劇場版 鬼滅の刃 無限列車編

げきじょうばんきめつのやいばむげんれっしゃへん
上映日
2020年10月16日

製作国
日本

上映時間
117分

ジャンル
ホラー アクション 冒険
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

吾峠呼世晴のダークファンタジー漫画『鬼滅の刃』を原作に2019年に放映されたTVアニメの続編。短期間のうちに40名以上の行方不明者が出た無限列車の捜索に向かった炭治郎たちは、鬼殺隊最強の剣士の一人・煉獄杏寿郎と合流し、無限列車の中で鬼と立ち向かう。TVシリーズ『竈門炭治郎 立志編』から引き続き、『テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス』の外崎春雄らスタッフ陣が集結。家族を殺した鬼を討ち妹を人間に戻すため鬼狩りの道に進んだ竈門炭治郎の声を担当する『Fate』シリーズの花江夏樹ほか声優陣も続投。鬼の魘夢(下弦の壱)の声を「Free!」シリーズの平川大輔が務める。

みんなのレビュー

  • EIGA FAN

    2020年12月1日に投稿
    91
    • 手に汗握る
    • 親子で楽しめそう

    ネタバレ

「劇場版 鬼滅の刃 無限列車編」のストーリー

鬼殺隊剣士の竈門炭治郎(声:花江夏樹)たちは、蝶屋敷での修業を終え、次の任務の地・無限列車に向かう。無限列車では短期間のうちに40名以上の行方不明者が出ており、先に送りこまれた仲間の剣士も全員消息を絶ったという。鬼となった妹の禰豆子(声:鬼頭明里)を連れた炭治郎と善逸(声:下野紘)、伊之助(声:松岡禎丞)の一行は、鬼殺隊最強の剣士・柱の一人である炎柱の煉獄杏寿郎(声:日野聡)と合流し、闇を往く無限列車の中で鬼と立ち向かう。

「劇場版 鬼滅の刃 無限列車編」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「劇場版 鬼滅の刃 無限列車編」のスペック

基本情報
ジャンル ホラー アクション 冒険
製作国 日本
製作年 2020
公開年月日 2020年10月16日
上映時間 117分
製作会社 (アニメーション制作:ufotable)
配給 東宝=アニプレックス
レイティング PG-12
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
公式サイト https://kimetsu.com/anime/
コピーライト (C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

「劇場版 鬼滅の刃 無限列車編」のみんなのレビュー

  • EIGA FAN

    2020年12月1日に投稿
    91
    • 手に汗握る
    • 親子で楽しめそう

    ネタバレ


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/15

カロリン・ダヴァーナス(1978)

エスケイプ

エイドリアン・ブロディが製作総指揮、主演を務めたシチュエーションスリラー。大破した車の中で目覚めた男。脚を挟まれて身動きが取れず、記憶も一切失くしてしまった彼が、かすかな手掛かりを頼りに自分の正体と事件の真相を解き明かしていく。【スタッフ&キャスト】製作総指揮:クレイ・エプスタイン 製作:カイル・マン 監督:マイケル・グリーンスパン 脚本:クリストファー・ドッド 製作総指揮・出演:エイドリアン・ブロディ 出演:カロリン・ダヴァーナス/ライアン・ロビンズ/エイドリアン・ホルムス

A TIME OF WAR

近代戦でもっとも過酷な戦場のひとつ“パッシェンデールの戦い”を描いた戦争アクション。フランスで傷を負いカルガリーへ戻って来たマイケル軍曹は、陸軍看護師・サラの弟が喘息持ちであることを隠して兵隊に志願したことを知り、再び戦場へ戻るが…。【スタッフ&キャスト】監督・脚本・出演:ポール・グロス 製作:フランシス・ダンバーガー 撮影:グレゴリー・ミドルトン 音楽:ヤン・A・P・カチュマレク 出演:カロリン・ダヴァーナス/ギル・ベローズ/ジョー・ディニコル/アダム・ハリントン
ニコラス・ハモンド(1950)

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド エクステンデッド・カット

レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットの初共演作となるクエンティン・タランティーノ監督の「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」に新しい4つのシーンを加えた10分拡大版。11月15日から2週間限定、全国4館で日本公開。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットが初共演を果たしたクエンティン・タランティーノ監督作。1969年に実際に起きた、カルト教祖チャールズ・マンソンとその信奉者たちによる女優シャロン・テート殺害事件を題材に、ハリウッド黄金時代の光と闇に迫る。シャロン・テートを「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」のマーゴット・ロビーが演じるほか、「Dear ダニー 君へのうた」のアル・パチーノ、「500ページの夢の束」のダコタ・ファニングが出演。

NEW今日命日の映画人 5/15

該当する人物がいません