大海原のソングライン

おおうなばらのそんぐらいん SMALL ISLAND BIG SONG
上映日
2020年8月1日

製作国
オーストラリア 台湾

上映時間
79分

ここが見どころ

16の島国に残る伝統的な音楽とパフォーマンスを記録した音楽ドキュメンタリー。はるか昔、数千年に渡り大海原を行き、島々に音楽を残した船乗りたちの航路を追跡。かつて同じ言葉や音楽でつながっていた島々の歌を再び集結させ、壮大なアンサンブルを奏でる。本作に先駆け発売された音楽アルバム『Small Island Big Song』は、2019年イギリスSonglines Music Awardsアジア・太平洋部門最優秀アルバム賞、2019年ドイツレコード批評家賞 Award of the German Record Critics年度最優秀アルバムなどを受賞。2019年沖縄国際映画祭『桜坂映画大学』にてワールドプレミア(上映タイトル「スモールアイランド・ビッグソング 小島大歌」)。2020年5月下旬公開より延期。

「大海原のソングライン」のストーリー

5千年前、太平洋を渡る人々がいた。数千年に渡り大海原を攻略、地球の半分を覆う島々に辿り着いた彼らは、その先々で音楽を残しながら交流していった。その勇敢な船乗りたちの子孫は今では4億人にまで増えたという。音楽プロデューサーでもある監督のティム・コールとプロデューサーのバオバオ・チェンは 3年間に渡りその航路を追跡。台湾、オーストラリア、ニュージーランド、マレーシア、さらに太平洋の向こう側に位置するマダカスカル、そしてイースター島に至るまで実に 16の島国に残る伝統的な音楽やパフォーマンスを記録した。オーストラリアの先住民には古来より受け継がれてきた、ソングラインという思想・信仰がある。数珠つなぎに様々な歌が重なり合う独特の手法で、生活の中で動植物や岩、湖などを歌い世界を表現していく。本作はそのソングラインという思想に基づき、かつて同じ言葉や音楽で繋がっていた島々の歌をもう一度集結させる壮大な音楽プロジェクトである。

「大海原のソングライン」の映像

「大海原のソングライン」の写真

「大海原のソングライン」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「大海原のソングライン」のスペック

基本情報
製作国 オーストラリア 台湾
製作年 2019
公開年月日 2020年8月1日
上映時間 79分
製作会社 Small Island Big Song Pty, Ltd.=小島大歌影音工作室
配給 ムーリンプロダクション
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
音量 5.1ch
公式サイト http://moolin-production.co.jp/songline/
コピーライト (C)Small Island Big Song

「大海原のソングライン」のみんなのレビュー

「大海原のソングライン」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/13

キャンディス・アッコラ(1987)

デッドガール(2008)

学生たちが、廃墟となった病院に裸のまま繋がれていたいくら嬲っても死なない女に、凌辱を加える猟奇的なスリラー。2008年トロント国際映画祭などの映画祭で上映され、あまりにも異常な狂気が物議を醸した。監督は「チャーリー 世界一かわいい犬と僕が伝えたいこと」(未)のマルセル・サーミエント。さえない学生を「赤ずきん」のシャイロー・フェルナンデスが、さえない学生が思いを寄せる女子を「オン・ザ・ドール」(未)のキャンディス・アッコラが、何をされても死なない女を本作が映画デビュー作となったジェニー・スペインが、女が死なないのをいいことに好き放題し次第に狂気に陥っていく友人を「LOOPER/ルーパー」のノア・セガンが演じる。
シオバン・ファロン(1961)

ホワッツ・イン・ザ・シェッド

「ブラッドナイト」のフランク・サバテラ監督によるホラー。スタンの家にある小屋から怪しげな声が聞こえてくるようになり、不審者を追い出そうと小屋の中に入った者が次々に八つ裂きに。友人のドマーは、これで嫌な奴らに仕返しができると言い出すが……。出演は「X-DAY 黙示録」のジェイ・ジェイ・ウォーレンほか。特集『未体験ゾーンの映画たち2021』にて上映。

ハウス・ジャック・ビルト

第71回カンヌ国際映画祭に出品され、過激な描写で物議を醸したラース・フォン・トリアーの問題作。1970年代のワシントン州。建築家を志す独身の技師ジャックは、ある出来事をきっかけに、アートを創作するかのように、殺人に没頭するようになる……。出演は「マイ・ライフ・メモリー」のマット・ディロン、「エレニの帰郷」のブルーノ・ガンツ、「ニンフォマニアック Vol.1」のユマ・サーマン。

NEW今日命日の映画人 5/13

ドリス・デイ(2019)

ニューヨークの大停電

クロード・マグニアの舞台劇を、この映画製作者で「マーメイド作戦」のエヴェレット・フリーマンと「ベン・ハー(1959)」のカール・タンバーグが脚色、「恐怖の蝋人形」のハイ・アヴァーバックが監督したコメディ。撮影は「レッド・リバーのガンマン」のエルスワース・フレデリックスのニューヨーク・ロケ、音楽は「卒業」のデーヴ・グルーシンが担当した。出演は「おしゃれスパイ危機連発」のドリス・デイ、「プレイラブ48章」のロバート・モース、「大進撃」のテリー・トーマス、「アルバレス・ケリー」のパトリック・オニールほか。製作は、脚本担当のエヴェレット・フリーマンとマーティン・メルチャー。

おしゃれスパイ危機連発

「独身アパート」のフランク・タシュリンとジェイ・ジェイソンが脚本を書き、タシュリンが監督したコメディ。撮影は「華麗なる激情」のレオン・シャムロイ、音楽は「飛べ! フェニックス」のフランク・デヴォールが担当した。出演は「ただいま熱愛中」のドリス・デイ、「ハワイ」のリチャード・ハリス、「ねえ!キスしてよ」のレイ・ウォルストン、「アパートの鍵貸します」のジャック・クラシェンほか。製作はアーロン・ローゼンバーグとマーティン・メルチャー。