今さら言えない小さな秘密

いまさらいえないちいさなひみつ
上映日
2019年9月14日

製作国
フランス

上映時間
90分

ジャンル
コメディ ファンタジー ドラマ
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

フランスの国民的作家ジャン=ジャック・サンペの小説を「シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢」のブノワ・ポールヴールド主演で映画化。プロヴァンスの村で一番の自転車修理工ラウルには、ある秘密があった。実は彼は、自転車に乗れなかったのだ。共演は「チキンとプラム ~あるバイオリン弾き、最後の夢~」のエドゥアール・ベール、「Mommy/マミー」のスザンヌ・クレマン。

映画専門家レビュー

  • 映画評論家

    畑中 佳樹

    自転車に乗れない、という秘密を抱えて生きた男の、本人的には重い十字架を背負った、ハタから見たら滑稽でしかない人生を、絵本のようなタッチで描き、よく出来た脚本を読了した感じがする。と思わせてしまうのがこの映画の残念なところで、つまり映画化(身体化)される前に頭の中で完成されすぎてしまっている。タチの「のんき大将」やトリュフォーの「あこがれ」に横溢していた、自転車に乗れる、という気持ち良さ、風を切った記憶がもっともっと欲しい。

  • 映画評論家

    石村 加奈

    本作の主人公ラウル・タビュランの深刻な秘密は、ラウル以外の人にはサンペが描くパステル調の淡さにしか見えない。作家・荻野アンナ氏は、サンペの魅力を「読んだ後は心がしんと静まって、ものの翳が深く見えます」と評したが、苦悩とはひとりで引き受けるものであるというほろ苦いリアルを、南仏ヴァントロルの桃源郷のような大自然を背景に、甘やかに描いた本作は、サンペの真髄を見事に捉えている。脚本は「アメリ」や(01)「天才スピヴェット」(13)などのギヨーム・ローラン。

  • 映画評論家

    佐々木 誠

    村の名物自転車修理屋は、実は自転車が乗れなかった、というマジで「小さな秘密」をどうやって物語として展開していくのかと思ったが、これがなかなか愉快だった。ちょっとしたコンプレックスが自意識によって己の中で肥大していく様は他者から見たら滑稽だ。その滑稽な葛藤をめぐるドタバタ悲喜劇を、三段階の回想を交えて丁寧に紡いでいる。原作の絵本が持つ温かみと実写で描くことで浮き彫りになる人生の非情さのバランスが絶妙で、自分の苦い記憶を思い出したりもした。

「今さら言えない小さな秘密」のストーリー

自転車にまつわる伝説が残るプロヴァンスの村。村いちばんの自転車修理工ラウルは、愛する妻子に囲まれ、順風満帆な日々を送っていた。だが彼には、子どもの頃から誰にも言えない秘密があった。それは、“本当は自転車に乗れない!”だった……。自転車を愛し、生業にする彼にとって、それは悲しく致命的なこと。時が経つほど、誰にも打ち明ける勇気が出なくなっていた。そんなある日、村人を撮影している写真家が、ラウルが自転車に乗って坂道を下る決定的な瞬間を撮影しようと言ってきた。なんとかそれを阻止すようとするラウルだったが……。

「今さら言えない小さな秘密」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「今さら言えない小さな秘密」のスペック

基本情報
ジャンル コメディ ファンタジー ドラマ
製作国 フランス
製作年 2018
公開年月日 2019年9月14日
上映時間 90分
配給 セテラ・インターナショナル
レイティング 一般映画
公式サイト http://www.cetera.co.jp/imasaraienai/
コピーライト (C)RAOUL TABURIN 2018 - PAN-EUROPEENNE - FRANCE 2 CINEMA - AUVERGNE-RHONE-ALPES CINEMA - BELLINI FILMS - LW PRODUCTION - VERSUS PRODUCTION - RTBF (TELEVISION BELGE) - VOO ET BE TV (C) PHOTOS KRIS DEWITTE

「今さら言えない小さな秘密」のみんなのレビュー

「今さら言えない小さな秘密」の多彩なBlu-ray/DVD


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/3

ダリル・ハンナ(1960)

ブレードランナー ファイナル・カット

近未来のロサンゼルスを舞台に殺人を犯し逃亡するレプリカントとそれを追う捜査官を描いたSF大作「ブレードランナー」の製作25周年を記念し、リドリー・スコット監督が自身の手で2度目の再編集を行った作品。出演は「スター・ウォーズ」「ファイヤー・ウォール」のハリソン・フォード、「ナイト・ホークス」「バットマン ビギンス」のルドガー・ハウアー、「アパッチ」のショーン・ヤングほか。

娼婦たち

世界最古の職業、「娼婦」の実態を、彼女たちへのインタビューやプライベート映像、ドラマなどで構成した作品。スペインでベストセラーとなったイザベル・ピサノの小説『YO PUTA』をベースに、女性監督ルナが映像化した。出演はダリル・ハンナ、デニース・リチャーズ。
ジュリアン・ムーア(1960)

ベル・カント とらわれのアリア

在ペルー日本大使公邸占拠事件から着想を得たアン・パチェットの小説を、「アバウト・ア・ボーイ」のポール・ワイツ監督が映画化。オペラ歌手のコンサートを催す南米某国副大統領邸をテロリストが占拠。やがてテロリストと人質との間に思わぬ交流が生まれる。高名故に人質として捕らわれる世界的オペラ歌手ロクサーヌ・コスを「アリスのままで」でアカデミー賞主演女優賞を獲得したジュリアン・ムーアが、実業家のホソカワを「GODZILLA ゴジラ」シリーズの渡辺謙が、通訳のゲンを「自由が丘で」の加瀬亮が演じる。また、グラミー賞を受賞したオペラ界のスター歌手ルネ・フレミングが歌の吹替を担当している。

サバービコン 仮面を被った街

ジョージ・クルーニーが監督を務め、コーエン兄弟の脚本を映画化。新興住宅街サバービコン。ロッジ家に強盗が侵入したことを機に、幼い息子ニッキーの運命は思わぬ方向へと突き進む。一方、新たな住人となった黒人家族の存在が、街の暗い一面を焙り出す……。出演は「ダウンサイズ」のマット・デイモン、「キングスマン:ゴールデン・サークル」のジュリアン・ムーア、「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」のオスカー・アイザック。

NEW今日命日の映画人 12/3

該当する人物がいません


「今さら言えない小さな秘密」を観ているあなたにおすすめの映画