ツングースカ・バタフライ-サキとマリの物語

つんぐーすかばたふらいさきとまりのものがたり
上映日
2019年12月14日

製作国
日本

上映時間
91分

ジャンル
アクション ドラマ
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

「KARATE KILL/カラテ・キル」の亜紗美の引退作となるアクション映画。過去の過ちのために仕事を失ったサキは、コンビニで万引きした少女マリを助ける。心と体に傷を持つ二人の間に友情が芽生えるが、マリの母が嵌められ、マリにも魔の手が迫る。監督は、「シークレットワルツ」の野火明。第20回ハンブルク日本映画祭オープニング作品。

「ツングースカ・バタフライ-サキとマリの物語」のストーリー

サキ(亜紗美)は働いている工場で過去の過ちがばらされ、自主解雇の目に遭う。それは悲しい出来事であったが、慣れた日常でもあった。ある日、サキはコンビニで万引きした少女・マリ(丁田凛美)を助ける。マリはシングルマザーの母に疎外されながらも愛情を求め、サキと同じように心と体に傷を負っていた。サキはマリの純粋さに触れ、二人の間に友情が芽生える。しかし、マリの母は特殊詐欺グループのボスに嵌められ、マリにも魔の手が襲い掛かろうとしていた。怒りに震えるサキは、自ら封印した過去を振り払い、反撃に出る……。

「ツングースカ・バタフライ-サキとマリの物語」の映像

「ツングースカ・バタフライ-サキとマリの物語」の写真

「ツングースカ・バタフライ-サキとマリの物語」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ツングースカ・バタフライ-サキとマリの物語」のスペック

基本情報
ジャンル アクション ドラマ
製作国 日本
製作年 2018
公開年月日 2019年12月14日
上映時間 91分
製作会社 マメゾウピクチャーズ
配給 マメゾウピクチャーズ
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
音量 5.1ch
公式サイト http://tunguska-b.com/
コピーライト (c)2019 MAMEZO PICTURES, INC

「ツングースカ・バタフライ-サキとマリの物語」のみんなのレビュー

「ツングースカ・バタフライ-サキとマリの物語」の多彩なBlu-ray/DVD


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 1/25

円谷英二(1970)

ゴジラ 60周年記念 デジタルリマスター版

日本怪獣特撮映画の金字塔“ゴジラ”。その第1作目の公開から60年をむかえ、初回上映状態を再現することを目標に7ヵ月かけて制作されたデジタルリマスター版。4Kスキャンされたデータを元に、ソフトウェアおよび手作業による1コマ1コマのごみ取り処理がなされた。また音声も違和感が生じないよう細心の注意が払われたノイズ除去が行われている。監督は本多猪四郎。特技監督は円谷英二。出演は宝田明、河内桃子、平田昭彦、志村喬ほか。

ネオ・ウルトラQ 特別上映 part.II

1966年に放送された伝説のテレビドラマ『ウルトラQ』。その後の「ウルトラマンシリーズ」の礎となった作品。2013年、円谷プロダクション×WOWOWの共同製作による“セカンドシーズン”として全12話のまったく新しいドラマシリーズ『ネオ・ウルトラQ』が最新鋭4Kカメラを導入し、石井岳龍、中井庸友、入江悠、田口清隆ら4人の気鋭のクリエイターたちにより制作された。WOWOWでの放映に続き、2013年より順次、劇場公開される。 TV放映された全12話の内3話に加え、モノクロ作品であったオリジナルの『ウルトラQ』をハリウッドのデジタル技術でHDリマスター&カラー化した『総天然色ウルトラQ』から、選んだ一話を加えた計4話構成で上映。