うたかたの恋(1969)

うたかたのこい
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

クロード・アネの「マイエルリンク」とミシェル・アーノルドの「親王」を「暗くなるまで待って」のテレンス・ヤングが脚色・監督した悲恋物語。この題材の日本公開は1963年と1956年(題名「晩鐘」)に続いて3度目である。撮影は「トリプルクロス」のアンリ・アルカン、音楽は「明日に賭ける」のフランシス・レイが担当している。出演は「ファニー・ガール」のオマー・シャリフ、「めざめ」のカトリーヌ・ドヌーヴ、「ジョージー・ガール」のジェームズ・メイスン、エバ・ガードナーなど。

「うたかたの恋(1969)」のストーリー

19世紀末。父のフランツ・ヨゼフ皇帝(ジェームズ・メイスン)の独裁政治に反対し、民主独立運動に加担していたオーストリアの皇太子ルドルフ(オマー・シャリフ)は、ある日、銀行家の娘マリア(カトリーヌ・ドヌーヴ)に出会った。それまで酒場女との束の間の情事に身を委ねていたルドルフは一目でこの純情な美しい娘マリアに惹かれていった。が、2人の仲も母エリザベス皇后(エヴァ・ガードナー)の帰国やエドワード公の訪問などで、スムーズにはいかなかった。ラリッシュ伯爵夫人の仲介で2人は逢瀬を重ねたが、2人の仲は皇帝の知るところとなりマリアはベネチアへ行かされてしまった。ルドルフは早速後を追い、2人は激しい愛に燃えた。そしてオーストリアに戻ったルドルフは皇室の舞踏会にマリアを連れ出し、公衆の前に2人の愛を明かした。そうしたことの成り行きに不安を抱いたエリザベスは2人を皇室の狩猟地のあるマイエルリンクに行かせた。狩猟を楽しみ、2人は愛の日々を過ごした。しかし、ここに思わぬ出来事が起こった。暴動の中で、抵抗派が皇帝の軍隊に鎮圧され、ルドルフのその中での立場も明るみに出てしまった。仕事も、そしてマリアとの恋も、行きづまりだった。ルドルフの心に、ある決意がなされた。マイエルリンクの夜明け辺りの木々をふるわし、2発の銃声が響いた。ルドルフとマリアは永遠の愛の証を、死をもって成し遂げたのであった。

「うたかたの恋(1969)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「うたかたの恋(1969)」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1969
製作会社 コロムビア映画
配給 コロムビア映画
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ

「うたかたの恋(1969)」のみんなのレビュー

「うたかたの恋(1969)」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/14

インディラ・ヴァルマ(1973)

ナショナル・シアター・ライブ2020「プレゼント・ラフター」

イギリスの国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターが厳選した傑作舞台を映像化するプロジェクト「ナショナル・シアター・ライヴ」の1作。スター俳優ギャリー・エッセンダインが海外ツアーに出かける準備をしていたところ、個性的な面々の訪問を受け、彼の生活はハチャメチャに……。現代の名声・欲望・孤独を投影した作品。主演は、ドラマ「SHERLOCK」のジム・モリアーティ役など映像分野でもおなじみのアンドリュー・スコット。

ナショナル・シアター・ライヴ 2016「人と超人」

イギリス国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターで上演された舞台をデジタルシネマ化した「ナショナル・シアター・ライヴ」シリーズの一作。レイフ・ファインズ扮する独身貴族ジャックが、現実からの逃避行を図るバーナード・ショーの戯曲を収録。共演は「エクソダス 神と王」のインディラ・ヴァルマ、「キャプテン・フィリップス」のコーリイ・ジョンソン。
ソフィア・コッポラ(1971)

オン・ザ・ロック

ソフィア・コッポラが監督・脚本を務めたコメディ。新しく来た同僚と残業を繰り返すようになった夫に疑いを抱いた若い母親ローラは、プレイボーイの自分の父親とともに夫を尾行することに。2人は夜のニューヨークを駆け巡りながら、その距離を近づけていく。出演は、「デッド・ドント・ダイ」のビル・マーレイ、「カムバック!」のラシダ・ジョーンズ、「デンジャラス・バディ」のマーロン・ウェイアンズ。

ようこそ映画音響の世界へ

ハリウッドの映画音響に焦点をあてたドキュメンタリー。その進化において大きな偉業を残した「市民ケーン」「鳥」「ゴッドファーザー」などの名作から映画音響の歴史を紹介。さらに、スペシャリストたちと共に“音”が映画にもたらす効果と重要性に迫っていく。出演は「地獄の黙示録」のウォルター・マーチ、「スター・ウォーズ」のベン・バート、「ジュラシック・パーク」のゲイリー・ライドストローム。

「うたかたの恋(1969)」を観ているあなたにおすすめの映画