ママをやめてもいいですか!?

ままをやめてもいいですか
上映日
2020年2月29日

製作国
日本

上映時間
92分

ここが見どころ

累計90万人以上を動員した「うまれる」「ずっと、いっしょ。」の豪田トモがママの子育てにスポットを当てたドキュメンタリー。2度の産後うつを経験し、3人目を妊娠中のママ、母親が自殺した過去を持つママ、母親から愛された記憶のないママの日常を追う。ナレーションは、「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」の大泉洋。

「ママをやめてもいいですか!?」のストーリー

今まで2度の産後うつを経験し、3人目を妊娠中のノリコさんは喜びの一方で、「またあのつらい日々がやってくるのではないか……」と少しずつ不安が大きくなる。かわいいけれど元気いっぱいに動き回る子どもたちを相手にしながら、家事に追われる毎日に限界を感じたノリコさんは、「もう少し自分の時間を削って家事や育児に協力してほしい」とパパに切り出すが……。3歳のころ、母親が心身を病んで自殺してしまった過去を持つヒロミさんは、母親がいなくなった喪失感を抱えたまま子育てはできるのか、どうやって自身の過去と現在の子育てと向き合っていくのか、ずっと母親の愛情を探し求め、心さまよう日々を送ってきた。自身が母となった今でも、「いつか自分もうつになってしまうのではないか」という不安は消えない。でも、忙しいなか、子どもと一緒にケーキを焼いたり、お弁当を作ったり、洋服をミシンで縫うなど、自分が母親にやってほしかったことや、娘の屈託のない笑顔に、自分自身の傷を癒していっているのかも知れない……。トシエさんは、高校生のときに母親の蒸発を経験して以来、人を信用し、頼ることができなくなってしまった。29歳で結婚し、フルタイムで仕事をしながらの子育ては思い通りにならず、うつ状態を経験し、「ママをやめたい……」と何度も思うようになる。子どもを無条件に受け入れたり、抱きしめることができない彼女は思い悩んだ結果、自身の親子関係に原因があるのではないかと気づく。思い起こすと、母親から抱きしめられたり、優しい言葉をかけられた記憶がなかったのだ。わが子にちゃんと愛情を伝えないと、自分がそうであったように、子どもは自分が愛されていないのかもしれないと思い、より心を閉ざし、幸せな人生が歩めなくなってしまう。彼女はもう一度勇気を振り絞って子どもと向き合い、抱きしめることを決意する……。

「ママをやめてもいいですか!?」の写真

「ママをやめてもいいですか!?」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ママをやめてもいいですか!?」のスペック

基本情報
製作国 日本
製作年 2020
公開年月日 2020年2月29日
上映時間 92分
製作会社 インディゴ・フィルムズ
配給 インディゴ・フィルムズ
レイティング 一般映画
公式サイト http://www.umareru.jp/mamayame/
コピーライト (C)2020 IndigoFilms

「ママをやめてもいいですか!?」のみんなのレビュー

「ママをやめてもいいですか!?」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 2/28

アンジェラベイビー(1989)

封神伝奇 バトル・オブ・ゴッド

中国古典小説『封神演義』を「イップ・マン」シリーズ監督のウィルソン・イップ製作で映画化。殷の紂王は九尾の狐が化けた美女・妲己に魅了され、操られるままに暴政を行う。仙界最強の道士にして周の軍師・姜子牙は楊戩〈ようぜん〉らを遣わし、乱世を阻止しようとする。出演は、「エクスペンダブルズ」シリーズのジェット・リー、「X-MEN:フューチャー&パスト」のファン・ビンビン、「孫文の義士団」のレオン・カーファイ、「ラスト・シャンハイ」のホァン・シャオミン、「ホワイト・バレット」のルイス・クー。監督は、「ブラック・マスク 黒侠」脚本のコアン・ホイ。アジアンムービーセレクション2017で上映。

ロスト・レジェンド 失われた棺の謎

中国の人気ウェブ小説『鬼吹灯』を映画化したミステリー・アドベンチャー。20年前、愛した女性を失った伝説の盗掘師バーイーとカイシェンは、鉱業会社の古墓発掘プロジェクトで侵入した地下宮殿で次々と魔物に襲われる。さらに宮殿崩落の危機も迫っていた。監督は、「妖魔伝 レザレクション」のウー・アールシャン。出演は、「黒衣の刺客」のスー・チー、「魔界戦記 雪の精と闇のクリスタル」のチェン・クン、「西遊記 はじまりのはじまり」のホァン・ボー、「インデペンデンス・デイ リサージェンス」のアンジェラベイビー。「2017 冬の香港・中国エンターテイメント映画まつり」として上映。

NEW今日命日の映画人 2/28

該当する人物がいません


「ママをやめてもいいですか!?」を観ているあなたにおすすめの映画