ブラック・ウィドウ(2020)

ぶらっくうぃどう BLACK WIDOW
上映日
2021年4月29日

製作国
アメリカ

ジャンル
SF アクション ドラマ

ここが見どころ

「アベンジャーズ」シリーズはじめマーベル・シネマティック・ユニバース作品に登場するブラック・ウィドウを主人公にしたSFアクション。“レッドルーム”に“妹”を残しヒーローになり後悔するブラック・ウィドウは、 “家族”との再会により過去と向き合う。「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」直後を舞台に、元ロシアのスパイであるブラック・ウィドウ(ナターシャ・ロマノフ)の過去と秘密に触れる。監督は「ベルリン・シンドローム」のケイト・ショートランド。ブラック・ウィドウを引き続きスカーレット・ヨハンソンが演じる。

「ブラック・ウィドウ(2020)」のストーリー

S.H.I.E.L.D.のエージェントやアベンジャーズの一員として戦うブラック・ウィドウ(スカーレット・ヨハンソン)は、かつてはロシアのスパイであり暗殺者であった。アベンジャーズに加わってなお、暗い過去からは逃げ切れず葛藤していたブラック・ウィドウ。 “妹”エレーナ(フローレンス・ピュー)との話から、かつて彼女達自身も厳しい訓練を受けたスパイ養成施設“レッドルーム”がいまだ多くの女性達を鍛え、洗脳状態に置いていることを知る。ブラック・ウィドウは妹をそこに残したままヒーローになった自分を後悔していたが、“母”メリーナ(レイチェル・ワイズ)、 “父”アレクセイ(デヴィッド・ハーバー)ら“家族”との再会によってついにその過去と正面から向き合う。そして“レッドルーム”が生み出した女性暗殺者集団“ウィドウズ”と、その支配者でありどんな能力でも一瞬にしてコピーする最強の敵タスクマスターが、“家族”を執拗に襲撃。黒いマスクとスーツを身にまとい性別も正体も謎に包まれたタスクマスターは、キャプテン・アメリカの盾を操る能力、ホークアイの百発百中の弓の技、ブラックパンサーの爪を使った戦闘スキルをコピーし、ブラック・ウィドウに容赦なく襲いかかる。

「ブラック・ウィドウ(2020)」の映像

「ブラック・ウィドウ(2020)」の写真

「ブラック・ウィドウ(2020)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ブラック・ウィドウ(2020)」のスペック

基本情報
ジャンル SF アクション ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 2020
公開年月日 2021年4月29日
製作会社 Marvel Studios
配給 ディズニー
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
公式サイト https://marvel.disney.co.jp/movie/blackwidow.html
コピーライト (C)2019 MARVEL

「ブラック・ウィドウ(2020)」のみんなのレビュー

「ブラック・ウィドウ(2020)」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/3

ダリル・ハンナ(1960)

ブレードランナー ファイナル・カット

近未来のロサンゼルスを舞台に殺人を犯し逃亡するレプリカントとそれを追う捜査官を描いたSF大作「ブレードランナー」の製作25周年を記念し、リドリー・スコット監督が自身の手で2度目の再編集を行った作品。出演は「スター・ウォーズ」「ファイヤー・ウォール」のハリソン・フォード、「ナイト・ホークス」「バットマン ビギンス」のルドガー・ハウアー、「アパッチ」のショーン・ヤングほか。

娼婦たち

世界最古の職業、「娼婦」の実態を、彼女たちへのインタビューやプライベート映像、ドラマなどで構成した作品。スペインでベストセラーとなったイザベル・ピサノの小説『YO PUTA』をベースに、女性監督ルナが映像化した。出演はダリル・ハンナ、デニース・リチャーズ。
ジュリアン・ムーア(1960)

ベル・カント とらわれのアリア

在ペルー日本大使公邸占拠事件から着想を得たアン・パチェットの小説を、「アバウト・ア・ボーイ」のポール・ワイツ監督が映画化。オペラ歌手のコンサートを催す南米某国副大統領邸をテロリストが占拠。やがてテロリストと人質との間に思わぬ交流が生まれる。高名故に人質として捕らわれる世界的オペラ歌手ロクサーヌ・コスを「アリスのままで」でアカデミー賞主演女優賞を獲得したジュリアン・ムーアが、実業家のホソカワを「GODZILLA ゴジラ」シリーズの渡辺謙が、通訳のゲンを「自由が丘で」の加瀬亮が演じる。また、グラミー賞を受賞したオペラ界のスター歌手ルネ・フレミングが歌の吹替を担当している。

サバービコン 仮面を被った街

ジョージ・クルーニーが監督を務め、コーエン兄弟の脚本を映画化。新興住宅街サバービコン。ロッジ家に強盗が侵入したことを機に、幼い息子ニッキーの運命は思わぬ方向へと突き進む。一方、新たな住人となった黒人家族の存在が、街の暗い一面を焙り出す……。出演は「ダウンサイズ」のマット・デイモン、「キングスマン:ゴールデン・サークル」のジュリアン・ムーア、「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」のオスカー・アイザック。

NEW今日命日の映画人 12/3

該当する人物がいません