ミッドナイトスワン

みっどないとすわん
上映日
2020年9月25日

製作国
日本

上映時間
124分

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「台風家族」の草彅剛がトランスジェンダー役に挑んだドラマ。新宿のショーパブでステージに立つ凪沙のもとに、広島の親戚の娘・一果が預けられる。社会の片隅に追いやられてきた凪沙と孤独の中で生きてきた一果が出会い、かつてなかった感情が芽生え始める。監督・脚本は、ドラマ『全裸監督』の内田英治。出演は、新人の服部樹咲、「グッドバイ 嘘からはじまる人生喜劇」の水川あさみ、「Fukushima 50」の田口トモロヲ、「娼年」の真飛聖。

「ミッドナイトスワン」のストーリー

新宿のショーパブ“スイートピー”で、メイクをしてステージ衣装を身に着けたトランスジェンダーの凪沙(草彅剛)が働いている。洋子ママ(田口トモロヲ)が、白鳥に扮した凪沙、瑞貴、キャンディ、アキナをステージに呼び込む。広島のアパートでは、泥酔した早織(水川あさみ)が住人に因縁をつけていた。娘・一果(服部樹咲)がなだめようとするが、早織は一果を激しく殴打する。凪沙が心身の葛藤を抱え生きてきたある日、故郷の広島から親戚の娘・一果が預けられる。凪沙は一果に子供は嫌いだと告げ、叔父だと思い訪ねてきた一果は凪沙の姿に戸惑いながら、二人の奇妙な生活が始まる。凪沙を中傷した同級生に一果がイスを投げつけたと、凪沙は学校から呼び出される。凪沙は一果に、学校で何をしてもいいが私に迷惑をかけないで、学校には絶対行かないと言う。一果はバレエ教室の前を通りかかり、バレエの先生・実花(真飛聖)に呼び止められる。後日レッスンに参加することになり、一果は月謝を払うために、凪沙に内緒で友人から薦められた違法なバイトをして警察に保護される。家庭環境を中傷された一果を凪沙は優しく慰める。やがて、一果のバレエの才能を知り、一果のために生きようと思った凪沙には「母になりたい」という感情が芽生えていた……。

「ミッドナイトスワン」の映像

「ミッドナイトスワン」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ミッドナイトスワン」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 2020
公開年月日 2020年9月25日
上映時間 124分
製作会社 CULEN(製作プロダクション:アットムービー)
配給 キノフィルムズ
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
公式サイト https://midnightswan-movie.com/
コピーライト (C)2020「MIDNIGHT SWAN」FILM PARTNERS

「ミッドナイトスワン」のみんなのレビュー

「ミッドナイトスワン」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 11/27

ジャリール・ホワイト(1976)

キャメロット(1998)

英国で語り継がれてきた『アーサー王伝説』を、ひとりの少女を主人公に再現したドラマティック・アニメーション。ベラ・チャップマン著『The King's Damosel』をもとに、ワーナー・ブラザース・フィーチャー・アニメーションが製作する初の劇場用長編アニメ映画。原案はTVでも活躍するデイヴィッド・サイドラーとジャクリーン・フェザー。製作は「顔のない天使」のダリサ・クーパー・コーエン。音楽は「ハムレット」のパトリック・ドイルで、過去にグラミー賞を14回獲得しているデイヴィッド・フォスターが楽曲を提供。声の出演は「ジャックナイフ」のジェサリン・ギルシグ、「ツイスター」のケーリー・エルウェス、「フィフス・エレメント」のゲイリー・オールドマン、「トゥモロー・ネバー・ダイ」のピアース・ブロスナンほか。また、ケーリーの歌唱部分は「ザ・コミットメンツ」「エビータ」に出演したアンドレア・コーが、ギャレットの歌唱部分は数多くのプラチナ・ディスクを持つカントリー・ミュージックの大スター、ブライアン・ホワイトが担当した。
キャスリン・ビグロー(1951)

デトロイト

「ゼロ・ダーク・サーティ」のキャスリン・ビグローが、1967年暴動発生時のデトロイトで実際に起きた事件を映画化。暴動発生から2日目の夜、銃声の通報があったモーテルに警察が乗り込む。何人かの警官が捜査手順を無視し、宿泊客に不当な尋問を始める。出演は、「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」のジョン・ボイエガ、「レヴェナント 蘇えりし者」のウィル・ポールター、「トランスフォーマー ロストエイジ」のジャック・レイナー、「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」のアンソニー・マッキー。

カルテル・ランド

「ハート・ロッカー」の監督キャスリン・ビグローが製作総指揮を執ったドキュメンタリー。麻薬カルテルが蔓延るメキシコで、一人の外科医が市民による自警団を結成する。彼らはギャングたちを追い詰めていくが、やがて組織は思わぬ方向へ暴走する。2015年サンダンス映画祭ドキュメンタリー部門最優秀撮影賞・最優秀監督賞W受賞。第88回アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞ノミネート。

NEW今日命日の映画人 11/27

該当する人物がいません