「おれの女に手を出すな」のストーリー

トム(トニー・カーティス)はロンドン駐在のアメリカ空軍大佐で、仕事の腕は確かだが、ただひとつの欠点といえば、大変なヤキモチやきだということ。というのも、妻のジュリー(ヴィルナ・リージ)がすごい美人だったから。ある日、トムの親友タンク大佐(ジョージ・C・スコット)が、2人の前に現れた。12年ぶりのことだ。トムはすっかりあわててしまった。というのは、12年前の朝鮮戦争たけなわの頃、当時、看護婦だったジュリーをめぐり、2人の親友は争ったのである。その結果一計を案じてタンクをだしぬいたトムがジュリーと結婚したのだ。ところで彼女には、同じものを2つほしがるというおかしなクセがある。だから、12年前も、2人の男を前にして大いに迷ったものだ。そんな彼女の前に、またまたタンクが現れたのではたまらない。トムは例のヤキモチぐせを、もうぜんと出し始めた。そこへ運の悪いことに、トムにコペンハーゲン出張の命がおりた。上官の命令では致し方ない。しぶしぶコペンハーゲンに行ったものの、彼の妄想はジュリーの不貞のことばかり。思いあまって電話を入れると、なんと彼女は離婚すると言い出した。驚いたトムは、軍務をほうり出して急ぎ帰った。その時ジュリーはすでにタンクと一緒にホテルの一室にいた。しかし、タンクには結婚の意志がまるでなく、一生独身のプレイボーイでいたいのだと、言い出した。驚くジュリーの前にトムが飛びこんできた。隣室には上官が泊っているというホテルの部屋で、2人の男は無言の大格闘を始めた。自分のために、嫉妬のかたまりとなっているトムの姿を、ジュリーはほれぼれと見とれるのだった。そして2年後、もとのさやにおさまったトムとジュリーの幸せな家庭には、双児が生まれた。同じものを2つほしがるジュリーのクセは、子供によって満たされているようである。

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 6/13

アリー・シーディ(1962)

うちへ帰ろう

バラバラになっていた家族が、母の死期を間近に再び心を寄せ合う心温まるドラマ。監督はスティーヴン・メイラー。出演はデイヴィッドリー・ウィルソン、アリー・シーディほか。

ハイ・アート

駆け出しの写真誌編集者とドロップアウトした有名写真家のふたりの女性の関係をエモーショナルに描き出した異色ラヴ・ストーリー。監督・脚本は本作が初の長編劇映画となる新鋭のリサ・チョロデンコ。製作は「ジョンズ」のドリー・ホールと、ジェフリー・レヴィ=ヒント、スーザン・A・ストーヴァー。撮影は「2ガールズ」のタミー・レイカー。音楽はオルタナティヴ・ロック畑の新鋭で「ベルベット・ゴールドマイン」にも参加したシャダー・トゥ・シンク。音楽監修はトレイシー・マックナイト。美術はバーンハッド・ブライス。編集はエイミー・E・ダドルストン。衣裳はヴィクトリア・ファレル。スチール写真(ルーシーの写真)は監督の友人でもある写真家のジョジョ・ウィルデン。出演は 「オンリー・ザ・ロンリー」のアリー・シーディ、「ラヴ&カタストロフィー」のラダ・ミッチェル、「ジュマンジ」のパトリシア・クラークソン、「フラート」のビル・セイジほか。サンタンス映画祭98で脚本賞を受賞。
ティム・アレン(1953)

トイ・ストーリー4

おもちゃの視点で描くCGアニメの大ヒットシリーズ第4弾。新たな持ち主ボニーを見守るウッディたち。しかし、彼女の一番のお気に入りで手作りおもちゃのフォーキーは、自分をゴミだと思い、逃げ出してしまう。ウッディはフォーキーを探す冒険に出るが……。監督は、「インサイド・ヘッド」の脚本・原案を担当したジョシュ・クーリー。声の出演は、「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」のトム・ハンクス、「シュガー・ラッシュ オンライン」のティム・アレン、「トラブルINベガス」のアニー・ポッツ、「トランスフォーマー/最後の騎士王」のトニー・ヘイル。

レックスはお風呂の王様

「ファインディング・ニモ3D」の併映作となるディズニー/ピクサー製作の短編アニメーション。「トイ・ストーリー」シリーズに登場するどじな恐竜のオモチャ“レックス”がバスルームを舞台に仲間の玩具たちと繰り広げる活躍をコミカルに描く。

NEW今日命日の映画人 6/13

該当する人物がいません