「青い目の蝶々さん」のストーリー

ハリウッドの映画監督ビル・ファーレイ(イヴ・モンタン)は、彼の成功はすべて大女優である妻のルシー(シャーリー・マクレーン)のおかげであるという噂を嫌い、彼女の主演しない映画を日本で撮ろうと主演スターのデヴィッド(ボブ・カミングス)と共に日本へやって来た。その頃、夫の後を追ったルシーも、プロデューサーのサム・ルイス(エドワード・G・ロビンソン)と一緒に来日していた。その夜彼女は芸者姿で夫たちの前に現れたが、だれも彼女がルシーであることに気づかなかった。そればかりかビルは彼女を映画の主役にしたいと言い出したのだ。ルシーは早速芸者のカズミ(谷洋子)から手ほどきを受けて見事に芸者になってしまった。ところがラッシュを見ているうちにビルは彼女が妻であることを見抜いてしまった。怒ったビルはあくまで知らぬふりをし、ルシーに恋を迫った。夫を信じていたルシーは驚き、さらに動揺したようである。いよいよプレミア・ショウの夜、映画は大成功。舞台に上ったルシーは、映画の主演女優は永遠に彼らの前に姿を現すまいと告げた。妻の謙虚な態度にうたれてビルもすべてを告白。2人は元の睦まじい夫婦に返るのだった。

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 6/16

アビー・エリオット(1987)

ミュータント・タートルズ(2014)

1990年、コミックを原作に映画化、アニメやゲームも世界中で大ブームを巻き起こした「ミュータント・タートルズ」を「トランスフォーマー」のマイケル・ベイ製作、「タイタンの逆襲」のジョナサン・リーベスマン監督のもと再映画化。カメでニンジャの4人が、超絶アクションを駆使して犯罪組織に立ち向かう。出演は「ジェニファーズ・ボディ」のミーガン・フォックス、「俺たちフィギュアスケーター」のウィル・アーネット、「ローン・レンジャー」のウィリアム・フィクトナー、「天使にラブ・ソングを…」のウーピー・ゴールドバーグ。
クリフトン・コリンズ・JR(1970)

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド エクステンデッド・カット

レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットの初共演作となるクエンティン・タランティーノ監督の「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」に新しい4つのシーンを加えた10分拡大版。11月15日から2週間限定、全国4館で日本公開。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットが初共演を果たしたクエンティン・タランティーノ監督作。1969年に実際に起きた、カルト教祖チャールズ・マンソンとその信奉者たちによる女優シャロン・テート殺害事件を題材に、ハリウッド黄金時代の光と闇に迫る。シャロン・テートを「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」のマーゴット・ロビーが演じるほか、「Dear ダニー 君へのうた」のアル・パチーノ、「500ページの夢の束」のダコタ・ファニングが出演。

NEW今日命日の映画人 6/16

該当する人物がいません