おかざき恋愛四鏡

おかざいれんあいしきょう
上映日
2020年2月28日

製作国
日本

ジャンル
ラブロマンス ドラマ

ここが見どころ

若手監督4名がオール岡崎ロケで紡ぐオムニバス・ラブトーリー。不器用男子が一目惚れの相手をマルチから救おうと奮闘する「セイブ・ザ・ガール」、女好きのイケメンに三年前から片想いしていると勝手に噂されている女性を描く「うわさのわれわれ」など4篇。出演は、「兄に愛されすぎて困ってます」の越智ゆらの、ドラマ『弱虫ペダル』の小越勇輝、ドラマ『相棒』の神保悟志。ブリッジドラマには、SKE48の熊崎晴香と松本慈子が出演。

「おかざき恋愛四鏡」のストーリー

「セイブ・ザ・ガール」モテない不器用男子の優也(櫻井保幸)は、定職にもつかず、派遣バイトでその日暮らしの生活をしている。ある日、派遣先の倉庫で出会った美玲(吉岡志峰)に一目惚れをすると、美玲からデートに誘われる。だが、連れて行かれたのはとある雑居ビルで、そこはマルチ商法のセミナー会場だった。幼馴染の晴香(佐野あやか)や大輔(照井健仁)に助けてもらいながら、彼女をマルチから救おうとするが、待ち受ける現実の壁にぶつかる……。「うわさのわれわれ」大林幹也(小越勇輝)は顔が良くて女好きで、近いうちに結婚し、幸せに引っ越すと噂されていた。一方、田代朋代(越智ゆらの)は幹也に三年前から片想いしていると噂され、和泉佳江(石田優奈)と小坂杏奈(土許麻衣)は朋代の恋を応援している。ところが朋代が友人の南久島真紀子(茜結)に語るには、好きとは言っていないし、黙っていたら設定がどんどん盛られていったらしい。しかし、真紀子は知っていた……。「タイフーン・ガール」楽しいことが好きで、嫌いなものは嫌いとはっきりしている繭子(土許麻衣)は、恋愛至上主義の世の中に不満を持っていた……。「はちみつイズム」喫茶店でバイトをしながら漫画家デビューを目指す雛子(越智ゆらの)は、少女漫画を描くために、少女漫画みたいな恋をしたいと奮闘していた。しかし、現れたのはバイト先のおじさん店長(神保悟志)でがっかりと思いきや、振り返るとそこにはイケメン王子様が……。

「おかざき恋愛四鏡」の写真

「おかざき恋愛四鏡」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「おかざき恋愛四鏡」のスペック

基本情報
ジャンル ラブロマンス ドラマ
製作国 日本
製作年 2019
公開年月日 2020年2月28日
配給 sommelierTV
公式サイト https://www.okazaki-renai4kyo.com/location.html
コピーライト (C)おかざき恋愛四鏡

「おかざき恋愛四鏡」のみんなのレビュー

「おかざき恋愛四鏡」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 3/8

渡部豪太(1986)

コスメティックウォーズ

化粧品業界の裏側に切り込んだヒューマンドラマ。老舗化粧品会社のロングセラー商品の機密情報を盗み出すため、産業スパイとして潜入した三沢茜。だが化粧品を作る社員たちと触れ合っていくなか、その熱い想いに触れ、茜は次第に自分の行為に疑問を感じ始める。出演は「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」の大政絢、「夏休みの地図」の奥菜恵、「海南1890」の渡部豪太、「東京PRウーマン」の井上正大、「校庭に東風(こち)吹いて」の柊子、「GONIN サーガ」の松本若菜、「The Room」の尚玄、「天空の蜂」の森岡豊、「映画 深夜食堂」の高岡早紀。監督は「東京PRウーマン」の鈴木浩介。音楽を「十三人の刺客」「貞子vs伽椰子」の遠藤浩二が担当する。

海難1890

1890年に和歌山県で起きたオスマン帝国の親善訪日使節団を乗せた軍艦エルトゥールル号の海難事故、そして1985年イラン・イラク戦争時にテヘランに残された日本人の救出にトルコが尽力した史実に基づき、日本・トルコ両国の絆や危険を押してでも助けようとする人々を描いた人間ドラマ。エルトゥールル号編とテヘラン救出編の二部で構成される。監督は「利休にたずねよ」が第37回モントリオール世界映画祭最優秀藝術貢献賞に輝いた田中光敏。海難事故に遭遇した医師を「臨場・劇場版」の内野聖陽が演じ、「マイ・バック・ページ」の忽那汐里やトルコ人俳優ケナン・エジェが二役で出演。外務省の後援や、トルコ政府全面協力を受け制作された。
鮎川いずみ(1951)

必殺!III 裏か表か

闇の金融集団と闘う仕事人たちの姿を描く“必殺!”シリーズ第三弾。脚本は「必殺!」の野上龍雄、保利吉紀、中村勝行の共同執筆。監督は「逃がれの街」の工藤栄一。撮影は「必殺! ブラウン館の怪物たち」の石原興がそれぞれ担当。

必殺! ブラウン館の怪物たち

徳川家康が建てたという黒谷屋敷の謎をかぎつけた倒幕派と外国人グループと戦う仕事人たちを描く。昨年公開された「必殺!」の第二弾。脚本は「哀しい気分でジョーク」の吉田剛、監督は「港町紳士録」の広瀬襄、撮影は「必殺!」の石原興がそれぞれ担当。

NEW今日命日の映画人 3/8

該当する人物がいません