新作映画

1-6件表示/全6件
  • 東京クルド

    2021年5月、入管の収容者に対する非人道的な行為や環境を問題視する世論の高まりを背景に、日本の入管法改正案は事実上、廃案となった。しかし、難民条約を批准しながらも難民認定率が1%にも満たない日本の現状に変わりはない。故郷での迫害を逃れ、小学生の頃に日本へやってきた18歳のオザンと19歳のラマザンは、難民申請を続けるトルコ国籍のクルド人。入管の収容を一旦解除される“仮放免許可書”を持つものの、身分は“不法滞在者”だ。いつ収容されるか分からない不安を常に感じながら夢を抱き、将来を思い描く。しかし、住民票もなく、自由に移動することも、働くこともできない。また社会の無理解によって教育の機会からも遠ざけられていた。やがて、東京入管で事件が起きる。長期収容されていたラマザンの38歳の叔父メメットが極度の体調不良を訴えたが、入管は家族らが呼んだ救急車を2度に渡って拒否。彼が病院に搬送されたのは、30時間後のことだった。在留資格を求める声に、ある入管職員が嘲笑混じりに吐き捨てた。“帰ればいいんだよ。他の国行ってよ”。5年以上の取材を経て描かれる2人の若者の青春と“日常”。そこから浮かび上がるのは、救いを求め懸命に生きようとする人々に対するこの国の差別的な仕打ちだ。彼らの希望を奪っているのは誰か?救えるのは誰か?問われているのは、スクリーンを見つめる私たちだ。
  • 劇場版 舞台「刀剣乱舞」虚伝 燃ゆる本能寺

    西暦2205年。歴史改変を目論む“歴史修正主義者”によって過去への攻撃が始まった。時の政府は“審神者(さにわ)”なる者たちに歴史の守護を命じる。その審神者の物の心を励起する力によって生み出された“刀剣男士”たちは、定められた歴史を守る戦いに身を投じていく。ある日、彼らの本丸に新しい刀剣男士が顕現する。その名は、“不動行光”(椎名鯛造)。戦国武将・織田信長が佩用し、彼に仕えた近習・森蘭丸へと授けられることになる一振りである。不動行光は信長の愛刀であったことの誇りを顕わにするが、同じく信長を元主とする宗三左文字(佐々木喜英)、へし切長谷部(和田雅成)、薬研藤四郎(北村諒)らとうまく噛み合わない。近侍に任命された山姥切国広(荒牧慶彦)は、不動行光の参入によって和の乱れた本丸を立て直すために奔走。その最中、審神者より天正十年、すなわち織田信長が果てた歴史的事件“本能寺の変”へ出陣の命が下る……。
  • ブラック・ウィドウ(2021)

    S.H.I.E.L.D.のエージェントやアベンジャーズの一員として戦うブラック・ウィドウ(スカーレット・ヨハンソン)は、かつてはロシアのスパイであり暗殺者であった。アベンジャーズに加わってなお、暗い過去からは逃げ切れず葛藤していたブラック・ウィドウ。 “妹”エレーナ(フローレンス・ピュー)との話から、かつて彼女達自身も厳しい訓練を受けたスパイ養成施設“レッドルーム”がいまだ多くの女性達を鍛え、洗脳状態に置いていることを知る。ブラック・ウィドウは妹をそこに残したままヒーローになった自分を後悔していたが、“母”メリーナ(レイチェル・ワイズ)、 “父”アレクセイ(デヴィッド・ハーバー)ら“家族”との再会によってついにその過去と正面から向き合う。そして“レッドルーム”が生み出した女性暗殺者集団“ウィドウズ”と、その支配者でありどんな能力でも一瞬にしてコピーする最強の敵タスクマスターが、“家族”を執拗に襲撃。黒いマスクとスーツを身にまとい性別も正体も謎に包まれたタスクマスターは、キャプテン・アメリカの盾を操る能力、ホークアイの百発百中の弓の技、ブラックパンサーの爪を使った戦闘スキルをコピーし、ブラック・ウィドウに容赦なく襲いかかる。
  • 83歳のやさしいスパイ

