【DVD】BLOOD+ 05

ぶらっどぷらす05
発売日
2006年4月26日

製作国
日本

収録時間
100分

ジャンル
アクション

ここが見どころ

Production I.G制作、映画『BLOOD THE LAST VAMPIRE』を元にしたアクションアニメ第5巻。カイに会えず終いだった真央は、自分だけ仲間はずれにされたことに苛立ちを隠せずにいた。第15話「おいかけたいの!」から第18話までを収録する。

BLOOD+ 05のスタッフ・キャスト

スタッフ
監督・シリーズ構成 藤咲淳一
演出チーフ 松本淳
キャラクターデザイン 箸井地図
アニメーションキャラクター・総作画監督 石井明治
キャスト
出演(声) 喜多村英梨
出演(声) 小西克幸
出演(声) 吉野裕行
出演(声) 矢島晶子

BLOOD+ 05のスペック

基本情報
ジャンル アクション
製作国 日本
JANコード 4534530013354
発売元 アニプレックス
製作年 2005
発売年月日 2006年4月26日
収録時間 100分
製作会社 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
レーベル会社 ANIPLEX
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ DVD
ディスクタイプ 片面2層
セル・レンタル セル
コピーライト (C)2005 Production I.G・Aniplex・MBS・HAKUHODO (C)2005 Production I.G/ANX・SCEI・IPA
特典 寺田克也・箸井地図描き下ろしビジュアルブックレット、ジャケットイラストステッカー(以上封入)、メタリックジャケット仕様(以上初回限定)、キャストインタビュー

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 1/23

ジャンヌ・モロー(1928)

天使の入江

人生に潜む冷淡で皮肉な側面を見つめたジャック・ドゥミ監督の長編第2作。パリで銀行員として働くジャンは、初めて訪れたカジノで大金を得る。以来、ギャンブルに取り憑かれた彼は、ブロンド女性・ジャッキーと意気投合し、共にのめり込んでいく。WOWOWにて放映後、アンスティチュ・フランセ東京で開催された特集企画『ジャック・ドゥミ、映画の夢』にて上映(上映日:2014年9月20日)。2017年7月22日より特集企画『ドゥミとヴァルダ、幸福についての5つの物語』にて劇場上映。【スタッフ&キャスト】監督・脚本・台詞:ジャック・ドゥミ 撮影:ジャン・ラビエ 音楽:ミシェル・ルグラン 編集:アンヌ=マリー・コトレ 出演:ジャンヌ・モロー/クロード・マン/アンリ・ナシエ/ポール・ゲール

家族の灯り

ポルトガルの作家ラウル・ブランダンの戯曲を基に「ブロンド少女は過激に美しく」のマノエル・デ・オリヴェイラ監督が映画化。小さな港町を舞台に、失踪した息子の帰りを待ちわびる父と母、妻の姿を描く。出演は「楽園からの旅人」のマイケル・ロンズデール、「ブーベの恋人」のクラウディア・カルディナーレ、「突然炎のごとく」のジャンヌ・モロー、「永遠の語らい」のレオノール・シルヴェイラ、「ブロンド少女は過激に美しく」のリカルド・トレパ、「ノン、あるいは支配の空しい栄光」のルイス・ミゲル・シントラ。
小日向文世(1954)

奥様は、取り扱い注意

2017年に放送されたドラマ『奥様は、取扱注意』の劇場版。元特殊工作員の専業主婦・菜美と、菜美の夫で、実は彼女を監視する公安警察の勇輝。ある出来事がきっかけで菜美が記憶喪失になると、二人は名前を変え、地方都市・珠海市で新生活を始めるが……。出演は、「今夜、ロマンス劇場で」の綾瀬はるか、「空母いぶき」の西島秀俊。監督は、「カイジ ファイナルゲーム」の佐藤東弥。

コンフィデンスマンJP プリンセス編

「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズなどを手がけてきた脚本家・古沢良太によるテレビドラマシリーズ『コンフィデンスマンJP』の劇場版第2弾。大富豪一族・フウ家の当主が他界。世界中の詐欺師が莫大な遺産を狙い、ダー子らもコンゲームを仕掛けようとする。ドラマシリーズの演出や前作の監督を務めた田中亮がメガホンを取った。長澤まさみ、東出昌大、小日向文世らお馴染みのキャスト陣に加え、世界有数の資産家レイモンド・フウを北大路欣也が、フウ家の執事トニー・ティンを柴田恭兵が、ダー子の子猫としてチームに新加入する少女・コックリを「カイジ ファイナルゲーム」の関水渚が演じる。

NEW今日命日の映画人 1/23

該当する人物がいません