• TOP
  • 宇宙の7人

宇宙の7人

うちゅうのしちにん
上映日
1981-04-04

製作国
アメリカ

ジャンル
SF

ここが見どころ

宇宙の平和を守るために悪の星の支配者に立ちむかう7人の勇士たちの活躍を描くSF映画。製作総指揮はロジャー・コーマン、製作はエド・カーリン、監督はこれが第1作のジミー・T・ムラカミ。黒澤明の「七人の侍」を基にしたジョン・セイルズとアン・ダイアの原案を基にジョン・セイルズが脚色。撮影はジョージ・ドッジ。音楽はジェームズ・ホーナーが各々担当。出演はリチャード・トーマス、ロバート・ボーン、ジョン・サクソン、ジョージ・ペパード、ダーレーン・フリューゲル、シビル・ダニングなど。
宇宙の平和を守るために悪の星の支配者に立ちむかう7人の勇士たちの活躍を描くSF映画。製作総指揮はロジャー・コーマン、製作はエド・カーリン、監督はこれが第1作のジミー・T・ムラカミ。黒澤明の「七人の侍」を基にしたジョン・セイルズとアン・ダイアの原案を基にジョン・セイルズが脚色。撮影はジョージ・ドッジ。音楽はジェームズ・ホーナーが各々担当。出演はリチャード・トーマス、ロバート・ボーン、ジョン・サクソン、ジョージ・ペパード、ダーレーン・フリューゲル、シビル・ダニングなど。

「宇宙の7人」のストーリー

平和共存を願って武器をいっさいもたぬ人々が住む惑星アキールに魔の手が忍びよっていた。近接する星を次々に襲って我がものにする征服者セイドア(ジョン・サクソン)が、ステラー・コンバーターと呼ばれる強力な武器を持ってアキールを壊滅すると予告してきたのだ。慌てたアキールの人々は、服従か決戦かの協議の末、戦いを選び、戦いに協力してくれる勇者たちを外部から探し出すことにする。その使者に選ばれた若者シャド(リチャード・トーマス)は、老朽宇宙船ネロで特命の旅に出発した。彼はまず、老科学者のステーションを訪ねるが、そこで、その娘ナネリア(ダーレーン・フリューゲル)と出会う。彼女はコンピューターのスペシャリストで美しく頭脳明晰な才女だ。旅立つシャドを慕って追うナネリア。次の地で、ハイジャッカーに襲われていた貨物運搬船を救ったシャドは、その船の操繰士、カウボーイ(ジョージ・ペパード)から武器を提供され、セイドアとの戦いに参加させてくれとたのまれる。さらにトカゲ頭の傭兵ケイマン、3つ目のクローン人、ネストール、無法地帯の惑星ナスコルトに隠れていたおたずね者ゲルト(ロバート・ボーン)、戦争好きな惑星バルキリに生れ育った美人の女戦士セント・エクスミン(シビル・ダニング)らが加わり、全部で7人の戦士たちがアキールへとたどりつく。以前、自分の惑星がセイドアによって破壊され、その恐ろしさを知っているケイマンから、セイドアが犠牲者たちの手足や器管を老いていく自分のものと取り変え不滅の生命を保っていることを知るシャドたち。戦いの準備は着々と進み、ナネリアがコンピューターを使って、セイドアの弱味をはじきだす。彼の宇宙戦闘艦が武器ステラー・コンバーターを作戦させる寸前、つまり力場を下げるその瞬間を狙えば勝てるというのだ。この小さな星のただならぬ気配に憤慨したセイドアは、その戦闘艦の目標をアキールに向けた。こうして広大な宇宙空間を舞台にいよいよ壮烈な戦闘が開始された。そして、ゲルト、エクスミン、ネストールなどの犠牲を出しながらも遂にセイドアを倒し、宇宙の平和をとり戻すのだった。

「宇宙の7人」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「宇宙の7人」のスペック

基本情報
ジャンル SF
製作国 アメリカ
製作年 1980
公開年月日 1981-04-04
製作会社 オライオン/ニューワールド作品
配給 ワーナー・ブラザース
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「宇宙の7人」のみんなのレビュー

「宇宙の7人」のレビューを書く