“樹木希林”を生きる

きききりんをいきる
上映日
2019年10月4日

製作国
日本

上映時間
107分

  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

2018年、75歳で亡くなった女優・樹木希林に1年間長期密着したNHKのドキュメンタリー番組に、多数の未公開映像を加えた劇場版。全身をがんに冒されながらも淡々と日々を過ごし、4本の映画撮影に参加。そこから、様々な樹木希林の姿が見えてくる。語り、撮影、監督を『いとの森の家』の木寺一孝が担当している。

みんなのレビュー

  • EIGA FAN

    2019年10月1日に投稿
    91
    • 重厚感のある
    • かっこいい
    • 考えさせられる

    ネタバレ

「“樹木希林”を生きる」のストーリー

2018年9月15日。女優・樹木希林が75歳で亡くなった。作品に奥行きを生むリアルで味わい深い演技、ユーモラスで心に突き刺さる言葉、そして軽やかな生き様……。今なお、私たちを魅了し続ける樹木希林とは何者なのか。大反響を巻き起こしたドキュメンタリー番組が、多数の未公開映像を加えて再編集、装いも新たに映画として生まれ変わった。全身をがんに冒されても悲観せず、かといって気負いもなく、淡々と女優として生きた。4本の映画撮影に密着した取材を通して映し出される様々な“樹木希林”の姿。仕事、家族との関係、大切にしていた日々の暮らし……。人生の晩年をどのように生き、畳もうとしたのか?“後は、自分で考えてよ”。樹木希林のそんな声が聞こえてくる。

「“樹木希林”を生きる」の映像

「“樹木希林”を生きる」の写真

「“樹木希林”を生きる」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「“樹木希林”を生きる」のスペック

基本情報
製作国 日本
製作年 2019
公開年月日 2019年10月4日
上映時間 107分
製作会社 (制作:NHK/制作協力:日活)
配給 日活
レイティング 一般映画
カラー/サイズ カラー
音量 5.1ch
公式サイト http://kiki-movie.jp/
コピーライト (C)NHK

「“樹木希林”を生きる」のみんなのレビュー

  • EIGA FAN

    2019年10月1日に投稿
    91
    • 重厚感のある
    • かっこいい
    • 考えさせられる

    ネタバレ




映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 1/25

円谷英二(1970)

ゴジラ 60周年記念 デジタルリマスター版

日本怪獣特撮映画の金字塔“ゴジラ”。その第1作目の公開から60年をむかえ、初回上映状態を再現することを目標に7ヵ月かけて制作されたデジタルリマスター版。4Kスキャンされたデータを元に、ソフトウェアおよび手作業による1コマ1コマのごみ取り処理がなされた。また音声も違和感が生じないよう細心の注意が払われたノイズ除去が行われている。監督は本多猪四郎。特技監督は円谷英二。出演は宝田明、河内桃子、平田昭彦、志村喬ほか。

ネオ・ウルトラQ 特別上映 part.II

1966年に放送された伝説のテレビドラマ『ウルトラQ』。その後の「ウルトラマンシリーズ」の礎となった作品。2013年、円谷プロダクション×WOWOWの共同製作による“セカンドシーズン”として全12話のまったく新しいドラマシリーズ『ネオ・ウルトラQ』が最新鋭4Kカメラを導入し、石井岳龍、中井庸友、入江悠、田口清隆ら4人の気鋭のクリエイターたちにより制作された。WOWOWでの放映に続き、2013年より順次、劇場公開される。 TV放映された全12話の内3話に加え、モノクロ作品であったオリジナルの『ウルトラQ』をハリウッドのデジタル技術でHDリマスター&カラー化した『総天然色ウルトラQ』から、選んだ一話を加えた計4話構成で上映。

「“樹木希林”を生きる」を観ているあなたにおすすめの映画