ムルゲ王朝の怪物

むるげおうちょうのかいぶつ MONSTRUM
上映日
2020年3月13日

製作国
韓国

上映時間
105分

ジャンル
アクション 冒険 歴史劇 サスペンス・ミステリー ドラマ
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

16世紀の朝鮮王朝を舞台にした時代劇アクション。中宗22年、朝鮮は疫病が蔓延し、物怪(ムルゲ)という生き物の噂で民衆は混乱に陥っていた。そんななか、自身の失権を狙う陰謀を察知した王は、かつて政争で追放された最強の武人ユン・ギョムを呼び戻す。出演は、ドラマ『白い巨塔』のキム・ミョンミン、「パラサイト 半地下の家族」のチェ・ウシク、ドラマ『恋のスケッチ~応答せよ1988~』のイ・ヘリ、「ホワイトバッジ」のイ・ギョンヨン。監督は、「奴が嘲笑う」のホ・ジョンホ。

映画専門家レビュー

  • 映画評論家

    ヴィヴィアン佐藤

    巨大な怪物といえば「ジョーズ」や「ゴジラ」が古典だ。前者は出現させない恐怖を、後者は出現する畏怖を表した。このムルゲはその時代の暴君が生んだもので、著しく姿を現すので後者のタイプとなる。巨大ではあるが宮殿内を暴れまわる姿は、大きさを感じさせず、どちらかといえばケージに入った可愛いペットさながら。むしろよく飼い慣らされているようにさえ見える。映画とは視覚芸術であるが、いかに視覚化されないものを現出させるか。その意味では感心できなかった。

  • 映画評論家

    藤木TDC

    古装時代劇に権力闘争の具現として怪物を登場させる設定は宮部みゆきの小説『荒神』や映画「ジェヴォーダンの獣」に似るも、めまぐるしい剣戟をふんだんに挿入し純粋にエンタメを追求した点に独自性がある。中盤から出ずっぱりで暴れ回る怪獣……というより巨獣は筋肉質タイプでCG製のハイスピードな動き。私の趣味からすれば着ぐるみの脂肪質怪獣がノロノロ動くほうが燃えるのだが、女優もかわゆいオタク好みのキャラだしモンスター映画好き男性観客には満足できる出来だろう。

  • 映画評論家

    真魚八重子

    韓国の王朝時代劇は妖艶な雰囲気もあってなかなか当たりが多いのだが、本作は凡庸な物語に終始してしまっている。朝鮮王朝怪奇ネタで、ネットフリックスの『キングダム』のような秀逸な近作もあるだけに、この作品は権力争いの構図に個性がなく、モンスターの造形の魅力のなさも見劣りしてしまう。怪物の発生理由は霊的で良い着眼点だし、アクションも力が入っているが、登場人物がいささか記号的で、ほっこりした展開に持っていく突き抜けなさが予定調和を感じさせる。

みんなのレビュー

  • akoanachronism

    2020年8月24日に投稿
    90
    • 手に汗握る
    • 怖い
    • 重厚感のある
    • かっこいい

    ネタバレ

「ムルゲ王朝の怪物」のストーリー

中宗22年(1527年)、朝鮮は国中に疫病が蔓延していた。そんななか、宮廷の背後にそびえる仁王山に“物怪(ムルゲ)”が現れるという噂が流れる。ムルゲと遭遇すると、たとえ逃げおおせたとしても疫病にかかり、悲惨な死を迎えるという。民衆が恐怖と混乱に陥るのに乗じて、11代中宗王(パク・ヒスン)を失権させようという計略が密かに動き出す。陰謀を察知した王は、民衆の不安と朝廷の危機を一掃するため、かつて政争により朝廷から追放された朝鮮国最強の武人ユン・ギョム(キム・ミョンミン)を呼び戻す。ユン・ギョムは力を失いつつある王と疫病に苦しむ民衆を救うため、長年の同僚であったソン・ハン(キム・イングォン)、ずば抜けた弓矢の腕前と医術の知識を持つ愛娘ミョン(イ・ヘリ)、ミョンに恋心を抱く優秀なホ宣伝官(チェ・ウシク)とともに、ムルゲの棲む仁王山へ向かうが……。

「ムルゲ王朝の怪物」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ムルゲ王朝の怪物」のスペック

基本情報
ジャンル アクション 冒険 歴史劇 サスペンス・ミステリー ドラマ
製作国 韓国
製作年 2018
公開年月日 2020年3月13日
上映時間 105分
配給 インターフィルム(配給協力:アーク・フィルムズ)
レイティング PG-12
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
音量 5.1ch
公式サイト https://muruge.com/
コピーライト (C)2018 CINEGURU KIDARIENT & TAEWON ENTERTAINMENT.All Rights Reserved.

