海の壁

うみのかべ
上映日
1958年3月5日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

マルグリット・デュラスのベスト・セラー小説の映画化で、仏領インドシナに水田地帯を切拓く一家の姿を描いた1篇。「海の荒くれ」のアーウィン・ショウと「居酒屋」のルネ・クレマンが共同脚色、クレマン自ら監督した。撮影は「道」のオテッロ・マルテッリ、音楽は「カビリアの夜」のニーノ・ロータ。主演は「人間と狼」のシルヴァーナ・マンガーノ、「驀走二万哩」のリチャード・コンテ、「胸に輝く星」のアンソニー・パーキンス、「夏の嵐」のアリダ・ヴァリ、「OK牧場の決斗」のジョー・ヴァン・フリート、それにネーミア・パーソフなど。

みんなのレビュー

「海の壁」のレビューを書く

「海の壁」のストーリー

仏領インドシナの海岸沿いに、男まさりの未亡人デュフレスン夫人(ジョー・ヴァン・フリート)の広大な水田地帯が広がっている。彼女は、娘のスザンヌ(シルヴァーナ・マンガーノ)、息子のジョゼフ(アンソニー・パーキンス)と土着の40家族の力をかりて、この不毛の土地を水田に変えようと力を尽くしていた。海岸には耕地に侵入してくる海水を防ぐため防波堤が築かれていたが、コンクリートで固める費用がなく丸太で支えていた。デュフレンス夫人は女手一つで今日を築いてきたが、それだけに専制的で水田にたいして執念に近い愛着をもっていた。ある日、アルバートという金持ちの息子が訪れ5000ドルで土地を買いたいと申し出てきたが、夫人は烈火の如く怒った。アルバートは土地買取りもさることながらスザンヌに接近しようと思ってきたのだ。スザンヌは美しかった。が、ジョゼフも含め2人の子は専制的な母に反感をもっていた。その夜ジョゼフは母と言い争い家出した。彼は町へ車を走らせたが、この時台風が襲ってきた。途中、水浸しになっているバスに出会ったジョゼフは防波堤が決潰し、洪水になったことを知った。バスに乗っていたマイケル(リチャード・コンテ)という白人が救助に手を貸そうと申し出たので、彼を連れてジョゼフは家に引返した。翌朝、嵐はおさまった。マイケルは町へ帰ろうとしたが、それをスザンナが止めた。恐怖の一夜をともに過ごした彼女の胸にはマイケルにたいする恋が芽生えたのだ。マイケルは実は政府の命令で夫人の土地を明渡させるためにきた身であった。しかし夫人の水田に注ぐ情熱を知った彼は黙って町へ去ることにした。翌日、一家も防波堤再建の費用を作るため町へ出、アルバートに借金を申し込んだ。アルバートは拒絶したが、その代わりスザンヌが3日間自分と町に滞在するなら1000ドルの指輪をやろうといった。スザンヌは勿論ことわったが夫人は怒って娘を殴った。そんな母親をみてジョゼフは再び姿を消した。彼は町で仕事を探すうちクラウデ(アリダ・ヴァリ)という女と知合った。一方、町の宿についた夫人は心痛の余り倒れてしまった。そのころスザンヌはマイケルを訪ねていた。新しい仕事を求めてポルトガルに行くというマイケルに、スザンヌは同行を求めたが不幸になるばかりと断られた。宿に帰ったスザンヌは母の病気を知り、彼女のためにとアルバートを訪ね、3日間一緒に過ごそうと云った。その後マイケルと会い、愛する男に身をまかせたスザンヌは約束通りアルバートの許に行った。アルバートは彼女を引き寄せた。が、諦めきって何の感情も見せぬ彼女に手を出しかね、1000ドルを投げ出した。翌朝、夫人とスザンヌは家へ帰ったが、夫人は衰弱して遂に死んだ。これを機会にスザンヌはマイケルと行をともにすることになった。が、ジョゼフは母の愛着したこの土地に残ることにした。マイケルとスザンヌを乗せたバスが水平線に消えてゆく。その後にジョゼフが、いつまでも立っていた。

「海の壁」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「海の壁」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1957
公開年月日 1958年3月5日
製作会社 コロムビア映画
配給 コロムビア
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「海の壁」のみんなのレビュー

「海の壁」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/1

該当する人物がいません

NEW今日命日の映画人 12/1

シェリー・モリソン(2019)

無邪気な悪魔におもちゃが8つ

子供によって行われるショッキングな殺戮を描いたホラー。感化院の車が雪山で事故に遭い、護送されていた5人の問題児たちが脱走する。ロッジで冬を楽しく過ごそうとしていた大人たちに保護されるが、子供たちは彼らを残酷な方法で殺し始め…。【スタッフ&キャスト】監督:ショーン・マグレガー 脚本:ジョン・ダーレン 撮影:ポール・ヒップ/マイケル・シェア 出演:レイフ・ギャレット/ソレル・ブーク/ジーン・エヴァンス/シェリー・モリソン

愛のそよ風

『チェンジリング』のクリント・イーストウッドが初めて監督業だけに専念して制作したドラマ。不動産業を営む裕福な中年・フランクは、ある日ヒッピー風の少女・ブリージーと出会う。初めは自由に生きる彼女に苛立ちを覚えていたがフランクだったが…。【スタッフ&キャスト】監督:クリント・イーストウッド 製作:ロバート・デイリー 脚本:ジョー・ハイムズ 撮影:フランク・スタンリー 出演:ウィリアム・ホールデン/ケイ・レンツ/ロジャー・C・カーメル/シェリー・モリソン
マイケル・ライ(2019)

ルージュ(1987)

恋人を探すために現世へ戻ってきた美貌の幽霊の激しくも切ない恋を描くロマンチック・ファンタジー。監督はスタンリー・クワン。出演は、レスリー・チャン、アニタ・ムイ、アレックス・マンほか。2013年3月30日より、東京・シネマート六本木、大阪・シネマート心斎橋にて開催された「レスリー・チャン メモリアル」にてデジタル上映。

九龍の眼

悪質な爆弾犯人たちを追いつめる香港警察の刑事チェンの活躍を描くアクション。「ポリス・ストーリー 香港国際警察」の続篇で、監督・主演・原案・スタント監修は「サイクロンZ」のジャッキー・チェン(成龍)、製作総指揮はレイモンド・チョウ(鄒文懐)とレナード・ホウ(何冠昌)、製作はエドワード・タン、脚本はエドワード・タンとジャッキー・チェン、撮影はチョウ・イウゾウ(張耀祖)とリー・ヤウトン(李有棠)、音楽はマイケル・ライ(黎小田)が担当。出演はほかに「ポリス・ストーリー 香港国際警察」のマギー・チャン(張曼玉)、「プロジェクトA2 史上最大の標的」のタン・ピョウ(董驃)、「サイクロンZ」のクリスタル・コオ(郭錦恩)など。ビデオタイトル「ポリス・ストーリー2 九龍の眼」。