海の猛獅子

うみのもうじし
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

ジョージ・アレン・イングランドの原作を、アーサー・ゼルナーが脚色し、「最大急行」等を作ったバーナード・J・ダーニングが監督したもの。主役は「男の中の男」「男子の本領」等と同じくダスティン・ファーナムで、対手はユ社で「女性の輝き」「嵐」等に主演したヴァージニア・ヴァリ、監督のダーニングが主要な役を演じている。
ジョージ・アレン・イングランドの原作を、アーサー・ゼルナーが脚色し、「最大急行」等を作ったバーナード・J・ダーニングが監督したもの。主役は「男の中の男」「男子の本領」等と同じくダスティン・ファーナムで、対手はユ社で「女性の輝き」「嵐」等に主演したヴァージニア・ヴァリ、監督のダーニングが主要な役を演じている。

「海の猛獅子」のストーリー

1870年頃のことである。南海を航海中の帆船の船長ブリッグスは酒を飲むと乱暴を働く男であったが、原住民の集落から仏像を盗んだ。そのため原住民と船員の間に大争闘が起っきたが、原住民は散々に打ち負かされた。尼僧はブリッグスに、呪いの言葉を浴びせたが、彼はそれを一笑に付し、仏像を砕いて出帆してしまう。彼はアヘンを密輸入して巨万の富を獲、美しき妻をも獲て新生活に入ったが、妻は一子を残して世を去った。年は過ぎて、ブリッグスの手には孫ハル1人のみが残されていた。ハルは船乗りになったが、酔っ払いで乱暴な事は祖父ブリッグスすら舌を巻く位、船長に反抗したり、祖父の金を持ち出したり、手のつけられぬ男であった。一日彼は仲間と争って毒を塗った小刀で刺された。彼の危い命は折よく訪ねて来ていた老船医フィリオルに救われたので、さすがの彼も改心し、恋人ローラと結婚する事になった。

「海の猛獅子」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「海の猛獅子」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1921
製作会社 フォックス映画
配給 フォックス支社
レイティング
カラー/サイズ モノクロ

「海の猛獅子」のみんなのレビュー

「海の猛獅子」のレビューを書く