ランナウェイ 18才の標的

らんなうぇいじゅうはっさいのひょうてき
上映日
1986年11月22日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

偶然のいたずらから犯罪に巻き込まれた少年の逃亡劇を、「タイトロープ」のリチャード・タッグル監督が描く。脚本はトニー・ケイドン、撮影はブルース・サーティーズ、音楽をスチュワート・コープランドが担当。出演はアンソニー・マイケル・ホール、ジェニー・ライトほか。

「ランナウェイ 18才の標的」のストーリー

ニューオーリンズから大型トレーナーに隠して運ばれてきたヘロインが、売人ガディス(ジェフ・コバー)に奪われた。その頃、アイオワの田舎で単調な日々を送るダリル(アンソニー・マイケル・ホール)は、両親が離婚したのを機に兄夫婦を頼ってロスにやって来る。飛行機の中でディズ(ジェニー・ライト)という少女と出会い、彼女の勤め先を教えてもらう。ロスの空港で、ガディスは百万ドル相当の麻薬の入ったスポーツバッグと間違い、ダリルのバッグを持っていってしまう。そして、麻薬入りバッグはそうとは知らないダリルの手に。間違いに気づいたガディスは後を追い、兄夫婦が無残に殺される。からくもダリルは脱出するが、警察から兄夫婦殺しの容疑をかけられ、追われるはめに。ダリルはディズに協力を求め、パンク・スタイルに変装して廃ビルに身を潜める。いつのまにか二人の間に、恋愛感情が芽生えようとしていた。しかしそこへガディスが現れ、絶体絶命のその時、ガディスを追っていたハートレー麻薬捜査官がかけつけて間一髪で助かった。しかしガディスは一瞬の隙をついて逃亡、メキシコへ高飛びしようとするところを、追ってきたダリルに撃たれるのだった。

「ランナウェイ 18才の標的」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ランナウェイ 18才の標的」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1986
公開年月日 1986年11月22日
製作会社 フライズ・エンターテイメント・プロ(コロムビア/デルファイVプロ)
配給 コロムビア映画
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「ランナウェイ 18才の標的」のみんなのレビュー

「ランナウェイ 18才の標的」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/15

カロリン・ダヴァーナス(1978)

エスケイプ

エイドリアン・ブロディが製作総指揮、主演を務めたシチュエーションスリラー。大破した車の中で目覚めた男。脚を挟まれて身動きが取れず、記憶も一切失くしてしまった彼が、かすかな手掛かりを頼りに自分の正体と事件の真相を解き明かしていく。【スタッフ&キャスト】製作総指揮:クレイ・エプスタイン 製作:カイル・マン 監督:マイケル・グリーンスパン 脚本:クリストファー・ドッド 製作総指揮・出演:エイドリアン・ブロディ 出演:カロリン・ダヴァーナス/ライアン・ロビンズ/エイドリアン・ホルムス

A TIME OF WAR

近代戦でもっとも過酷な戦場のひとつ“パッシェンデールの戦い”を描いた戦争アクション。フランスで傷を負いカルガリーへ戻って来たマイケル軍曹は、陸軍看護師・サラの弟が喘息持ちであることを隠して兵隊に志願したことを知り、再び戦場へ戻るが…。【スタッフ&キャスト】監督・脚本・出演:ポール・グロス 製作:フランシス・ダンバーガー 撮影:グレゴリー・ミドルトン 音楽:ヤン・A・P・カチュマレク 出演:カロリン・ダヴァーナス/ギル・ベローズ/ジョー・ディニコル/アダム・ハリントン
ニコラス・ハモンド(1950)

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド エクステンデッド・カット

レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットの初共演作となるクエンティン・タランティーノ監督の「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」に新しい4つのシーンを加えた10分拡大版。11月15日から2週間限定、全国4館で日本公開。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットが初共演を果たしたクエンティン・タランティーノ監督作。1969年に実際に起きた、カルト教祖チャールズ・マンソンとその信奉者たちによる女優シャロン・テート殺害事件を題材に、ハリウッド黄金時代の光と闇に迫る。シャロン・テートを「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」のマーゴット・ロビーが演じるほか、「Dear ダニー 君へのうた」のアル・パチーノ、「500ページの夢の束」のダコタ・ファニングが出演。

NEW今日命日の映画人 5/15

該当する人物がいません