力漕一艇身

りきそういっていしん
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

ジョン・モロソ氏作の物語「地獄の台所」を映画化したもので、ジエー・クラークソン・ミラー氏が脚色し、「初陣ハリー」「当たりっ子ハリー」等と同じくフランク・キャプラ氏が監督した。主役は「感傷の秋」「金髪より黒い髪」等出演のベン・ライオン氏で相手女優は新進のクローデット・コルベール嬢、ジョージ・シドニー氏、フォード・スターリング氏及びヒユウ・カメロン氏が父親の役を演じ、スキーツ・ギャラガー氏、メーベル・スウオア嬢等も出演している。

「力漕一艇身」のストーリー

ドイツ人の食品屋ヘルマン・シユルツとユダヤ人の裁縫師アブラハム・カツツとアイルランド人の掃除夫パトリック・オマリーは同じ長屋に住んでいたが、ある時棄てられている赤ん坊を3人で育てることになった。彼らは自分自身を犠牲にしてもその子の養育に懸命になった。そして彼が中学校を卒業すると3人の父親は更に大学へ入学させようとした。しかしマイクは余りにも長い間3人の厄介になっているので大学よりも働こうと言い出した。ところがヘルマンとアブラハムとの共同現金係のイタリイヤ娘マリーも3人の父親と一緒になってマイクを口説いたので遂に彼も大学へ行くことを承諾した。そしてマイクは大学では人気者となり、端艇部の主将となり整調を漕ぐことになった。彼の21歳の誕生日には3人の父親がマイクのために晩餐会を催すので彼は家に帰る筈だった。父親たちは付近の銀行家や有力な実業家連を招待してマイクの将来を頼むつもりだった。だのにマイクはエヴェリンという女に怪し気な倶楽部へ引き張り込まれて賭博に敗けて借金を作り、その上酔っ払ってしまった。そして彼が晩餐会に到着した時はグデングデンになっていて、待ち切れずに食事を済ました来客たちを侮辱し、来客が帰ったあとでマイクはなおもくだをまいて3人の父親にも親じやないなどといったので短気なパトリックは彼を殴り倒した。翌日彼はマリーに慰められて意気消沈して大学へ帰った。対校競漕の前日彼の処文を持っているインチキ師はハーバードに賭けているのでマイクに競漕に出てくれるなと脅迫した。当日彼は3人の父親がマリーと共に見物に来ていてエール方に賭けているのを知って喜んだ。そして彼は力漕してエール大学の勝利に帰した。彼はかくて父親たちにゆるされマリーの愛を得たのである。

「力漕一艇身」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「力漕一艇身」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1927
製作会社 ファースト・ナショナル映画
配給 ファースト・ナショナル支社
レイティング

「力漕一艇身」のみんなのレビュー

「力漕一艇身」のレビューを書く