「栄冠は吾れに」のストーリー

映画俳優ダンニー・ウエイドは臆病役者といわれていた。彼は一切荒事を演ぜず、 格闘の場面等はすべて替え玉を使った。彼はちょっとしたかすり傷でも顔に受けるようなシーンには出演しなかった。彼は何より職を失うことを恐れたのだ。彼のプロデューサーの娘ドリスだけは彼が本当の臆病者でないことを信じていたが、彼がその名声のために将来のために何うしても出演すべき自動車競争のシーンに出演を拒絶したとき、彼女はダンニーを疑いざるを得なかった。彼は理由を説明しなかったが彼には1つの秘密の使命があった。数年前彼の母は偽証言によって夫殺しの罪名を被って終身刑に処されたのだった。彼は母の無実の証を立てるのには莫大の金を出して署名の法律家を雇わねばならなかった。証人が偽証をしたことを認めた供述書は得られた。半年ごとの赦免介会議の日は自動車競争の当日だった。彼は自己のために競争に参加すれば母はさらに半年を獄舎に暮らさねばならぬのだ。彼は母をまず救わねばならなかった。赦免は下り母は自由を得た。彼はまっしぐらに競争場に乗り付けて競争に間に合った。彼が臆病者でないことは証明された。