帰郷(2019)

ききょう
上映日
2020年1月17日

製作国
日本

上映時間
119分

ジャンル
時代劇 ドラマ

ここが見どころ

藤沢周平による同名短篇小説を仲代達矢主演で映像化。若かりし頃、訳あって木曾福島を出奔した宇之吉は、流浪の旅を続け、病に倒れた旅の空で見た風景に故郷への思いを馳せる。老い先を悟った宇之吉は、寄る辺なき帰郷を果たすが、そこに守るべき存在を見出す。共演は「だれかの木琴」の常盤貴子、「羊の木」の北村一輝、「散り椿」の緒形直人。監督は「最後の忠臣蔵」の杉田直道。第32回(2019)東京国際映画祭特別上映作品。

「帰郷(2019)」のストーリー

信州・木曾福島に向かって、ひとり歩く無宿渡世姿の旅人・宇之吉(仲代達矢)。かつては木曾福島を縄張りとする博奕打ちだったが、親分の罪を被り江戸に身を寄せていた。だが世話になった相州屋清五郎の妻・おとし(田中美里)と道ならぬ仲になり、清五郎を殺し、おとしと江戸を出奔。以来30年余りの歳月が流れた……。そんなある日、病に倒れた先で見た風景が心を抉り、老い先を思い故郷に歩みを進める宇之吉。やがて故郷に辿り着いた宇之吉が、町を歩いていると斬り合いに遭遇する。野獣のように、隙がなく獰猛な動きを示している男がひとり、十人を超える男たちを相手にしていた。その男、源太(緒形直人)を追い詰める男たちは、宇之吉のかつての兄貴分である九蔵(中村敦夫)の手下たちだった。川に飛び込み難を逃れる源太の姿に、宇之吉はかつての自分の姿を重ねる……。ある日、宇之吉は渡世人仲間の栄次(佐藤二朗)と行った飲み屋で、おくみ(常盤貴子)という女と出会う。栄次から、おくみと源太は好いた仲だが、かねてからおくみに目を付けていた九蔵が、二人の仲を引き裂こうと執拗に嫌がらせを重ね、ついに源太が九蔵に斬りつけ、追われる身となってしまったと知らされる。そして神社で行われる山博奕の日、宇之吉は幼なじみの佐一(橋爪功)と再会、衝撃の事実を耳にする……。

「帰郷(2019)」の映像

「帰郷(2019)」の写真

「帰郷(2019)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「帰郷(2019)」のスペック

基本情報
ジャンル 時代劇 ドラマ
製作国 日本
製作年 2019
公開年月日 2020年1月17日
上映時間 119分
配給 時代劇専門チャンネル
公式サイト https://www.jidaigeki.com/kikyo/
コピーライト (C)「帰郷」時代劇パートナーズ

「帰郷(2019)」のみんなのレビュー

「帰郷(2019)」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 11/27

ジャリール・ホワイト(1976)

キャメロット(1998)

英国で語り継がれてきた『アーサー王伝説』を、ひとりの少女を主人公に再現したドラマティック・アニメーション。ベラ・チャップマン著『The King's Damosel』をもとに、ワーナー・ブラザース・フィーチャー・アニメーションが製作する初の劇場用長編アニメ映画。原案はTVでも活躍するデイヴィッド・サイドラーとジャクリーン・フェザー。製作は「顔のない天使」のダリサ・クーパー・コーエン。音楽は「ハムレット」のパトリック・ドイルで、過去にグラミー賞を14回獲得しているデイヴィッド・フォスターが楽曲を提供。声の出演は「ジャックナイフ」のジェサリン・ギルシグ、「ツイスター」のケーリー・エルウェス、「フィフス・エレメント」のゲイリー・オールドマン、「トゥモロー・ネバー・ダイ」のピアース・ブロスナンほか。また、ケーリーの歌唱部分は「ザ・コミットメンツ」「エビータ」に出演したアンドレア・コーが、ギャレットの歌唱部分は数多くのプラチナ・ディスクを持つカントリー・ミュージックの大スター、ブライアン・ホワイトが担当した。
キャスリン・ビグロー(1951)

デトロイト

「ゼロ・ダーク・サーティ」のキャスリン・ビグローが、1967年暴動発生時のデトロイトで実際に起きた事件を映画化。暴動発生から2日目の夜、銃声の通報があったモーテルに警察が乗り込む。何人かの警官が捜査手順を無視し、宿泊客に不当な尋問を始める。出演は、「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」のジョン・ボイエガ、「レヴェナント 蘇えりし者」のウィル・ポールター、「トランスフォーマー ロストエイジ」のジャック・レイナー、「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」のアンソニー・マッキー。

カルテル・ランド

「ハート・ロッカー」の監督キャスリン・ビグローが製作総指揮を執ったドキュメンタリー。麻薬カルテルが蔓延るメキシコで、一人の外科医が市民による自警団を結成する。彼らはギャングたちを追い詰めていくが、やがて組織は思わぬ方向へ暴走する。2015年サンダンス映画祭ドキュメンタリー部門最優秀撮影賞・最優秀監督賞W受賞。第88回アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞ノミネート。

NEW今日命日の映画人 11/27

該当する人物がいません