    “高齢男性1名募集。80歳から90歳の退職者求む。長期出張が可能で電子機器を扱える方”。 この不思議な新聞広告を見て、何人もの男性がA&A探偵事務所を訪れる。その結果、面接を経て採用されたのは、83歳の男性セルヒオ。4か月前に妻を亡くしたばかりで、新たな生きがいを探していた彼が適任だったのだ。だがその仕事は老人ホームへの潜入捜査。つまりスパイだった。“自分の母親が聖フランシスコ特養ホームの施設内で虐待を受け、盗難に遭っているのでは?”という疑念を抱いた利用者が、“施設内を捜査し証拠を押さえて欲しい”と依頼してきたのだ。だが、スマホなど使ったことのないセルヒオは、写真撮影やメールなど電子機器の使い方に悪戦苦闘。探偵事務所のロムロを心配させる。それでもなんとか、セルヒオは毎日ターゲットである高齢女性をマークし、生活の様子を誰にも気づかれないように、スマホを使ってロムロに報告することになった。正体がばれないようにターゲットからやや距離を置いて観察し、証拠を押さえ、状況を正しく報告する。その極秘任務はセルヒオ自身が老人ホームに入居することで、周囲に怪しまれることなく開始された。しかし、心優しいセルヒオはたちまち施設内の人気者に。入居者の女性たちから惚れられたり、人生相談を受けたりしながらも嫌がらず丁寧に対応する彼の言葉は、常に前向きで相手への思いやりに満ち、深く心を打つ。いつしかセルヒオはカウンセラーのように悩み多き入居者たちの良き相談相手となっていく。さらに、本人の意志とは裏腹に誕生日を盛大に祝ってもらったり、人気コンテストで優勝したりと何かと目立つ存在になっていく。果たして彼は任務を無事に全うできるのか。そして、セルヒオが長期間施設に滞在して気づいた重要な真実とは……。
  • 東京リベンジャーズ

    ボロアパート暮らしの花垣タケミチ(北村匠海)は、バイト先でも年下の店長からバカ扱いされるどん底人生真っ只中のダメフリーター。ある日、ヤンキーだった学生時代に付き合っていた人生唯一の彼女・橘ヒナタとその弟・ナオトが、関東最凶の組織“東京卍曾”に殺されたことをニュースで知る。その翌日、駅のホームにいたタケミチは何者かに背中を押され、線路に転落。死を覚悟した瞬間、タケミチは不良学生だった10年前にタイムスリップしてしまうのだった……。そこでタケミチは、ナオト(杉野遥亮)に遭遇、「10年後にヒナタは殺される」と伝えたことで、未来が変化する。ヒナタを救うことはできなかったが、ナオトは10年後、刑事になっていた。現代に戻ったタケミチは、刑事のナオトから「10年前に戻り、東京卍曾を潰せばヒナタを助けられる。力を貸して欲しい」と言われる。タイムリープする方法は、現代あるいは過去にいるナオトと握手すること。ヒナタを救うため、そして逃げ続けた人生を変えるため、タケミチは不良軍団・東京卍曾に立ち向かうことを決意する……。
  • ライトハウス

    1890年代。ニューイングランドの孤島に2人の灯台守、トーマス・ウェイク(ウィレム・デフォー)とイーフレイム・ウィンズロー(ロバート・パティンソン)がやって来る。彼らにはこれから4週間にわたり、灯台と島の管理を行う仕事が任されていた。だが、年かさのベテラン、トーマスと未経験の若者イーフレイムは、そりが合わずに初日から衝突を繰り返す。険悪な雰囲気が続くなか、やがて嵐が訪れ、2人は島に閉じ込められてしまう……。
1-6件表示/全6件



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/6

ニック・パーク(1958)

映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!

イギリスのアードマン・アニメーションズによるクレイアニメ「ひつじのショーン」シリーズの長編劇場版第2弾。ショーンが暮らす片田舎の牧場に、ある日突然、UFOがやって来る。物を浮遊させる超能力を持ったルーラが降り立ち、ショーンたちと仲良くなるが……。監督は、前作「映画 ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム」やTVシリーズのスタッフを務めたリチャード・フェランとウィル・ベッカー。

アーリーマン ダグと仲間のキックオフ!

「ウォレスとグルミット」のニック・パークが、原始時代を舞台に作り上げた奇想天外なストップモーション・アニメーション。ブロンズ・エイジ・シティの暴君ヌース卿によって故郷の谷を追われたダグたちは、人気のスポーツ、サッカーで対抗しようとする……。「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のエディ・レッドメイン、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のトム・ヒドルストンら豪華スターが声の出演。
十一代目市川海老蔵(1977)

無限の住人

第1回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞に輝いた同名コミックを、三池崇史監督、木村拓哉主演で映画化。無理矢理永遠の命を与えられた孤独な万次に、仇討の助っ人を依頼する凛。失った妹の面影を重ね凛を守ることにした彼は、凄絶な戦いに身を投じる。「武士の一分」以来10年ぶりの時代劇主演となる木村拓哉がかつて百人斬りと恐れられた不死身の男・万次を演じるほか、「湯を沸かすほどの熱い愛」の杉咲花、「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の福士蒼汰らが出演。

喰女 クイメ

舞台「真四谷怪談」で伊右衛門とお岩を演じることになった恋人たちをめぐり、現実世界と劇中劇で愛憎と怨念がを交錯するホラー。企画・主演は、今や歌舞伎界を背負う存在でありながら、昨年、日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞、映画界でも活躍がめざましい市川海老蔵。監督は日本映画界を代表するヒットメーカー三池崇史。共演は柴咲コウ、伊藤英明ほか。市川海老蔵が演じる“色悪”の魅力が、傑作“四谷怪談”をモチーフにした「現代劇」で花開き、愛憎と狂気のホラー作品を創り上げた。

NEW今日命日の映画人 12/6

該当する人物がいません