宇宙征服

うちゅうせいふく Conquest of Space
上映日
1955年7月22日

製作国
アメリカ

上映時間
81分

ジャンル
SF

ここが見どころ

「魔術の恋」のジョージ・パルが1955年に製作した空想科学映画 。チェズリー・ボーンステルとウィリー・リーの原作より「折れた槍」のフィリップ・ヨーダン、「宇宙戦争」のバリー・リンドン、「船乗りシンドバッド」のジョージ・ワーシング・イエーツが脚色、ジェームズ・オハンロンが脚本化したものを「ターザンの危機」のバイロン・ハスキンが監督した。テクニカラー色彩の撮影は「楽しき我が家」のライオネル・リンドン、音楽はヴァン・クリーヴである。出演者はいずれも無名の新人たちで、ウォルター・ブルック、エリック・フレミング、ミッキー・ショーネシー、フィル・フォスターなど。

「宇宙征服」のストーリー

時は未来。場所は地球から1100マイル上空の宇宙旅行中継所。これは人類がつくった地球の衛星である。すでに1年にわたってサミュエル・メリット大佐(ウォルター・ブルック)以下の特にえらばれたアメリカ陸軍将兵が、この中継所で月世界旅行のため、宇宙船の運送に従事していた。月世界行きのため特別の訓練をうけている6人の兵はマホニー軍曹の監督下におかれていた。ジョージ・フェントン博士が地球からロケットで来て、メリット大佐が少将に進級したこと、月世界行きが火星旅行に変更されたことを知らせた。大佐とその息子のバーニー以下、シーグル、井本、フォダーが火星行きロケットに乗り組むことになった。その夜、地球からテレビの特別放送があり、シーグルの恋人ロージー、バーニーの新妻リンダ、フォダーの母ハインツがテレビを通して送別の言葉をのべた。翌日、ロケットは出発した。マホニーがひそかに乗り込んでいてメリットを怒らせたが、もう帰らせるわけに行かなかった。飛行をつづけるうち、メリットは精神に異常を来し、自分たちは神の領域を侵そうとしていると口走るようになった。フォダーがロケット外に出てアンテナ修理中、小遊星に当たって死んでから、メリットはますます神の怒りを口にするようになった。数日後、ロケットは火星に着いた。バーニーたちが機外にいる間に、メリットが貯水タンクの栓を開けてしまった。バーニーはピストルを乱射するメリットに躍りかかって取り抑えたが、その時のもつれでメリットはピストルの弾をうけて命を失った。一同はメリットを葬り、研究資料探索の数カ月をすごしたのち帰路につくことになった。当日、地震がおこってロケットが傾いてしまったが、バーニーの機転で機は正常の位置にもどり、無事に火星を出発することができた。

「宇宙征服」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「宇宙征服」のスペック

基本情報
ジャンル SF
製作国 アメリカ
製作年 1955
公開年月日 1955年7月22日
上映時間 81分
製作会社 パラマウント映画
配給 パラマウント映画会社
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
音量 モノラル

「宇宙征服」のみんなのレビュー

「宇宙征服」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 3/1

ダニエル・フォン・バーゲン(2015)

ユニバーサル・ソルジャー ザ・リターン

死んだ兵士を戦闘マシーンとして蘇生させるプロジェクト“ユニバーサル・ソルジャー”で甦った男の戦いを描くSFアクション。1992年に公開された「ユニバーサル・ソルジャー」の続編。監督はミック・ロジャース。主演は前作に引き続きジャン=クロード・ヴァン・ダム。

ポストマン(1997)

荒廃した近未来のアメリカを舞台に、人々に希望をもたらす郵便配達人(ポストマン)の姿を描いたアクション・ロマン大作。監督・主演は「ウォーターワールド」「ティン・カップ」のケヴィン・コスナーで、「ダンス・ウィズ・ウルブズ」に次ぐ7年ぶりの監督第2作。脚本はデイヴィッド・ブリンの同名小説(邦訳・ハヤカワ文庫)を基に、エリック・ロスと「ライアー」のブライアン・ヘルゲランドの共同。製作はコスナーと彼のパートナーのジム・ウィルソン、「ロング・キス・グッドナイト」のスティーヴ・ティッシュ。撮影は「モアイの謎」のスティーヴ・ウィンダン。音楽は「ファーザーズ・デイ」のジェームズ・ニュートン・ハワード。美術は「ワイアット・アープ」のアイダ・ランダム。編集は「ウォーターワールド」のピーター・ボイル。共演は「追いつめられて」でコスナーと共演した「コピーキャット」のウィル・パットン、英国の舞台女優で本作がデビューとなるオリヴィア・ウィリアムス、「ラブ・ジョーンズ」のラレンツ・テイト、「スネーク・アイズ」「パンサー」のジェームズ・ルッソのほか、ロック・ミュージシャンのトム・ペティが特別出演。