わかれ(1956)

わかれ
製作国
アメリカ

ジャンル
戦争 ラブロマンス

ここが見どころ

太平洋戦争中、沈没した客船から投出され大洋を漂流する男女の冒険と、戦後になっての2人の結ばれぬ恋を描いたJ・M・スコットの「海の妻とビスケット」の映画化。ジョージ・K・バケが脚色、イギリスの新進ボッブ・マクノートが監督した。撮影監督は「地中海夫人」のテッド・スケイフ、作曲はケネス・V・ジョンズとレオナルド・サルゼド。主演は「雨のランチプール」のリチャード・バートン、「夢去りぬ」のジョーン・コリンズ。「暁の出撃」のバジル・シドニー、「彩られし幻想曲」のロナルド・スクァイアなどが助演。

「わかれ(1956)」のストーリー

1947年のこと。ロンドンの新聞に「ビスケット」という名前で「海の妻」の行方を探す不思議な訪ね人広告が出ていた。ある日、「ブルドック」と名のる男が、「ビスケット」に会いたいといってくる。「ブルドック」は療養所に入っていたが、「ビスケット」はそこを訪れた。--話は1942年に戻る。太平洋戦争初期、シンガポールを出港した引き揚げ船が潜水艦に攻撃された。その時最後のゴムボートで避難した4人の者、それは美しい尼僧(ジョージ・コリンズ)、英国空軍将校(リチャード・バートン)、実業家(バジル・シドニー)、黒人で船の事務長(G・グランド)だったが、幾人かインド洋を漂流するうち、4人は互いに綽名で呼び合うようになった。尼僧は「海の妻」、空軍将校は「ビスケット」実業家は「ブルドック」、事務長は「四番目」。「ブルドック」は利己的な男で、宗教嫌いで、人種的偏見をもっていたので、「四番目」を嫌悪していた。「海の妻」は白い上衣を着ただけの姿なので「四番目」以外の者は彼女が尼僧であることを知らなかった。ボートはあてのない漂流をつづけた後ある島に漂着、そこで筏を作って出発することになったが、「ブルドック」は「四番目」をだまして島に置きざりにした。「四番目」は泳いで筏を追ったがついに鱶の餌になってしまった。その間、「ビスケットは」は「海の妻」を恋して想いを打ちあけるが、彼女は、諦めてくれと答えるのみだった。--そして5年がたったが、「海の妻」を諦めきれぬ「ビスケット」は新聞広告で行方を探していたのである。今では彼女が尼僧であることを知っている。「ブルドック」は、療養所に訪ねてきた「ビスケット」に、彼女はもう亡き人であると語った。「海の妻」を永久に失ったと信じた傷心の「ビスケット」は療養所の門を出る時、尼僧とすれ違った。彼女こそ「海の妻」であったが、傷心の「ビスケット」は気づかなかった。だが彼のことに気がついた「海の妻」は、「ビスケット」の淋しい後ろ姿をじっと見送るのであった。

「わかれ(1956)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「わかれ(1956)」のスペック

基本情報
ジャンル 戦争 ラブロマンス
製作国 アメリカ
製作年 1956
製作会社 20世紀フォックス映画
配給 20世紀フォックス
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ

「わかれ(1956)」のみんなのレビュー

「わかれ(1956)」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 6/25

リンダ・カーデリーニ(1975)

カポネ

実話に基づき、伝説のギャング、アル・カポネの最晩年を描いたドラマ。1940年代半ば。長い服役生活を終え、フロリダの大邸宅で家族や友人たちに囲まれ、静かに隠居生活を送るカポネ。だが、そんな彼をFBIはいまだに危険視し、監視を続けていたが……。出演は「マッドマックス 怒りのデス・ロード」のトム・ハーディ、「ハウス・ジャック・ビルト」のマット・ディロン、『ツイン・ピークス The Return』のカイル・マクラクラン。監督・脚本は「クロニクル」のジョシュ・トランク。

ラ・ヨローナ 泣く女

「死霊館」シリーズの生みの親ジェームズ・ワン製作の下、中南米に伝わる怪談を映画化。1970年代のロサンゼルス。不可解な死を遂げた子どもの母親の警告を無視したソーシャルワーカーのアンナは、自分の子どもたちと共に恐ろしい怪現象に遭遇する……。出演は「ハンターキラー 潜航せよ」のリンダ・カデリーニ、「アナベル 死霊館の人形」のトニー・アメンドーラ。
牛原千恵(1966)

ひめゆりの塔(1982)

太平洋戦争末期、全島が戦場と化した沖縄で、ひめゆり部隊と呼ばれ陸軍病院に配属された乙女たちのはかない青春を描く。28年ぶりの再映画化は脚本・水木洋子、監督・今井正と同じコンビ。前作では果たせなかった沖縄現地ロケを行ない、撮影は「裸の大将放浪記」の原一民が担当。

ゆき

天界からやってきた少女ゆきが、弱い百姓と共に戦う姿を描く。斎藤隆介の原作のアニメーションで脚本は宮崎晃、監督は「あにいもうと(1976)」の今井正がそれぞれ担当。

NEW今日命日の映画人 6/25

ラウ・カーリョン(2013)

セブンソード

武侠映画の第一人者ツイ・ハーク監督が、中国、香港、台湾の人気俳優を起用し壮大なスケールで描くアクション巨編。中国を代表する武侠小説の大家、リャン・ユーシェンの『七剣下天山』に基づき、清軍の蛮行を阻止するため立ち上がる7人の剣士の活躍を描く。出演は、香港四天王のレオン・ライ、「HERO」のドニー・イェン、「香港国際警察/NEW POLICE STORY」のチャーリー・ヤン他。

ペディキャブ・ドライバー

40年代のマカオを舞台に、ペディキャブ(自転車で引く人力車)の車夫が、恋に喧嘩に大活躍するアクションもの。監督・製作・主演の3役をこなしたのは「五福星」シリーズなど諸作で知られるサモ・ハン・キンポーで、彼の80年代の活動における集大成というべき一編。脚本は「ハードボイルド 新・男たちの挽歌」のバリー・ウォン(王晶とは別人)と「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー」のユェン・カイチー、音楽は「誰かがあなたを愛している」のローウェル・ロー(助演も)、美術は「恋する惑星」のウィリアム・チョン。共演は「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ」シリーズのモク・シウチョン(マックス・モク)、「スウォーズマン/女神伝説の章」のファニー・ユン、「ツイン・ドラゴン」のニナ・リー、「山中傅奇」「空山霊雨」のスン・ユエなど。また、サモ・ハンの人脈を反映して、「霊幻導士」シリーズのラム・チェンイン、「酔拳2」のラウ・カーリョンたちがカメオ出演している。別邦題「帰って来たデブゴン 昇龍拳」。

「わかれ(1956)」を観ているあなたにおすすめの映画