たぶん

たぶん
上映日
2020年11月13日

製作国
日本

上映時間
36分

ジャンル
ラブロマンス 青春 ドラマ

ここが見どころ

小説を音楽にするユニットYOASOBIの楽曲『たぶん』の原作となった、しなのによる同名恋愛小説を原案に映画化。同棲をしていたが気持ちのズレを感じ、別れを選んだ大学生カップルなど、3組の男女の別れと新しい一歩の物語を主題歌『たぶん』にのせて紡ぎ出す。出演は『魔進戦隊キラメイジャー』の木原瑠生、「アルプススタンドのはしの方」の小野莉奈。監督は「古都(2016)」のYukiSaito。

みんなのレビュー

「たぶん」のレビューを書く

「たぶん」のストーリー

<ササノとカノン〉ある日、カノン(小野莉奈)は、大きな物音で目覚める。別れたササノ(木原瑠生)が、部屋を整理しようと帰ってきたのだ。同棲を始めた頃には、私たちは変わらないと思っていたが、些細なことで少しずつズレを感じ、2人は別れを選んだのであった。大学はオンライン授業になり、就職活動を控えるなか、カノンは自分の将来を真剣に考え始めるが、ササノはいつまでも楽観的で……。〈川野と江口〉サッカー部の川野(寄川歌太)とマネージャーの江口(吉田美月喜)は、ビデオ通話中。本来は今頃、最後の大会を迎えているはずだったが、今年は自粛により中止となった。努力が報われないまま、憂鬱な受験の話をする2人。通話を切ると、川野はチームメイトからのLINEで、江口が東京へ引っ越すことを知る。3年間チームと自分を支えてくれていた江口のことを思い、気付けば川野は自転車で走り出していた……。〈クロとナリ〉彼氏であるクロ(糸川耀士郎)となかなか連絡が取れないインテリアデザイナーのナリ(めがね)は、居ても立っても居られず、直接クロの家を訪ねることに。インターホンを押すとクロが出迎えるが、玄関にはヒールの靴があった。アリサと名乗るその女性は編集の仕事をするクロの元同僚で、クロが貸していたDVDを返しにきたのだという。ナリは動揺を隠せず、その場で言い合いになってしまう……。

「たぶん」の映像

「たぶん」の写真

「たぶん」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「たぶん」のスペック

基本情報
ジャンル ラブロマンス 青春 ドラマ
製作国 日本
製作年 2020
公開年月日 2020年11月13日
上映時間 36分
製作会社 ソニー・ミュージックエンタテインメント(企画:ソニー・ミュージックエンタテインメント/製作プロダクション:and pictures)
配給 イオンエンターテイメント
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
公式サイト https://monogatary.com/tabun_movie/
コピーライト (C)ソニー・ミュージックエンタテインメント

「たぶん」のみんなのレビュー

「たぶん」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 11/27

ジャリール・ホワイト(1976)

キャメロット(1998)

英国で語り継がれてきた『アーサー王伝説』を、ひとりの少女を主人公に再現したドラマティック・アニメーション。ベラ・チャップマン著『The King's Damosel』をもとに、ワーナー・ブラザース・フィーチャー・アニメーションが製作する初の劇場用長編アニメ映画。原案はTVでも活躍するデイヴィッド・サイドラーとジャクリーン・フェザー。製作は「顔のない天使」のダリサ・クーパー・コーエン。音楽は「ハムレット」のパトリック・ドイルで、過去にグラミー賞を14回獲得しているデイヴィッド・フォスターが楽曲を提供。声の出演は「ジャックナイフ」のジェサリン・ギルシグ、「ツイスター」のケーリー・エルウェス、「フィフス・エレメント」のゲイリー・オールドマン、「トゥモロー・ネバー・ダイ」のピアース・ブロスナンほか。また、ケーリーの歌唱部分は「ザ・コミットメンツ」「エビータ」に出演したアンドレア・コーが、ギャレットの歌唱部分は数多くのプラチナ・ディスクを持つカントリー・ミュージックの大スター、ブライアン・ホワイトが担当した。
キャスリン・ビグロー(1951)

デトロイト

「ゼロ・ダーク・サーティ」のキャスリン・ビグローが、1967年暴動発生時のデトロイトで実際に起きた事件を映画化。暴動発生から2日目の夜、銃声の通報があったモーテルに警察が乗り込む。何人かの警官が捜査手順を無視し、宿泊客に不当な尋問を始める。出演は、「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」のジョン・ボイエガ、「レヴェナント 蘇えりし者」のウィル・ポールター、「トランスフォーマー ロストエイジ」のジャック・レイナー、「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」のアンソニー・マッキー。

カルテル・ランド

「ハート・ロッカー」の監督キャスリン・ビグローが製作総指揮を執ったドキュメンタリー。麻薬カルテルが蔓延るメキシコで、一人の外科医が市民による自警団を結成する。彼らはギャングたちを追い詰めていくが、やがて組織は思わぬ方向へ暴走する。2015年サンダンス映画祭ドキュメンタリー部門最優秀撮影賞・最優秀監督賞W受賞。第88回アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞ノミネート。

NEW今日命日の映画人 11/27

該当する人物がいません