起こる連続殺人事件を、シリーズ特有の恐怖、スピード感に加え、前作をパロディにするユーモアで描く。監督は、シリーズ全てを手掛けるウェス・クレイヴン。出演は、「バレエ・カンパニー」のネーヴ・キャンベル、「スコーピオン」のコートニー・コックス。

NEW今日命日の映画人 6/15

該当する人物がいません