また、あなたとブッククラブで

またあなたとぶっくくらぶで BOOK CLUB
上映日
2020年12月18日

製作国
アメリカ

上映時間
104分

ジャンル
ラブロマンス コメディ ドラマ

ここが見どころ

70~80年代にかけてアメリカ映画の礎を築き、今なお走り続ける4人の女優が共演するアンサンブルドラマ。妻として、母として、上司として、経営者としてそれぞれ自立した人生を謳歌してきた女性たち。40年以上にわたり読書会を開催し、交流を続けてきたが……。出演は「アニー・ホール」のダイアン・キートン、「帰郷」のジェーン・フォンダ、「ガンジー」のキャンディス・バーゲン、「メルビンとハワード」のメアリー・スティーンバージェン。ロバート・レッドフォードのワイルドウッド・エンタープライズで長年製作プロデューサーを務めてきたビル・ホルダーマンによる長編監督デビュー作。

「また、あなたとブッククラブで」のストーリー

40年連れ添った夫を亡くし、喪失感からまだ抜け出せない専業主婦ダイアン(ダイアン・キートン)。恋愛感情無しで複数の男性たちとの関係を楽しんでいる独身のホテルオーナー、ビビアン(ジェーン・フォンダ)。いまだに何十年も前の離婚のトラウマに苦しんでいる連邦判事シャロン(キャンディス・バーゲン)。35年を経た結婚生活の危機に直面しているオーナーシェフのキャロル(メアリー・スティーンバージェン)。そんな4人の親友たちは、それぞれのライフキャリアを築きながら、読書にいそしむ“ブッククラブ”を40年以上にわたって定期的に開催、交流を続けてきた。そして今回、お題本に選ばれたのはイギリスのベストセラー官能小説「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」。彼女たちはそのスキャンダラスかつ刺激的な1冊にたちまち感化され、悩ましい日常を忘れ、恋にロマンスに気持ちも行動も大胆になってゆく……。

「また、あなたとブッククラブで」の映像

「また、あなたとブッククラブで」の写真

「また、あなたとブッククラブで」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「また、あなたとブッククラブで」のスペック

基本情報
ジャンル ラブロマンス コメディ ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 2018
公開年月日 2020年12月18日
上映時間 104分
製作会社 Apartment Story=June Pictures=Endeavor Content
配給 キノフィルムズ(提供:木下グループ)
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
音量 5.1ch
公式サイト https://bookclub-movie.jp/
コピーライト (C)2018 BOOKCLUB FOR CATS, LLC ALL RIGHTS RESERVED

「また、あなたとブッククラブで」のみんなのレビュー

「また、あなたとブッククラブで」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/15

カロリン・ダヴァーナス(1978)

エスケイプ

エイドリアン・ブロディが製作総指揮、主演を務めたシチュエーションスリラー。大破した車の中で目覚めた男。脚を挟まれて身動きが取れず、記憶も一切失くしてしまった彼が、かすかな手掛かりを頼りに自分の正体と事件の真相を解き明かしていく。【スタッフ&キャスト】製作総指揮:クレイ・エプスタイン 製作:カイル・マン 監督:マイケル・グリーンスパン 脚本:クリストファー・ドッド 製作総指揮・出演:エイドリアン・ブロディ 出演:カロリン・ダヴァーナス/ライアン・ロビンズ/エイドリアン・ホルムス

A TIME OF WAR

近代戦でもっとも過酷な戦場のひとつ“パッシェンデールの戦い”を描いた戦争アクション。フランスで傷を負いカルガリーへ戻って来たマイケル軍曹は、陸軍看護師・サラの弟が喘息持ちであることを隠して兵隊に志願したことを知り、再び戦場へ戻るが…。【スタッフ&キャスト】監督・脚本・出演:ポール・グロス 製作:フランシス・ダンバーガー 撮影:グレゴリー・ミドルトン 音楽:ヤン・A・P・カチュマレク 出演:カロリン・ダヴァーナス/ギル・ベローズ/ジョー・ディニコル/アダム・ハリントン
ニコラス・ハモンド(1950)

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド エクステンデッド・カット

レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットの初共演作となるクエンティン・タランティーノ監督の「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」に新しい4つのシーンを加えた10分拡大版。11月15日から2週間限定、全国4館で日本公開。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットが初共演を果たしたクエンティン・タランティーノ監督作。1969年に実際に起きた、カルト教祖チャールズ・マンソンとその信奉者たちによる女優シャロン・テート殺害事件を題材に、ハリウッド黄金時代の光と闇に迫る。シャロン・テートを「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」のマーゴット・ロビーが演じるほか、「Dear ダニー 君へのうた」のアル・パチーノ、「500ページの夢の束」のダコタ・ファニングが出演。

NEW今日命日の映画人 5/15

該当する人物がいません


「また、あなたとブッククラブで」を観ているあなたにおすすめの映画