「俺達は天使じゃない(1955)」のストーリー

1900年代のはじめのこと。脱獄囚ジョゼフ(ハンフリー・ボガート)ジュールス(ピーター・ユスチノフ)アルバート(アルド・レイ)の3人が、ギアナのカイエンヌという港町にかくれた。3人は行きずりの若い船医アルノーから紙入れを盗み、中に入っていた手紙の宛名のフェリックスという雑貨屋をたずねることにした。フェリックスはひとのよすぎる人物で、もとはパリの従兄アンドレの店の支配人だったが、無能のためこの港町に遠ざけられていたのだった。彼はアンドレが帳簿の検査に来るというので気もそぞろ、3人の脱獄囚を雇ってしまう。フェリックスの妻エメリーはそれを知って驚くが、ジョゼフの客扱いがうまいので感心し、3人をクリスマスの食事に招く。3人は感激してフェリックス一家を殺して金を奪う計画をとりやめる。ところへ突然、アンドレと甥のポールがフランスからやって来て店の帳簿を調べるといい、フェリックスの娘イサベルには恋仲のポールを諦めるように言わせた。ジョゼフたちはフェリックス一家に同情し、アンドレを殺そうとしたが、思いとどまった。そのとき、アンドレは3人が持っていた毒蛇の篭を見つけ、店から盗んだのだろうと言って自分の部屋に持っていってしまう。その結果アンドレは死んでしまい、腹黒いポールが財産乗っ取りを計画したが、これも蛇にかまれて死ぬことになる。3人は船医アルノーをイサベルの花婿に定めて、監獄へ引きかえして行く。

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 6/16

アビー・エリオット(1987)

ミュータント・タートルズ(2014)

1990年、コミックを原作に映画化、アニメやゲームも世界中で大ブームを巻き起こした「ミュータント・タートルズ」を「トランスフォーマー」のマイケル・ベイ製作、「タイタンの逆襲」のジョナサン・リーベスマン監督のもと再映画化。カメでニンジャの4人が、超絶アクションを駆使して犯罪組織に立ち向かう。出演は「ジェニファーズ・ボディ」のミーガン・フォックス、「俺たちフィギュアスケーター」のウィル・アーネット、「ローン・レンジャー」のウィリアム・フィクトナー、「天使にラブ・ソングを…」のウーピー・ゴールドバーグ。
クリフトン・コリンズ・JR(1970)

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド エクステンデッド・カット

レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットの初共演作となるクエンティン・タランティーノ監督の「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」に新しい4つのシーンを加えた10分拡大版。11月15日から2週間限定、全国4館で日本公開。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットが初共演を果たしたクエンティン・タランティーノ監督作。1969年に実際に起きた、カルト教祖チャールズ・マンソンとその信奉者たちによる女優シャロン・テート殺害事件を題材に、ハリウッド黄金時代の光と闇に迫る。シャロン・テートを「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」のマーゴット・ロビーが演じるほか、「Dear ダニー 君へのうた」のアル・パチーノ、「500ページの夢の束」のダコタ・ファニングが出演。

NEW今日命日の映画人 6/16

該当する人物がいません