「ムルゲ王朝の怪物」のみんなのレビュー

  • akoanachronism

    2020年8月24日に投稿
    90
    • 手に汗握る
    • 怖い
    • 重厚感のある
    • かっこいい

    ネタバレ


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/13

ロン・パールマン(1950)

モンスターハンター

日本発の大ヒットゲームを「バイオハザード」シリーズのポール・W・S・アンダーソン監督×ミラ・ジョヴォヴィッチ主演で実写化。砂漠で偵察中のアルテミス率いる特殊部隊は、超巨大な砂嵐に遭遇。目を覚ますとそこは、我々の世界とは全く異なる別の世界だった。共演は「ワイルド・スピード SKY MISSION」のトニー・ジャー、「アントマン」シリーズのティップ・“T.I.”・ハリス、「50回目のファーストキス」の山崎紘菜。

グレート・ウォー

「ヘルボーイ」シリーズのロン・パールマンらが出演、第一次大戦末期を舞台にした戦争アクション。ウィリアム・リバース中尉らは敵陣にて行方不明となったアフリカ系アメリカ人兵士たちの小隊を救助すべく、人種の壁を越え、最後の最後まで戦い抜こうとする。監督は、「米軍極秘部隊ウォー・ピッグス」などに出演、「バルジ・ソルジャーズ」ではメガホンを取ったスティーヴン・ルーク。特集『未体験ゾーンの映画たち2020』にて上映。
リッキー・シュローダー(1970)

クリムゾン・タイド

米軍原子力潜水艦を舞台に、全面核戦争の危機を巡って対立する男たちのドラマを描いた、骨太のポリティカル・サスペンス。監督は「トゥルー・ロマンス」のトニー・スコット。「カラーズ 天使の消えた街」のマイケル・シーファーとリチャード・P・ヘンリックの原案を、シーファーが脚色。製作は「フラッシュダンス」「ビバリーヒルズ・コップ」などのヒットメーカー・コンビ、ドン・シンプソンとジェリー・ブラックハイマー。撮影は「クロウ 飛翔伝説」「蜘蛛女」のダリウス・ウォルスキー、音楽は「ライオン・キング」「勇気あるもの」のハンス・ジマー、美術はマイケル・ホワイト、SFXはドリーム・クエスト・イメージズが担当。主演は「フィラデルフィア」のデンゼル・ワシントンと「ワイアット・アープ」のジーン・ハックマン。「氷の微笑」のジョージ・ズンザ、「カリートの道」のヴィゴ・モーテンセン、「ア・フュー・グッドメン」のマット・クレイヴン、「ターミナル・ベロシティ」のジェームズ・ギャンドルフィーニらが脇を固める。また、「トゥルー・ロマンス」のクエンティン・タランティーノが脚本に参加し、ジェイソン・ロバーズがラストシーンに特別出演している(共にノー・クレジット)。

チャンプ(1979)

元ボクシング・チャンピオンの父親とその父が再び栄光の座に戻る日を信じている息子と、別れた妻の3人が織りなす愛を描く。製作はダイソン・ロべル、監督は「ブラザー・サン、シスター・ムーン」のフランコ・ゼフィレッリ。フランセス・マリオンの原作を基にウォルター・ニューマンが脚色。撮影はフレッド・コーネカンプ、音楽はデイブ・グルーシン、編集はマイケル・J・シェリダン、製作デザインはハーマン・A・ブルメンタル、衣裳はセオニ・V・アルドレッジが各々担当。出演はジョン・ボイト、フェイ・ダナウェイ、リッキー・シュローダー、ジャック・ウォーデン、アーサー・ヒル、ストローザー・マーティン、ジョーン・ブロンデルなど。

NEW今日命日の映画人 4/13

該当する人物がいません


「ムルゲ王朝の怪物」を観ているあなたにおすすめの映画