映画 えんとつ町のプペル

えいがえんとつまちのぷぺる
上映日
2020年12月25日

製作国
日本

上映時間
100分

ジャンル
ファンタジー
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

お笑いコンビ・キングコングの西野亮廣がプロデュースした人気絵本をアニメ化。えんとつ町はいつも厚い煙に覆われ、人々は空を見あげることを忘れていた。父の教えを守り星の存在を信じる少年ルビッチは、ゴミから生まれたプペルと共に星を見つける旅に出る。監督は、「ベルセルク 黄金時代篇」などにCGI監督として参加、「ハーモニー」では演出も務めた廣田裕介。原作者の西野亮廣は本作の製作総指揮・脚本も手がける。大冒険へと旅立つプペルとルビッチの声を、「初恋」の窪田正孝と「星の子」の芦田愛菜が担当する。

みんなのレビュー

  • EIGA FAN

    2020年12月22日に投稿
    87
    • 感動的な
    • 考えさせられる

    ネタバレ

「映画 えんとつ町のプペル」のストーリー

えんとつ町は厚い煙に覆われており、煙の向こうに星があるなど誰も想像すらせず、空を見上げることは禁じられている。ただ一人、ブルーノ(声:立川志の輔)だけは紙芝居に託して星を語っていた。しかし一年前にブルーノは突然姿を消し、人々は海の怪物に食べられてしまったと噂。ブルーノの息子・ルビッチ(声:芦田愛菜)は学校を辞めてえんとつ掃除屋として家計を助け、父の教えを守り星の存在を信じ続けた。町の皆はルビッチを嘘つきと言って後ろ指をさし、ルビッチはひとりぼっちになってしまう。そんなハロウィンの夜に奇跡が起こり、彼の前にゴミから生まれたゴミ人間・プペル(声:窪田正孝)が現れ、のけもの同士である二人は友達となる。ある日、巨大なゴミの怪物が海から浮かび上がる。それは父の紙芝居に出てきた、閉ざされたこの世界には存在しないはずの船だった。父の話に確信を得たルビッチは、プペルと共に星を見つけに行くことを決意。この町の治安を守る異端審問官は二人の計画を阻止しようと立ちはだかるが、それでも二人は父を信じ、互いを信じあい、飛び出していく。

「映画 えんとつ町のプペル」の映像

「映画 えんとつ町のプペル」の写真

「映画 えんとつ町のプペル」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「映画 えんとつ町のプペル」のスペック

基本情報
ジャンル ファンタジー
製作国 日本
製作年 2020
公開年月日 2020年12月25日
上映時間 100分
製作会社 吉本興業(アニメーション制作:STUDIO4℃)
配給 東宝=吉本興業
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
公式サイト https://poupelle.com/
コピーライト (C)Akihiro Nishino/Yoshimoto Kogyo Co., Ltd.

「映画 えんとつ町のプペル」のみんなのレビュー

  • EIGA FAN

    2020年12月22日に投稿
    87
    • 感動的な
    • 考えさせられる

    ネタバレ


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/14

ピーター・カパルディ(1958)

パディントン

世界40ヶ国語以上に翻訳される英作家マイケル・ボンドのロングセラー児童小説シリーズ、初の実写映画化。南米ペルーの奥地からイギリスのロンドンへやってきた紳士的なくまのパディントンの冒険をCGIやアニマトロニクスを用い描く。監督はコメディドラマ『マイティ・ブーシュ』を手がけたポール・キング。脚本には「Mr.ビーン カンヌで大迷惑?!」のハーミッシュ・マッコールも参加している。パディントンの声を「007 スカイフォール」のベン・ウィショーが担当。ほか、「めぐりあう時間たち」のニコール・キッドマンがパディントンを狙う謎の女を演じる。

赤ずきんの森(2006)

暗く広大な森で少女が体験した怪奇と幻想を描くメルヘンスリラー。16歳で出産し、周囲の大人たちに子供を取り上げられてしまったケリーは、友人と出掛けた森で大木に抱かれる赤ちゃんを見つけ出す。“マクザム バリュー・コレクション 第三弾”。【スタッフ&キャスト】監督・脚本:クレイグ・スタラチェン 製作:ロス・ボーランド 編集:コリン・モニー スペシャルエフェクツ:ボブ・キーン 出演:マーティン・コンプストン/ピーター・カパルディ/サマンサ・シールズ/ケヴィン・クイン
ジーナ・マッキー(1961)

ファントム・スレッド

「リンカーン」などで3度のアカデミー賞主演男優賞に輝いたダニエル・デイ・=ルイス主演のラブストーリー。1950年代のロンドン。ファッションの中心的存在として脚光を浴びるオートクチュールの仕立屋レイノルズは、若いウェイトレス、アルマと出会う。監督・脚本は、「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」のポール・トーマス・アンダーソン。出演は、「マルクス・エンゲルス」のヴィッキー・クリープス、「ターナー、光に愛を求めて」のレスリー・マンヴィル。音楽は、「インヒアレント・ヴァイス」のジョニー・グリーンウッド。第75回ゴールデングローブ賞2部門ノミネート。第90回アカデミー賞で作品賞を含む6部門にノミネートされ、衣装デザイン賞を受賞。

ジミーとジョルジュ 心の欠片を探して

「クリスマス・ストーリー」のアルノー・デプレシャンが、実話を基にアメリカで撮影したヒューマンドラマ。心に傷を負ったネイティブアメリカンとフランス人精神分析医の親交が導く静かな奇跡を描く。出演は「チェ 28歳の革命」「チェ 39歳別れの手紙」のベニチオ・デル・トロ、「さすらいの女神(ディーバ)たち」のマチュー・アマルリック、「ひかりのまち」のジーナ・マッキー。

NEW今日命日の映画人 4/14

該当する人物がいません