「カメレオンマン」のストーリー

20~30年代のアメリカに、ゼリグ(ウディ・アレン)という変わったユダヤ人がいた。彼は周りの環境に順応し、身体つきも精神も変えてしまうのだった。彼はいろんな有名人と一緒にいるところを目撃された。彼と一緒のところを見られたのは、ルー・ゲーリック、ベーブ・ルース、クーリッジとフーパーの両大統頃、作家のスコット・フィッツジェラルド、新聞王ハーストとその愛人で女優のマリオン・デイヴィス、戯曲家ユージン・オニールなど。彼の特異体質が明らかになると、科学者が調査に乗り出した。彼の調査、及び治療にあたったのはユードラ・フレッチャー医師(ミア・ファロー)。彼女の別荘で治療しようとしたが、ユードラと向かいあうと即座にゼリグは精神分析医に変身してしまう。彼は子供の頃からいじめられっ子で、『白鯨』を読んでいないといって馬鹿にれることを恐れて「読んだ」と嘘をついた時から変身するようになり、カメレオンとなったのだ。いつしか、ユードラはゼリグに恋するようになる。ゼリグの姉ルースの恋人マーテ(S・ロミタ)が、ゼリグをひっぱり出し、見せ物にして世界を巡業する。やがて、彼が別人格になっている時に結婚したという女性が次々に名乗り出てきて、ゼリグはアイドルの地位から転落し姿を消す。その後、彼はローマ法皇と一緒のところを目撃された。ユードラはヨーロッパに行き、ヒットラーの後にいるゼリグを発見。ゼリグとユードラは飛行機で大西洋を渡って帰国し、再び国民から歓迎を受ける。その後、ゼリグとユードラは結婚し幸福な生活をおくった。以上のシーンは白黒で撮影。その他、随所に識者による回想シーンが織り込まれ、このシーンはカラーで撮影されている。識者として、スーザン・ソンタグ、アーヴィング・ハウ、ソール・ベローらが出演している。

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 6/16

アビー・エリオット(1987)

ミュータント・タートルズ(2014)

1990年、コミックを原作に映画化、アニメやゲームも世界中で大ブームを巻き起こした「ミュータント・タートルズ」を「トランスフォーマー」のマイケル・ベイ製作、「タイタンの逆襲」のジョナサン・リーベスマン監督のもと再映画化。カメでニンジャの4人が、超絶アクションを駆使して犯罪組織に立ち向かう。出演は「ジェニファーズ・ボディ」のミーガン・フォックス、「俺たちフィギュアスケーター」のウィル・アーネット、「ローン・レンジャー」のウィリアム・フィクトナー、「天使にラブ・ソングを…」のウーピー・ゴールドバーグ。
クリフトン・コリンズ・JR(1970)

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド エクステンデッド・カット

レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットの初共演作となるクエンティン・タランティーノ監督の「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」に新しい4つのシーンを加えた10分拡大版。11月15日から2週間限定、全国4館で日本公開。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットが初共演を果たしたクエンティン・タランティーノ監督作。1969年に実際に起きた、カルト教祖チャールズ・マンソンとその信奉者たちによる女優シャロン・テート殺害事件を題材に、ハリウッド黄金時代の光と闇に迫る。シャロン・テートを「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」のマーゴット・ロビーが演じるほか、「Dear ダニー 君へのうた」のアル・パチーノ、「500ページの夢の束」のダコタ・ファニングが出演。

NEW今日命日の映画人 6/16

該当する人物がいません