• 映画DB トップ
  • 【DVD】ナッティ・プロフェッサー2/クランプ家の面々

【DVD】ナッティ・プロフェッサー2/クランプ家の面々

ざべすとらいぶらりーなってぃぷろふぇっさー02くらんぷけのめんめんNutty ProfessorⅡ:The Klumps
発売日
2009年9月2日

製作国
アメリカ

収録時間
107分

ジャンル
コメディ ドラマ
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

エディ・マーフィが一人九役に挑戦したコメディの続編。デニースとの結婚を控え恋も仕事も順調なクランプ教授。ところが、心の隅には別人格のバディが潜んでいた。“ザ・ベスト・ライブラリー1,500円第2弾”。

ナッティ・プロフェッサー2/クランプ家の面々のスタッフ・キャスト

スタッフ
監督 ピーター・シーガル
製作 ブライアン・グレイザー
脚本 バリー・W・ブラウスタイン
撮影 ディーン・セムラー
キャスト
出演 エディ・マーフィ
出演 ジャネット・ジャクソン
出演 ラリー・ミラー
出演 ジョン・アレス

ナッティ・プロフェッサー2/クランプ家の面々のスペック

基本情報
ジャンル コメディ ドラマ
製作国 アメリカ
JANコード 4988102714635
発売元 ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント
製作年 2000
発売年月日 2009年9月2日
収録時間 107分
製作会社 ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ DVD
ディスクタイプ 片面2層
セル・レンタル セル
特典 「チャンス7キャンペーン!!」抽選ハガキ封入、メイキング、未公開シーン、レストランシーン延長版、特殊メイクアップ:パパ&アーニー、ストーリーボード&実写比較、NGシーン、ジャネット・ジャクソン「ダズント・リアリー・マター」ミュージックビデオ、オリジナル劇場予告編

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 7/28

ジョン・デヴィッド・ワシントン(1984)

TENET テネット

「ダンケルク」のクリストファー・ノーラン監督によるSFスリラー。ある男に、現在から未来に進むという時間のルールから脱出するミッションが課せられる。時間に隠された秘密を解き明かし、第三次世界大戦を止めるミッションのキーワードは『TENET』だった。突如一大任務に巻き込まれた男を「ブラック・クランズマン」のジョン・デヴィッド・ワシントンが、相棒を「ハイ・ライフ」のロバート・パティンソンが演じる。

ブラック・クランズマン

鬼才スパイク・リー監督が手がけた第71回カンヌ国際映画祭グランプリ受賞作。黒人刑事が過激な白人至上主義団体KKKに潜入捜査する顛末を克明に綴った同名ノンフィクション小説を、デンゼル・ワシントンを父にもつジョン・デヴィッド・ワシントン主演で映画化。共演は「パターソン」のアダム・ドライバー、「スパイダーマン:ホームカミング」のローラ・ハリアー、「アンダー・ザ・シルバー・レイク」のトファー・グレイス、「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」のアレック・ボールドウィン。音楽は「マルコムX」「25時」「セントアンナの奇跡」など、スパイク・リー作品を数多く手がけてきたテレンス・ブランチャード。
チョ・インソン(1981)

安市城 グレート・バトル

唐の侵略に立ち向かった高句麗の武将ヤン・マンチュンの戦いを描く歴史アクション。西暦645年。唐の太宗皇帝は20万を超える大軍を率いて高句麗への進撃を開始。各地で敗走が続く中、安市城城主ヤン・マンチュンは、わずか五千の兵と共に戦いを決意する。出演は「ザ・キング」のチョ・インソン、『ハベクの新婦』のナム・ジュヒョク、「スウィンダラーズ」のパク・ソンウン。

ザ・キング

韓国の賞レースを席巻したクライム・エンタテインメント。地方都市の新人検事テスは、ソウル中央地検のエリート部長ガンシクと出会う。他人を踏み台にして出世し、大統領選挙を利用して権力をつかんだガンシクの正体を知ったテスは、悪の魅力に染まっていく。出演は、ドラマ『大丈夫、愛だ』のチョ・インソン、「アシュラ」のチョン・ウソン、「インサイダーズ 内部者たち」のペ・ソンウ、ドラマ『恋のスケッチ~応答せよ1988~』のリュ・ジュンヨル。監督は、「観相師 かんそうし」のハン・ジェリム。第53回百想芸術大賞助演女優賞(キム・ソジン)、新人男優賞(リュ・ジュンヨル)受賞。第54回大鐘賞助演男優賞(ペ・ソンウ)、助演女優賞(キム・ソジン)、シナリオ賞、編集賞受賞。