461個のおべんとう

よんひゃくろくじゅういっこのおべんとう
上映日
2020年11月6日

製作国
日本

上映時間
119分

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

TOKYO No.1 SOUL SETの渡辺俊美によるエッセイ『461個の弁当は、親父と息子の男の約束。』を原作に「キセキ あの日のソビト」の兼重淳監督が映画化。長年連れ添った妻と離別したミュージシャンの鈴本一樹は、高校生の息子のために毎日弁当を作ることになるが……。出演は、V6の井ノ原快彦、関西ジャニーズJr.内ユニット『なにわ男子』に所属する道枝駿佑、「ラストレター」の森七菜、「覚悟はいいかそこの女子。」の若林時英。

映画専門家レビュー

  • フリーライター

    須永貴子

    お弁当も、父親と息子の3年間のストーリーも、丁寧仕立て。特筆すべきは、井ノ原快彦が演じる父親=原作者の渡辺俊美が所属するバンドのキャスティングと演奏シーン。トリオ編成や担当楽器、なんとなくのキャラクター設定はそのままに、バンド名と人名を変更し、この映画のために渡辺が書き下ろした3曲を、井ノ原、KREVA、やついいちろうがフルで披露した。この手法は画期的な発明であり、音楽映画として高く評価したい。エンドロールの映像はアイドル映画として大正解。

  • 脚本家、プロデューサー

    山田耕大

    パパが息子に弁当のことを「お弁当」と言う。それがこの映画を象徴している。パパが作るお弁当はプロ顔負けの、まるでデパ地下の売り物。品行方正な人たちが当然のように品行方正なことをする。こんな人たちを見たことはないから、神様かフィギュアかどちらかなのかも。その人たちがまるで実感のこもっていない、「あれ?」と首を傾げるような的外れなことを言う。どこかで借りてきたレッテルを貼っているよう。フェイスブックやインスタグラムでの自慢を延々見せられた気持ちがした。

  • 映画評論家

    吉田広明

    息子が父に向って質問し、父が返す答えに息子が不審げな顔つきをすると「もっとちゃんと説明した方がいい?」と問い返し、息子が「分かった」と答える場面が二度ほどあるが、映画全体がこんな調子、何となくで進んでゆく。父が弁当を作り続ける意味、それを通して父と子の関係がどう変わったのか、父がフクシマ出身は物語にどう関わるのか、また母親との関係が父と息子の関係にどう影響するのか、全部結局曖昧で、何となく分かるでしょ、と観客に丸投げしている印象だ。隔靴掻痒な映画。

「461個のおべんとう」のストーリー

長年連れ添っていた妻と別れることになったミュージシャンの鈴本一樹(井ノ原快彦)。父を選んでくれた15歳の息子・虹輝(道枝駿佑)が多感な時期を迎えていただけに、一樹は虹輝に対する罪悪感に苛まれていた。そんな折、虹輝が高校受験に失敗。これまで自由に生きてきた一樹は、学校だけがすべてではない。自由に好きなように育ってくれたらそれでいいと思っていたが、虹輝は高校へ行くことを望んでいた……。そして翌年の春、虹輝は見事高校に合格。そこで一樹は「昼食はお金渡して自分で買うのと、父さんが作る弁当のどちらがいいか」と虹輝に問いかけると、弁当がいいと答える。この瞬間、父は“3年間、毎日、弁当を作る”、息子は“3年間、休まず学校へ行く”という約束が生まれたのだった。ライブの翌日も、二日酔いの朝も、早出の朝も、一樹の怒涛の弁当作りが始まる。一方、学校で孤立していた虹輝は、父の作った弁当をきっかけに、同級生・仁科ひろみ(森七菜)、田辺章雄(若林時英)と仲を深めていく……。

「461個のおべんとう」の映像

「461個のおべんとう」の写真

「461個のおべんとう」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「461個のおべんとう」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 2020
公開年月日 2020年11月6日
上映時間 119分
製作会社 「461個のおべんとう」製作委員会(ハピネット=東映=テレビ東京=ジェイ・ストーム=ジョーカーフィルムズ=テレビ大阪=博報堂DYミュージック&ピクチャーズ=日本出版販売=マガジンハウス)(製作幹事:ハピネット/企画・製作プロダクション:ジョーカーフィルムズ/企画協力:マガジンハウス)
配給 東映
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
公式サイト https://461obento.jp/
コピーライト (C) 2020「461 個のおべんとう」製作委員会

「461個のおべんとう」のみんなのレビュー

「461個のおべんとう」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 2/28

アンジェラベイビー(1989)

封神伝奇 バトル・オブ・ゴッド

中国古典小説『封神演義』を「イップ・マン」シリーズ監督のウィルソン・イップ製作で映画化。殷の紂王は九尾の狐が化けた美女・妲己に魅了され、操られるままに暴政を行う。仙界最強の道士にして周の軍師・姜子牙は楊戩〈ようぜん〉らを遣わし、乱世を阻止しようとする。出演は、「エクスペンダブルズ」シリーズのジェット・リー、「X-MEN:フューチャー&パスト」のファン・ビンビン、「孫文の義士団」のレオン・カーファイ、「ラスト・シャンハイ」のホァン・シャオミン、「ホワイト・バレット」のルイス・クー。監督は、「ブラック・マスク 黒侠」脚本のコアン・ホイ。アジアンムービーセレクション2017で上映。

ロスト・レジェンド 失われた棺の謎

中国の人気ウェブ小説『鬼吹灯』を映画化したミステリー・アドベンチャー。20年前、愛した女性を失った伝説の盗掘師バーイーとカイシェンは、鉱業会社の古墓発掘プロジェクトで侵入した地下宮殿で次々と魔物に襲われる。さらに宮殿崩落の危機も迫っていた。監督は、「妖魔伝 レザレクション」のウー・アールシャン。出演は、「黒衣の刺客」のスー・チー、「魔界戦記 雪の精と闇のクリスタル」のチェン・クン、「西遊記 はじまりのはじまり」のホァン・ボー、「インデペンデンス・デイ リサージェンス」のアンジェラベイビー。「2017 冬の香港・中国エンターテイメント映画まつり」として上映。

NEW今日命日の映画人 2/28

該当する人物がいません