今日から俺は!!劇場版

きょうからおれはげきじょうばん
上映日
2020年7月17日

製作国
日本

上映時間
114分

ジャンル
コメディ 青春

ここが見どころ

80年代の人気ギャグマンガを原作にしたテレビドラマの劇場版。数々の強敵を撃退してきた軟葉高校のツッパリコンビ、三橋貴志と伊藤真司も、ついに三年生。そんな2人の前に、極悪と名高い北根壊高校の番長・柳鋭次が現れ、新たな騒動が巻き起こる……。出演は「AI崩壊」の賀来賢人、「惡の華」の伊藤健太郎。「泣くな赤鬼」の柳楽優弥、「SUNNY 強い気持ち・強い愛」の山本舞香が劇場版で新加入。監督は「ヲタクに恋は難しい」の福田雄一。

「今日から俺は!!劇場版」のストーリー

時は1980年代。転校を機に髪を金色に染め、つっぱりデビューした軟葉高校二年生の三橋貴志(賀来賢人)は、持ち前の運動神経とねじ曲がった性格で、たちまち周囲の不良たちから目を付けられることに。それでも、同じ日に転校してきたトゲトゲ頭の伊藤真司(伊藤健太郎)とコンビを結成。次々に現れる強敵を返り討ちにする日々が始まる。だが、友だち以上、恋人未満の赤坂理子(清野菜名)、伊藤とラブラブな早川京子(橋本環奈)たちとのラブコメ的青春を謳歌したいのに、寄ってくるのはワルばかり……。そんな毎日を送ってきた三橋が三年生になったある日、かつて2人が壮絶な戦いを繰り広げた不良の巣窟・開久高校の一角を、隣町の北根壊高校が間借りすることに。極悪高校と名高い北根壊の番長・柳鋭次(柳楽優弥)と大嶽重弘(栄信)の2人は、智司(鈴木伸之)と相良(磯村勇斗)という圧倒的な“頭”を失った開久の生徒に対して、妙な商売を始める。一方、怪しいスケバン・涼子(山本舞香)が、今井(仲野太賀)に近づいてきて……。やがて、史上最大最凶の波乱が幕を開ける……。

「今日から俺は!!劇場版」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「今日から俺は!!劇場版」のスペック

基本情報
ジャンル コメディ 青春
製作国 日本
製作年 2020
公開年月日 2020年7月17日
上映時間 114分
製作会社 「今日から俺は!!劇場版」製作委員会(日本テレビ放送網=東宝=小学館=バップ=読売テレビ放送=アミューズ=aoao=日テレ=アックスオン=CREDEUS=STV=MMT=SDT=CTV=HTV=FBS=日本テレビ系全国21社)(製作幹事:日本テレビ放送網/制作プロダクション:日テレ=アックスオン/制作協力:CREDEUS)
配給 東宝
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
公式サイト https://kyouore-movie.jp/
コピーライト (C)2020「今日から俺は!!劇場版」製作委員会

「今日から俺は!!劇場版」のみんなのレビュー

「今日から俺は!!劇場版」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/15

カロリン・ダヴァーナス(1978)

エスケイプ

エイドリアン・ブロディが製作総指揮、主演を務めたシチュエーションスリラー。大破した車の中で目覚めた男。脚を挟まれて身動きが取れず、記憶も一切失くしてしまった彼が、かすかな手掛かりを頼りに自分の正体と事件の真相を解き明かしていく。【スタッフ&キャスト】製作総指揮:クレイ・エプスタイン 製作:カイル・マン 監督:マイケル・グリーンスパン 脚本:クリストファー・ドッド 製作総指揮・出演:エイドリアン・ブロディ 出演:カロリン・ダヴァーナス/ライアン・ロビンズ/エイドリアン・ホルムス

A TIME OF WAR

近代戦でもっとも過酷な戦場のひとつ“パッシェンデールの戦い”を描いた戦争アクション。フランスで傷を負いカルガリーへ戻って来たマイケル軍曹は、陸軍看護師・サラの弟が喘息持ちであることを隠して兵隊に志願したことを知り、再び戦場へ戻るが…。【スタッフ&キャスト】監督・脚本・出演:ポール・グロス 製作:フランシス・ダンバーガー 撮影:グレゴリー・ミドルトン 音楽:ヤン・A・P・カチュマレク 出演:カロリン・ダヴァーナス/ギル・ベローズ/ジョー・ディニコル/アダム・ハリントン
ニコラス・ハモンド(1950)

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド エクステンデッド・カット

レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットの初共演作となるクエンティン・タランティーノ監督の「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」に新しい4つのシーンを加えた10分拡大版。11月15日から2週間限定、全国4館で日本公開。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットが初共演を果たしたクエンティン・タランティーノ監督作。1969年に実際に起きた、カルト教祖チャールズ・マンソンとその信奉者たちによる女優シャロン・テート殺害事件を題材に、ハリウッド黄金時代の光と闇に迫る。シャロン・テートを「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」のマーゴット・ロビーが演じるほか、「Dear ダニー 君へのうた」のアル・パチーノ、「500ページの夢の束」のダコタ・ファニングが出演。

NEW今日命日の映画人 5/15

該当する人物がいません