安魂

あんこん COMFORTING SOUL
上映日
2022年1月15日

製作国
中国 日本

上映時間
108分

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「こどもしょくどう」の日向寺太郎監督と「うなぎ」脚本の冨川元文が初タッグを組んだ日中合作映画。著名な作家・唐大道は、自ら選んだ道こそが正しいと信じて疑わなかった。しかし、愛する息子・英健が29歳の若さでこの世を去ったとき、その信念は崩れる。出演は、「息子の告発」のウェイ・ツー。原作は、「香魂女 湖に生きる」の原作者、周大新の同名小説。

みんなのレビュー

「安魂」のレビューを書く

「安魂」のストーリー

社会的名誉も地位も手に入れた著名な作家の唐大道(ウェイ・ツー)は、自ら選んだ道こそが最も正しいと信じて疑わない独善的な人間だった。それは愛する息子・英健(チアン・ユー)に対しても同じで、息子の恋人・張爽が農村出身という理由だけで、息子の幸せのためだと別れさせた。しかし、英健が29歳の若さでこの世を去ったとき、その絶対的な信念は崩れた。「父さんが好きなのは、自分の心の中の僕なんだ」という言葉を残した息子がどんな生き方を望んでいたのか、様々な本を読み漁り、まだ近くにいるはずだと息子の魂を探す大道。そんななか、英健と瓜二つの劉力宏(チアン・ユー)と出逢う。息子の姿を重ね度々彼のもとを訪れる大道を妻の瑞英は制止するが、彼と会うことを止めることはできなかった。しかし、息子にもう一度会いたいという強い願いによって、ひとつの奇跡が起こる……。

「安魂」の映像

「安魂」の写真

「安魂」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「安魂」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 中国 日本
製作年 2022
公開年月日 2022年1月15日
上映時間 108分
製作会社 河南電影電視製作集團=秉徳行遠影視傳媒(北京)=パル企画=大原神馬影視文化発展=浙江聚麗影視傳媒=北京易中道影視傳媒
配給 パル企画
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
音量 5.1ch
公式サイト https://ankon.pal-ep.com/
コピーライト (C)2021「安魂」製作委員会

「安魂」のみんなのレビュー

「安魂」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 1/25

円谷英二(1970)

ゴジラ 60周年記念 デジタルリマスター版

日本怪獣特撮映画の金字塔“ゴジラ”。その第1作目の公開から60年をむかえ、初回上映状態を再現することを目標に7ヵ月かけて制作されたデジタルリマスター版。4Kスキャンされたデータを元に、ソフトウェアおよび手作業による1コマ1コマのごみ取り処理がなされた。また音声も違和感が生じないよう細心の注意が払われたノイズ除去が行われている。監督は本多猪四郎。特技監督は円谷英二。出演は宝田明、河内桃子、平田昭彦、志村喬ほか。

ネオ・ウルトラQ 特別上映 part.II

1966年に放送された伝説のテレビドラマ『ウルトラQ』。その後の「ウルトラマンシリーズ」の礎となった作品。2013年、円谷プロダクション×WOWOWの共同製作による“セカンドシーズン”として全12話のまったく新しいドラマシリーズ『ネオ・ウルトラQ』が最新鋭4Kカメラを導入し、石井岳龍、中井庸友、入江悠、田口清隆ら4人の気鋭のクリエイターたちにより制作された。WOWOWでの放映に続き、2013年より順次、劇場公開される。 TV放映された全12話の内3話に加え、モノクロ作品であったオリジナルの『ウルトラQ』をハリウッドのデジタル技術でHDリマスター&カラー化した『総天然色ウルトラQ』から、選んだ一話を加えた計4話構成で上映。