生れながらの無宿者

うまれながらのむしゅくもの
上映日
1958年6月25日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

金持ちの鉱山主から消息不明の弟探しをたのまれ、メキシコを舞台に数奇な運命にまきこまれる西部の名拳銃手の物語。デイヴィッド・P・ハーマンの書下ろし脚本を「ジョニイ・ダーク」のジョージ・シャーマンが監督した。撮影監督は「小さな無法者」のアレックス・フィリップス。音楽はジョセフ・ガーシェンソン。主演するのは「全艦発進せよ」のジョック・マホニーと「アパッチの狼火」のギルバート・ローランド。メキシコ映画界からリンダ・クリスタルが参加するほか、エドワード・フランツ、カール・ベントン・リード等が助演する。その他の助演陣や技術者にもメキシコ側人材の参加がみられる。製作ハワード・クリスティ。

「生れながらの無宿者」のストーリー

早射ちの名手ブラッド・エリソン(ジョック・マホニー)は、東部の大金持ちジョン・フォーブスに、余命短い彼の莫大な炭鉱の権利を譲るため、30年前メキシコで消息を絶った弟エドワードを探すことを、2万ドルの礼金を条件にたのまれ、出発した。兄と同じ両面に鷲を彫った銀貨をもつことのみが手がかりである。ディアブロの町で宿屋を開いているサム・グリプトン(エドワード・C・プラット)を訪れた後、アイルランド人牧場主キング・オレイリー(ローン・グリーン)が消息を知っていると聞いたブラッドはそこに向かった。山中の湖で水浴する美女の衣服の中からネッカチーフを自分の首にまいた彼は牧場につき、オレイリーと牧童頭マイルズ(ギルバート・ローランド)に会った。2人は、エドワードは10年前に死んだという。先刻の湖の女はオレイリーの娘マリア(リンダ・クリスタル)だった。翌日マイルズが猛りたつ馬に踏み殺されようとした時ブラッドの手練の革分銅がこれを救った。彼を命の恩人として、命令に従うという牧童頭マイルズをつれて、ブラッドは奥地に向かった。メキシコ人の襲撃をうけて、傷をうけたマイルズは、この山間地でメキシコ人に慕われているホセ(エドワード・フランツ)という老人の手当てをうけた。休養する彼を残して、ブラッドと老人は捜索を続けたが、帰ってみるとマイルズの姿が消えていた。心配するブラッドは老人をオレイリー牧場にやって自分はグリプトンの宿屋に向かった。ところが意外にもマイルズの銃口がそこで彼を待っていた。彼は炭鉱の権利を狙う一味に金を貰ってエドワードさがしを妨害する男であり、ホセの老人の小屋で鷲の銀貨をみつけて彼がエドワードなのを知りこの挙にでたのだった。グリプトンにより縛られた彼は、監視のメキシコ人にホセ老人の危機を説いてグリプトンを倒し、マイルズを追った。オレイリーの牧場に行ったマイルズはブラッドが死んだと偽りホセ老人とマリアをつれ出した。直ぐ後を追ったブラッドはマイルズと撃ちあい、最後に革分銅を使って彼を倒した。捜索は終わったが、ブラッドはホセ老人の去就を彼の自由にまかせた。老人は山にかえり、ブラッドも拳銃をすてて牧場に残った。

「生れながらの無宿者」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「生れながらの無宿者」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1958
公開年月日 1958年6月25日
製作会社 ユニヴァーサル映画
配給 ユニヴァーサル
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ

「生れながらの無宿者」のみんなのレビュー

「生れながらの無宿者」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/16

デヴィッド・ボレアナズ(1969)

オフィサー・ダウン

『ブレイド』のスティーヴン・ドーフと「プリズン・ブレイク」シリーズのドミニク・パーセル共演によるポリスアクション。汚れた過去を背負う刑事が失った正義を取り戻すため、警察に渦巻く陰謀に巻き込まれながらも裏社会を牛耳る巨悪に挑む姿を描く。【スタッフ&キャスト】監督:ブライアン・A・ミラー 脚本:ジョン・チェイス 製作:ジェフ・ライス 撮影:ライアン・サマル 出演:スティーヴン・ドーフ/ドミニク・パーセル/ジェームズ・ウッズ/デヴィッド・ボレアナズ

クロウ 真・飛翔伝説

ジェームズ・オバーの原作を元に描いたダークヒーローアクション「クロウ」シリーズ最新作。悪魔を崇拝するギャング集団に恋人・リリーと共に殺されてしまったジミー。カラスの力で甦った彼は、ギャング集団のボス・ルークへの復讐を果たす。【スタッフ&キャスト】監督・脚本:ランス・マンギア 脚本:ショーン・フッド 製作:ジェフ・モスト 撮影:ダリウス・ウォルスキー 出演:エドワード・ファーロング/エマニュエル・シュリーキー/デヴィッド・ボレアナズ/タラ・リード
チュ・ジフン(1982)

暗数殺人

「1987、ある闘いの真実」のキム・ユンソク主演による、実際の連続殺人事件をモチーフにしたサスペンス。ある日、別件で収監されていた男から7人を殺害したとの告白を受けた刑事キム・ヒョンミンは、捜査を続行。やがて証言どおり白骨化した遺体を発見する。共演は「神と共に」シリーズのチュ・ジフン、「エクストリーム・ジョブ」のチン・ソンギュ。

工作 黒金星(ブラック・ビーナス)と呼ばれた男

釜日映画賞最優秀作品賞をはじめ韓国の映画賞を総なめした、事実に基づく歴史ドラマ。1992年、北朝鮮の核開発の実態調査のため、軍人のパクは工作員として北に潜入せよと命じられる。3年の工作活動の末、対外交渉の責任者であるリ所長に接触するが……。出演は、「哭声/コクソン」のファン・ジョンミン、「リアル」のイ・ソンミン、「お嬢さん」のチョ・ジヌン、「背徳の王宮」のチュ・ジフン。監督は、「群盗」のユン・ジョンビン。第71回カンヌ国際映画祭ミッドナイトスクリーニング公式招待作品。

NEW今日命日の映画人 5/16

該当する人物がいません