愛の凱歌

あいのがいか
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「襤褸を飾って」「やくざ者(1923)」等と同じくトーマス・ミーアン氏とライラ・リー嬢の 共演になる映画で、原作はジャック・ベシア氏の手になり、ポール・ショーフィールド氏が脚色し新進のエドワード・サザーランド氏が監督した第一回作品である。

「愛の凱歌」のストーリー

トム・ブラッドフォードは自分の奉職する炭坑会社の社長ジョン・ランドの娘アリスと自由結婚したが、アリスの父はトムが、単に金と地位がほしさのあまりを結婚したのだと信じ、詭弁をもってトムの口から捨て罰のことばを発せさせる。蔭でこれをきいていたアリスはトムは自分を愛する真実がないのだと思い込む。談合の結果、アリスの父は、トムをコルトンという炭坑の総取締として赴任させたが、アリスは心進まぬながら同行した。炭坑の副取締ローラーは大の悪漢で長い間窺っていた総頭取の椅子をトムに得られて不平であった。アリスの父はトムが名誉を失えばアリスの心はトムから離れるだろうとの考えから、トムを失策させようとローラを焚き付けから堪らない。トムの身辺には百難襲いくるの状況になるがトムは不屈の努力をもって工夫の風偽を正すことに苦心しながら一方事業の成績を向上させることに努める。最後にトムとローラー一派との避くからざる大衝突が起りストライキが起ろうとしたときトムの正義の心は遂にローラーを圧倒して鉱山の実権と共にアリスの心をも握ったのであった。

「愛の凱歌」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「愛の凱歌」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1925
製作会社 パラマウント映画
配給 パラマウント映画
レイティング

「愛の凱歌」のみんなのレビュー

「愛の凱歌」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/18

リック・モラニス(1953)

ブラザー・ベア

大自然を舞台に、生命の素晴らしさと尊さを描いた感動のディズニー・アニメーション。ふとしたことからクマに姿を変えられてしまった青年と、母を探す子熊が出会い、様々な困難を力を合わせて乗り越えていく中で、青年と子熊の間にいつしか実の兄弟のような絆が芽生えていく。声の出演はホアキン・フェニックス。

フリント・ストーン モダン石器時代

スティーヴン・スピルバーグが主宰するアンブリン・エンターテインメントの10周年記念作で、日米で好評を博したハンナ=バーベラ・プロのTVアニメ『原始家族』を実写で映画化したSFコメディ。太古の地球とそっくりでありながら、自然と文明が不思議に調和した町ベッドロックを舞台に、ごく平凡な会社員一家が巻き起こす騒動を描く。珍奇な日用品や建物の数々はじめ、アニメの世界を忠実に再現した映像が見もの。監督は「ベートーベン」のブライアン・レヴァント。脚本は「ゲッティンク・イーブン」のコンビ、トム・S・パーカーとジム・ジェニウェインと、スティーヴン・E・デ・スーザの共同。製作は「フック」のブルース・コーエン、撮影は「ジュラシック・パーク」のディーン・カンディ。音楽はデイヴィッド・ニューマンがスコアを書き、BC52S'というバンドの役で出演もしているロックグループのB-52S'、アル・ヤンコヴィックらが挿入曲を提供。SFXはILMが担当。主演は「マチネー 土曜の午後はキッスで始まる」のジョン・グッドマン。共演は「ジャイアント・ベビー」のリック・モラニス、「ビッグ」のエリザベス・パーキンス、「トライアル 審判」のカイル・マクラクラン、「クリスタル殺人事件」のエリザベス・テイラーほか。
トム・ヒューズ(1986)

ジョーンの秘密

イギリス史上、最も意外なスパイの実話を基に、ジュディ・デンチ主演で映画化。2000年5月、ロシアのKGBに核開発の機密を漏洩していた“核時代最後のスパイ”が、MI5の手によって暴かれる。しかし、その人物はジョーン・スタンリーという80代の老女であった。共演は「ムーン・ウォーカーズ」のスティーヴン・キャンベル・ムーア、「死霊院 世界で最も呪われた事件」のソフィー・クックソン、「フラワーショウ!」のトム・ヒューズ。監督は、RSCの演出家としても知られる「十二夜」のトレヴァー・ナン。

マダムのおかしな晩餐会

パリの上流社会を舞台に繰り広げられるロマンティック・コメディ。裕福なアメリカ人夫婦アンとボブは、セレブな友人たちを招いて豪華ディナーを開催。だがひょんなことから身分を隠したメイドが紛れ込み、何も知らない客の紳士が彼女に一目惚れしてしまい……。出演は「リトル・ミス・サンシャイン」のトニ・コレット、「グランド・ブダペスト・ホテル」のハーヴェイ・カイテル、「ジュリエッタ」のロッシ・デ・パルマ。監督は、フランスの新鋭アマンダ・ステール。脚本をアマンダ・ステールと「クリムゾン・ピーク」のマシュー・ロビンスが務める。