ウルフウォーカー

うるふうぉーかー WOLFWALKERS
上映日
2020年10月30日

製作国
アイルランド ルクセンブルク

上映時間
103分

ジャンル
ファンタジー

ここが見どころ

過去三作がアカデミー賞候補になったカートゥーン・サルーンが、アイルランドの伝説を題材に作り上げたアニメーション。オオカミ退治のハンターを父に持つロビンは、人間とオオカミが一つの体に共存する“ウルフウォーカー”のメーヴと友だちになるが……。声の出演はNetflix「クリスマス・プリンス」のオナー・ニーフシー、「オデッセイ」のショーン・ビーン。監督は「ブレンダンとケルズの秘密」、「ソング・オブ・ザ・シー 海のうた」のトム・ムーアがロス・スチュワートと共同で務めた。

映画専門家レビュー

  • 映画評論家

    小野寺系

    カートゥーン・サルーンの、ケルト3部作完結篇にあたる。他の作品同様、シンプルなシナリオで伝説を描いているので、やや単調な印象を持ったし、今回はとくに分かりやすい悪役の登場によって勧善懲悪の価値観に収斂し過ぎてしまっている。多様性など現代的な問題がテーマとなっているが、同スタジオの「ブレッドウィナー」の方により切実さを感じた。とはいえ3DCG全盛の時代に、平面的な絵のレイヤーを幾重にも重ねることで新しい映像世界を作り上げているところは素晴らしい。

  • 映画評論家

    きさらぎ尚

    アニメを見るときテーマやストーリーに引けを取らないくらいに、CGIなどを含めた技術に関心がいき、高度な先端技術を駆使していればいるほど完成度が高いといつの間にか感じていた自分の錯覚を、この映画は気づかせる。色彩の美しさに細やかな描線が、人の呼吸に合う動きをしている。画面の中で美しい映像が躍動するファンタジー&アドベンチャーは、もちろん美しいだけに終わらない。特に後半、人の絆や自然と人間の関係など、いま大切にしたいことを優しい画面が語りかけてくる。

  • 映画監督、脚本家

    城定秀夫

    時にパースが歪むデフォルメされた絵柄は可愛らしさと不気味さが同居を果たし、動きが滅法リアルな鷹、カマボコみたいな愛くるしい羊、本作の主人公である狼と、動物がみな素晴らしく、物語もファンタジックな展開の中に親子愛や人間の傲慢さへの警鐘、勢いあるアクション等が美しく配置されており、アートと娯楽の両方面から完成度の高いアニメーションであることは間違いないが、野暮を承知で書くと人間VS狼の対立構造において映画が狼サイドに肩入れしすぎなのではないかとも。

「ウルフウォーカー」のストーリー

中世アイルランドの町キルケニー。ロビン(声:オナー・ニーフシー)は、イングランドからオオカミ退治のためにやって来たハンターのビル(声:ショーン・ビーン)を父に持つ少女。彼女は森で、人間とオオカミがひとつの体に共存する“ウルフウォーカー”のメーヴと友だちになる。メーヴは、魔法の力で傷を癒すヒーラーでもあった。そしてロビンは、メーヴとある約束を交わすが、それは図らずも父を窮地に陥れるものだった。それでも、ロビンは勇気を持って信じる道を進もうとするが……。

「ウルフウォーカー」の写真

「ウルフウォーカー」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ウルフウォーカー」のスペック

基本情報
ジャンル ファンタジー
製作国 アイルランド ルクセンブルク
製作年 2020
公開年月日 2020年10月30日
上映時間 103分
製作会社 Cartoon Saloon=Melusine Productions=Studio 352=Folivari
配給 チャイルド・フィルム
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
音量 ドルビーSRD
公式サイト https://child-film.com/wolfwalkers/
コピーライト (C) WolfWalkers 2020

「ウルフウォーカー」のみんなのレビュー

「ウルフウォーカー」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/15

カロリン・ダヴァーナス(1978)

エスケイプ

エイドリアン・ブロディが製作総指揮、主演を務めたシチュエーションスリラー。大破した車の中で目覚めた男。脚を挟まれて身動きが取れず、記憶も一切失くしてしまった彼が、かすかな手掛かりを頼りに自分の正体と事件の真相を解き明かしていく。【スタッフ&キャスト】製作総指揮:クレイ・エプスタイン 製作:カイル・マン 監督:マイケル・グリーンスパン 脚本:クリストファー・ドッド 製作総指揮・出演:エイドリアン・ブロディ 出演:カロリン・ダヴァーナス/ライアン・ロビンズ/エイドリアン・ホルムス

A TIME OF WAR

近代戦でもっとも過酷な戦場のひとつ“パッシェンデールの戦い”を描いた戦争アクション。フランスで傷を負いカルガリーへ戻って来たマイケル軍曹は、陸軍看護師・サラの弟が喘息持ちであることを隠して兵隊に志願したことを知り、再び戦場へ戻るが…。【スタッフ&キャスト】監督・脚本・出演:ポール・グロス 製作:フランシス・ダンバーガー 撮影:グレゴリー・ミドルトン 音楽:ヤン・A・P・カチュマレク 出演:カロリン・ダヴァーナス/ギル・ベローズ/ジョー・ディニコル/アダム・ハリントン
ニコラス・ハモンド(1950)

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド エクステンデッド・カット

レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットの初共演作となるクエンティン・タランティーノ監督の「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」に新しい4つのシーンを加えた10分拡大版。11月15日から2週間限定、全国4館で日本公開。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットが初共演を果たしたクエンティン・タランティーノ監督作。1969年に実際に起きた、カルト教祖チャールズ・マンソンとその信奉者たちによる女優シャロン・テート殺害事件を題材に、ハリウッド黄金時代の光と闇に迫る。シャロン・テートを「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」のマーゴット・ロビーが演じるほか、「Dear ダニー 君へのうた」のアル・パチーノ、「500ページの夢の束」のダコタ・ファニングが出演。

NEW今日命日の映画人 5/15

該当する人物がいません