歌声は青空高く

うたごえはあおぞらたかく
上映日
1968年8月17日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

ピューリッツァ賞受賞作家マッキンレー・カンターの小説を、ルイス・ペリティアが脚色、「最高にしあわせ」のノーマン・トーカーが監督した。撮影は、クリフォード・スタイン、音楽は、ジョージ・ブランスが担当している。出演は「最高にしあわせ」のフレッド・マクマレイ、「われらキャロウェイ」のヴェラ・マイルズ、「許されざる者(1960)」のリリアン・ギッシュ、チャールズ・ラグルズ、カート・ラッセルなど。製作は、ウィンストン・ヒブラー。

「歌声は青空高く」のストーリー

オンボロバスでドサ回りを続けるジャズバンドのサキソホン奏者レム(フレッド・マクマレイ)は早いとこ堅実な仕事を見つけ、家庭を持ちたいと考えていたが、ヒッコリーという町で、ふとしたことからバスを降り、ジョンの経営する雑貨店の店員として、働くことになった。町では腕白少年たちの悪戯に悩まされ、対策が望まれていた。町の資産家ヘティが会長をしている町民クラブで、そのための相談会が催された時、レムは以前から、心を惹かれていたバイダ(ヴェラ・マイルズ)が、ボーイスカウトを提案しようとしているのを知って、自分から進んで、ボーイスカウトの指導者になることを申し出た。根が子供好きなレムに少年たちは心服し、町の人々も声援を送った。そんなある日、バイダが、恋人のラルフとドライブに行き、車が故障しているのを、レムが助けたことから、バイダの心は、急速にレムに傾いていった。ボーイスカウトに入った少年たちは、日に日にたくましく育っていったが、ホワティ少年だけは、仲間に入ろうとせず、レムは心をいためていた。ホワティは母がなくただ飲んだくれの父との2人きりの生活で、ひねくれてしまっていた。が、そのホワティもレムの力でボーイスカウトの一員となって活躍するようになった。レムはバイダと結ばれ、幸福な家庭を持った。だが、悲しいことに、バイダは子供ができない身体だった。レムはいっそうボーイスカウトに熱中した。そして父を失ったホワティを養子にむかえた。第2次大戦が勃発。レムに育てられた少年たちも成人し、出征していった。ホワティも軍医として戦線に向かった。レムは前にもまして少年たちの訓練に励んだ。戦争が終わり、ホワティは花嫁ノラを伴って帰還。ヘティの土地にボーイスカウトのキャンプが作られることになり、レムは大はりきりだったが、レムももう高齢。ホワティに絶対安静を命じられ、仕事は、町の人々によって進められた。そして完成の時が来た。バイダに、手をとられ、レムは、キャンプの入口のリボンにハサミを入れた。そして昔ながらの号令をかけ、行進の先頭にたった。

「歌声は青空高く」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「歌声は青空高く」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1966
公開年月日 1968年8月17日
製作会社 ウォルト・ディズニー・プロ
配給 ウォルト・ディズニー映画
レイティング
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ カラー/スタンダード

「歌声は青空高く」のみんなのレビュー

「歌声は青空高く」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/17

オリヴィア・ハッセー(1951)

マザー・テレサ

貧困と飢えに苦しむ人々のため、87年の生涯を捧げた伝説の修道女マザー・テレサの人生を映画化。テレサを演じるのは、「ロミオとジュリエット」で世界を魅了したオリヴィア・ハッセー。監督はイタリアでTVを中心に活躍するファブリツィオ・コスタ。

ナザレのイエス

2千年の歴史をもつキリスト教の原点であり到達点でもあるイエス・キリストに焦点を当て、キリストの波乱に富んだ生涯を描く。製作はサー・リュー・グレード、監督は「チャンプ」のフランコ・ゼフィレッリ、脚本はアンソニー・バージェス、スーゾ・チェッキ・ダミーコとフランコ・ゼフィレッリ、撮影はデイヴィッド・ワトキンとアルマンド・ナンヌッツィ、音楽はモーリス・ジャール、美術はジャンニ・クァランタ、衣裳はマルセル・エスコフィエとエンリコ・サバティーニが各々担当。出演はロバート・パウエル、オリヴィア・ハッセー、アン・バンクロフト、アーネスト・ボーグナイン、ジェームズ・ファレンティーノ、ジェームズ・アール・ジョーンズ、ステイシー・キーチ、ジェームズ・メイソン、イアン・マクシェーン、ローレンス・オリヴィエ、ドナルド・プレゼンス、アンソニー・クイン、フェルナンド・レイ、ロッド・スタイガー、ピーター・ユスティノフ、マイケル・ヨーク、シリル・キューサック、イアン・ホルム、ヨルゴ・ボヤジスなど。
ショーン・ビーン(1959)

ウルフウォーカー

過去三作がアカデミー賞候補になったカートゥーン・サルーンが、アイルランドの伝説を題材に作り上げたアニメーション。オオカミ退治のハンターを父に持つロビンは、人間とオオカミが一つの体に共存する“ウルフウォーカー”のメーヴと友だちになるが……。声の出演はNetflix「クリスマス・プリンス」のオナー・ニーフシー、「オデッセイ」のショーン・ビーン。監督は「ブレンダンとケルズの秘密」、「ソング・オブ・ザ・シー 海のうた」のトム・ムーアがロス・スチュワートと共同で務めた。

ドローン・オブ・クライム

「サイレントヒル」シリーズのショーン・ビーン主演のスリラー。特集企画『のむコレ』にて上映。