新作映画

1-6件表示/全6件
  • ラストレター(2020)

    裕里(松たか子)の姉・未咲が亡くなる。その葬儀の場で、裕里は未咲の面影を残す娘・鮎美(広瀬すず)から、未咲宛ての同窓会の案内と、未咲が鮎美に残した手紙の存在を告げられる。未咲の死を知らせるため、同窓会に参加する裕里。ところがそこで、学校のヒロインだった姉と勘違いされてしまう。その上、会場で初恋の相手・鏡史郎(福山雅治)と再会することに。勘違いから始まった裕里と鏡史郎の不思議な文通。未咲のふりをして、手紙を書き続ける裕里。だが、そのうちの一通が鮎美に届いてしまったことで、鮎美は、学生時代の鏡史郎(神木隆之介)と未咲(広瀬すず:二役)、そして裕里(森七菜)の淡い初恋の思い出を辿り始める。ひょんなことから彼らを繋いだ手紙は、未咲の死の真相、そして過去と現在、心に蓋をしてきたそれぞれの初恋の想いを、時を超えて動かしていく……。
    88
    • おしゃれな
    • 泣ける
  • 男と女 人生最良の日々

    今や記憶を失いかけている元レーシング・ドライバーの男ジャン・ルイ(ジャン=ルイ・トランティニャン)。過去と現在が混濁するなかでも、かつて愛した女性アンヌ(アヌーク・エーメ)のことだけを追い求めていた。そんな父親の姿を見た息子は、アンヌを探し出すことを決心。その想いを知ることになったアンヌはジャン・ルイの元を訪ね、そしてついに、別々の道を歩んでいた2人は再会を果たすことになる。長い年月が過ぎた今、アンヌとジャン・ルイの物語がまたあの場所から始まろうとしていた……。
    95
    • 感動的な
    • 考えさせられる
  • 私の知らないわたしの素顔

    パリの高層マンションに暮らす50代の美しい大学教授クレール(ジュリエット・ビノシュ)は、年下の恋人にあっさり捨てられたことをきっかけに、SNSの世界に足を踏み入れる。Facebookで“24歳のクララ”に成りすまし、彼の友人アレックス(フランソワ・シビル)とつながるクレール。だが、アレックスと“クララ”が恋に落ちてしまったことで、事態は思わぬ方向へ動き始める。次第に、自分の正体を明かしたい衝動に駆られるクレールだったが……。
    92
    • おしゃれな
    • 重厚感のある
    • 考えさせられる
  • キャッツ

    満月が輝く夜のロンドン。若く臆病な白猫ヴィクトリア(フランチェスカ・ヘイワード)は、街の片隅のゴミ捨て場に迷い込み、個性豊かな“ジェリクルキャッツ”たちと出会う。ぐうたらな猫、ワイルドな猫、お金持ちでグルメな猫、勇敢な兄貴肌の猫、不思議な力を持つ長老猫……。様々な出会いのなか、ヴィクトリアも自分らしい生き方を見つけていく。そして今宵は新しい人生を生きることを許される、たった一匹の猫が選ばれる特別な夜。その一匹を選ぶ長老猫オールドデュトロノミー(ジュディ・デンチ)の「見極めるのは魂よ」という言葉に導かれながら、一生に一度、一夜だけの特別な舞踏会の幕が開く……。
    88
    • 感動的な
    • かっこいい
  • バッドボーイズ フォー・ライフ

    リッチでイケメン、独身生活を謳歌する敏腕ベテラン刑事のマイク(ウィル・スミス)と、妻に頭が上がらず、家庭優先、仕事はイマイチだが最高の相棒マーカス(マーティン・ローレンス)。2人はマイアミ市警の名物コンビ“バッドボーイズ”と呼ばれていたが、マーカスは家族のことを考え、危険と隣り合わせの仕事から引退を決意する。新チームに配属されたマイクは、若手エリート捜査官たちで組織されたAMMO(=マイアミ市警特殊エリート部隊)のメンバーと新たなチームを結成することに。ところが、マイクは生意気な若手と衝突を繰り返すばかり。そんな中、ある事件の捜査を進めていたマイクが、何者かに命を狙われる事態が発生。さらには、マイクの周囲にまで容赦なく凶弾が……。犯人の狙いは、マイクの命。追い詰められたマイクは、マーカスと再び“バッドボーイズ”を結成し、本格的に捜査に乗り出す。だが、その過程で政府要人が次々と殺害されていく。一見、無関係に見えた政府要人の暗殺と自分への脅威。全ては、マイクが過去に関わった事件と深い因縁があった。自らの過去と対峙するため、メキシコに渡るマイクだったが……。
    90
    • 笑える
    • かっこいい
  • AI崩壊

    2030年。AIが全国民の個人情報や健康を完全に管理し、生活に欠かせぬインフラとなっていた。医療AIのぞみの開発者・桐生浩介(大沢たかお)は、その功績が認められ、娘を連れ立って日本に久々に帰国した彼は英雄のように扱われた。しかし突如のぞみが暴走し、人間の生きる価値を選別し、殺戮を始める。警察庁の天才捜査官・桜庭(岩田剛典)は、開発者の桐生をAIを暴走させたテロリストと断定。警察は日本中に張り巡らされたAI監視網で、逃亡する桐生を追い詰めていく。桐生の亡き妻でAI共同開発者である望(松嶋菜々子)の弟で、桐生が開発したAIを管理していた西村(賀来賢人)も奔走。一方、所轄のベテラン刑事・合田(三浦友和)と捜査一課の新米刑事・奥瀬(広瀬アリス)は足を使った捜査で桐生を追う。日本中がパニックに陥る中、テロ容疑をかけられた桐生は決死の逃亡劇を繰り広げていく。
    82
    • 手に汗握る
1-6件表示/全6件