「哀しみの恋」のストーリー

商業美術家のデイジー・ケニヨンと敏腕の弁護士ダン・オマラとは恋仲だったが、ダンにはすでに妻や2人の子供があることが2人の仲を重苦しくしていた。ある夜のパーティーでデイジーはピーター・ラムバという青年と知り合った。ピーターはすでに妻を亡くし、忘れることができなかったがデイジーに強く心をひかれて彼女に求愛し、彼女もまたダンとのにえ切らない関係をすててそれに応じた。2人はコッド岬に簡単な家を建てて結婚生活を始めた。日ならずしてデイジーはサースディ・レヴュー誌に原稿を頼まれ、仕事のためピーターと2人でニューヨークに出かけた。その頃ダンはある事件で裁判に敗れ、慰めを求めてデイジーの許を尋ねて激しく愛を訴えたがはねつけられてしまった。このことがダンの妻に知れ誤解を招き、彼女は離婚を法廷に問うた。ダンはあくまで妻と抗争することに決心したが、デイジーが被告として呼び出され侮辱的な尋問を受ける姿を見るにしのびず、妻のルシールの希望を入れ、娘たち2人を彼女の手にゆだねた。更にダンはピーターと話し合い、デイジーとの結婚を認めさせようとしたが、ピーターは一切を妻の意志に任せようと考えて直接デイジーに会うことにした。2人は雪深いコッド岬の家に唯非地人心を休めていたデイジーを訪ねると、彼女は父を慕う子供たちをルシールの手にまかせたダンの無責任を非難し、2人の愛はすでに終わったのだといって、喜びに燃えるピーターの胸にしっかり抱かれるのであった。