ロードハウス 孤独の街

ろーどはうすこどくのまち
上映日
1989年9月23日

製作国
アメリカ

ジャンル
アクション

ここが見どころ

悪に立ち向かう酒場の用心棒の活躍を描くアクション映画。製作はジョエル・シルヴァー、監督は「殺しのナイフ ジャック・ザ・リッパー」のローディ・ヘリントン。デイヴィッド・リー・ヘンリーのストーリーを基に、脚本はリー・ヘンリーとヒラリー・ヘンキンの共同、撮影はディーン・カンディ、音楽はマイケル・カーメンが担当。出演はバトリック・スウェイジ、ケリー・リンチほか。

「ロードハウス 孤独の街」のストーリー

酒場の用心棒をしているダルトン(パトリック・スウェイジ)は、ある夜フランク(ケヴィン・タイ)という男から、彼の店で用心棒をして欲しいと頼まれる。破価のギャラで彼の店“ダブル・デュース”にやって来たダルトンは、荒れに荒れたこの店を自分なりの秩序で統制してゆく。彼が借りた川のそばの家の対岸には、このあたりの実力者ブラッド(ベン・ギャザラ)が住み、毎夜乱痴気騒ぎを繰り返していた。ある夜、不品行を理由にクビにしたパット(ジョン・ドエ)たちに襲われたダルトンは、相手を倒すもののケガを負い、女医クレイ(ケリー・リンチ)の手当てをうける。実は彼らはブラッドの手下で、自分の縄張りを荒らすダルトンを痛い目にあわせてやろうと企んだのだった。一方ダルトンはやがてクレイと激しい恋におちる。ブラッドが彼女に惚れていたこともあり、それ以来彼のダルトンに対する嫌がらせは増大する。そんなダルトンを加勢するように、旧友のギャレット(サム・エリオット)が彼のもとにやって来る。ブラット一味との激しい戦いの中で、次第に町の人々が被害をうけ、ある夜ギャレットがブラッドの用心棒(マーシャル・ティーグ)に殺される。怒りにかられたダルトンは激しい攻防の果てに用心棒を殺し、ブラッドを打ち倒した。そして町には、ようやく平和が訪れるのだった。

「ロードハウス 孤独の街」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ロードハウス 孤独の街」のスペック

基本情報
ジャンル アクション
製作国 アメリカ
製作年 1989
公開年月日 1989年9月23日
製作会社 シルヴァー・ピクチャーズ作品
配給 ユナイト映画=UIP
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ

「ロードハウス 孤独の街」のみんなのレビュー

「ロードハウス 孤独の街」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 1/25

円谷英二(1970)

ゴジラ 60周年記念 デジタルリマスター版

日本怪獣特撮映画の金字塔“ゴジラ”。その第1作目の公開から60年をむかえ、初回上映状態を再現することを目標に7ヵ月かけて制作されたデジタルリマスター版。4Kスキャンされたデータを元に、ソフトウェアおよび手作業による1コマ1コマのごみ取り処理がなされた。また音声も違和感が生じないよう細心の注意が払われたノイズ除去が行われている。監督は本多猪四郎。特技監督は円谷英二。出演は宝田明、河内桃子、平田昭彦、志村喬ほか。

ネオ・ウルトラQ 特別上映 part.II

1966年に放送された伝説のテレビドラマ『ウルトラQ』。その後の「ウルトラマンシリーズ」の礎となった作品。2013年、円谷プロダクション×WOWOWの共同製作による“セカンドシーズン”として全12話のまったく新しいドラマシリーズ『ネオ・ウルトラQ』が最新鋭4Kカメラを導入し、石井岳龍、中井庸友、入江悠、田口清隆ら4人の気鋭のクリエイターたちにより制作された。WOWOWでの放映に続き、2013年より順次、劇場公開される。 TV放映された全12話の内3話に加え、モノクロ作品であったオリジナルの『ウルトラQ』をハリウッドのデジタル技術でHDリマスター&カラー化した『総天然色ウルトラQ』から、選んだ一話を加えた計4話構成で上映。